「北のシネマ塾」4月終了&5月が最後になります

先週土曜日に行われた「北のシネマ塾」。

ソ連映画「鶴は翔んでゆく」をテーマに

高村賢治副館長が魅力を語りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トークの内容は後日ご紹介するのでお楽しみに。

さて、そして大事なお知らせです。

「北のシネマ塾」は、移転に伴い、

予定を変更し、次回5月が最終回となります。

6月の映画グラフィティーを楽しみにされていた方、

申し訳ありません。

次回ラストは・・・

5/19(土)午後2時~

「空の穴」をテーマに、安倍雄也理事が語ります。

137462_01

ぜひぜひお越しください!

今日は「北のシネマ塾」!「鶴は翔んでゆく」

ミュージアムの月イチトークイベント「北のシネマ塾」。

本日午後2時からは、

1957年のソ連映画「鶴は翔んでゆく」

(ミハイル・カラトーゾフ監督)をテーマに開催します!

5

公開時のタイトルは「戦争と貞操」。

トークは映画研究家の高村賢治副館長!

入場無料、当日参加OK!

どうぞお越しください。

ベトナム人監督による東川ロケ「目を閉じれば夏が見える」が完成!

ベトナムの若手映画人が東川を舞台に作った映画

「目を閉じれば夏が見える(Summer in closed eyes)」が完成!

20180403_09

ロケ地・東川でワールドプレミア試写会が行われたそうです。

作品は、ベトナム人女性が父を探しに東川を訪問。

日本人カメラマンと出会い、心を通わせるラブストーリーです。

試写会には、カォ・トゥイ・ニー監督、主演女優のフン・アン・ダオ、

主演男優の阿久津貴文も来場したそう。

地元住民も出演したというこの映画。

ぜひ札幌でも上映されますように!

西嶋真司監督がご来館!

福岡県田川市の記録作家、

林えいだいさん(1933~2017)の生き方を描いた

ドキュメンタリー映画「抗い 記録作家 林えいだい」。

監督を務めた西嶋真司さんが先日、

ミュージアムにご来館されました!(写真左の方)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆっくりお話を伺えなかったのが残念ですが、

ばっちりサインはいただきました!

西嶋さんは、RKB毎日放送のディレクターとして

戦争を中心とするドキュメンタリー番組を製作。

本作は、福岡県筑豊を拠点に、北九州の公害運動をはじめ、

朝鮮人強制労働、炭鉱・港湾労働、戦争の実相など、

歴史に翻弄された人々をテーマに健筆を揮ってきた

林さんに密着。セロテープでペンを指に巻き付けながら

懸命に記録を残す彼の姿に迫ります。

残念ながら林さんは2017年9月1日、

肺がんのため死去されましたが、この映画は

第23回平和・協働ジャーナリスト基金賞大賞を受賞。

現在も全国で上映されています。

映画の公式サイトはこちら

4/28(土)、札幌で「深田晃司映画特選」!

映画の上映会情報が続々入っています。

今度は4/28(土)、

札幌プラザ2・5にて

「深田晃司映画特選」が開催されます。

ibento

新作「海を駆ける」の公開記念だとか。

深田晃司監督がゲストで登場!

上映作品は

・『ざくろ屋敷バルザック「人間喜劇」より』(2006/48分)
・『ほとりの朔子』(2014/125分) 主演:二階堂ふみ
・『淵に立つ』(2016/119分) 主演:浅野忠信

詳しいスケジュールやチケットについては、

公式FBサイトをチェック(こちら)。

雪も解け、ようやく春めいてきた札幌です。

散歩がてら、気になるアノ映画を見に行く…なんていかがですか。

4/21、「アンダーグラウンド デジタル・リマスター版」札幌上映会!

鬼才エミール・クストリッツァ監督の

最高傑作とされる映画

「アンダーグラウンド デジタル・リマスター版」が

4/21(土)午後6時35分から、

札幌プラザ2・5で上映されます。

01

ボスニア・ヘルツェコヴィナ(旧ユーゴスラヴィア)生まれの

監督が、祖国の悲劇をブラックなファンタジーに再構築。

音楽、映像、ストーリー。

すべてが予想を超える一大スペクタクル・ショーを

ぜひプラザの巨大スクリーンで体感してください。

詳細は公式FBサイト(こちら)へ。

ちなみにこの日、同じ会場で「ポーランド映画祭」も。

ポーランド映画に浸ったあと、

「アンダーグラウンド」を楽しむ…なんてことも。

すべて観終えた後は、グッタリしそうですが(笑)、

もしかすると、一生忘れられない日になるかも。

お薦めです!

4/21「ポーランド映画祭2018 in 札幌」

「ポーランド映画祭2018 in 札幌」が、

4/21(土)、札幌プラザ2・5で開催されます。

02

最新作「二つの冠」「最後の家族」と、

伝説の青春映画「早春 デジタル・リマスター版」を上映。

「早春」は、映画評論家の町山智浩さんが

〝トラウマ映画〟として取り上げたカルト作品!

詳細は公式サイト(こちら)をチェック。

なかなか劇場で見ることのできない傑作を、

プラザの大スクリーンでご堪能ください!