photo

趣 旨「北の映像ミュージアム」とは

 「北の映像ミュージアム」は、北海道をロケ舞台とした映画やTVドラマ、ドキュメンタリーなどの映像と、それに係わる史料を中心に収蔵・展示する博物館です。
 もともと北海道は、東京都に次ぐ、全国有数の映画ロケ地です。日本映画史の中で、北海道ゆかりの名作は数え切れません。映画上映でも古い歴史を持ち、未発掘の映像資料も数多く死蔵されています。その貴重な知的財産が放置され、消滅していくのを私たちは、黙って見過ごすわけには行きません。そこで、映画評論で健筆を振るった故・竹岡和田男さんのコレクションを土台に推進協議会が生まれ、さまざまな活動を重ねて、開館の運びとなりました。
 映像は、北海道の歴史の証言者といえます。北海道の文化に貢献してきた映画というジャンルの集大成「北の映像ミュージアム」開館により、北海道の歴史と時代背景もまた見えてくるはずです。

沿 革

2000年9月4日
竹岡和田男氏、永眠。
2001年8月1日
「竹岡コレクション」設立期成会が発足
2001年9月3日
第1回キネマ&トークの夕べ「挽歌」上映、ゲストは原田康子氏ほか
2002年9月4日
第2回キネマの夕べ「氷点」上映
2003年6月8日
NPO法人「北の映像ミュージアム」推進協議会設立記念上映会、「大地の侍」(16ミリ版)上映
2003年9月23日
第3回キネマの夕べ「飢餓海峡」上映
2004年9月5日
キネマの集い「森と湖のまつり」上映
2005年6月18日
知床半島世界遺産決定記念上映会
2005年10月17日
「遥かなる山の呼び声」「男はつらいよ 知床旅情」上映
北海道シネマ・クラシック「魚影の群れ」上映
2006年11月25日
北海道シネマ・クラシック「家族」「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」上映
2007年7月21日
映画とフォーラムの集い「頑張れ!映画のまち夕張」「猟奇的な彼女」「冬の幽霊たち」上映
2008年11月7日
北海道シネマ・クラシック「ジャコ萬と鉄」上映
2009年1月30日
『北海道 シネマの風景』を北海道新聞社から刊行
2009年6月12日
北海道シネマ・クラシック「馬喰一代」上映
2009年10月30日
北海道シネマ・クラシック「死闘の伝説」上映
2010年6月25日~7月2日
北の映像ミュージアム10周年記念「シネマの風景フェスティバル」「赤いハンカチ」「ギターを持った渡り鳥」「白痴」「南極料理人」「Love Letter」「網走番外地」上映、ゲスト、品田雄吉氏、川本三郎氏、沖田修一氏、西村淳氏
2011年9月17日
「北の映像ミュージアム」さっぽろ芸術文化の館1階に開館
記念上映会「大地の侍」(35ミリ版)「喜びも悲しみも幾歳月」、ゲスト、川本三郎氏

▲ページトップへ戻る