「シネマDEトーク」1月は18日(土)です

今月の「シネマDEトーク」は18日(土)pm2時からIKEUCHGATE6階書肆吉成で小田原賢治北の映像ミュージアム副理事長の「居酒屋兆治の世界」です。

1983年高倉健主演、降籏康男監督が函館を舞台に描いた映画ですが、山口瞳の原作は東京国立市にあった焼き鳥屋「文蔵」がモデル。同店の近くに住んでいて、足を運んだという小田原副理事長が居酒屋兆治の世界と想い出を語ります。

ご参加ください。

12月の「シネマDEトーク」が開かれました

蛍がいた!松竹座
市議会議場で恋愛映画上映も・・・

月1回の「シネマDEトーク」が、12月21日、IKEUCHIGATE6階の書肆吉成で行われました。今回のテーマは「映画館グラフィティーⅡ」。街並み画家の浦田久さんと和田由美理事が、札幌の象徴ともいえる映画館「松竹座」の思い出を語りました。

IMG_5481

「松竹座には蛍がいた」という浦田さんの話から始まりました。夏の風物詩ではなく、美しい女性が4人いて、足下を懐中電灯で照らし、映画館の闇の中を座席まで案内してくれたそうです。チップは当時のお金で5銭。蛍嬢を目当てに足を運ぶ人たちもいたほど。映画を観に行くために、女性たちは髪結いに行き、着飾って出かけるほどのステータスを持った劇場でした。

戦時中、日本最初のカラー映画「千人針」が上映されたのもこの劇場。浦田さんは胸弾ませて出かけましたが、映し出された画面は真っ赤。当時の日本ではネガから上映用のポジフィルムにする現像技術はなかったようです。
また、松竹座とすすきの交番の間に小路があって、小便横丁と呼ばれていました。上映中小用を我慢していた男性客が終了後、小路に駆け込むことがしばしばで、町内会も業を煮やし、稲荷を建てて防戦したというエピソードも。戦後は進駐軍の専用館となり、1947年に復活。その後、話題作を次々に上映、札幌のシンボル劇場として親しまれました。70年に惜しまれつつ閉館となりましたが、座り心地のいい椅子はJABB70ホール、シアターキノで活躍し、いまも滝川で現役だといいます。
札幌市職労時代、市議会議場で恋愛映画を上映した青年期、三吉神社の境内で野外映画を楽しんだ少年時代など、札幌の街並みと映画を愛した浦田さんならでは思い出話も披露してくれました。
これからの「シネマDEトーク」の予定は
1月18日(土)「映画居酒屋兆治の世界」
小田原賢治(北の映像ミュージアム副理事長)
2月15日(土)高村賢治(北の映像ミュージアム副館長)
3月21日(土)「みんなで語ろう。マイベスト映画」
※しばらくスタッフブログを更新しておりませんでしたことお詫び致します。今後は定期的に更新してまいります。

会報40号を作成しました

年に3回、お届けしている会報の制作作業を11月30日、ミュージアム 事務所で行いました。今回の第40号は、盛況のうちに終了した「コタンの口笛」上映会の様子や、大石和久・北海学園大教授のリュミエール博物館訪問記、ノンフィクションライターで「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」原作者の渡辺一史さんのインタビューなどを掲載しています。会員のみなさん宛に、12月中旬には発送できる見込みです。会員限定ですので、まだ会員でない方はこの機会にぜひご検討ください。

10月19日(土)はシネマDEトーク!高村賢治副館長による「成瀬巳喜男監督 没後50年~温泉から成瀬作品を解く!」

毎月第3土曜午後2時から

「書肆吉成@IKEUCHI GATE6F」

(札幌市中央区南1西2-18)で開催している

ミュージアムイベント「シネマDEトーク」。

今月19日(土)は「成瀬巳喜男監督 没後50年」と題し、

北の映像ミュージアム副館長の高村賢治さんが

「温泉から成瀬作品を解く!」のテーマで語ります。

01

02

参加無料。どうぞお楽しみに!

なお、年内の予定は下記に通りです。

◆11月16日(土)「映画とテレビー放送から制作へ」
佐々木純(北の映像ミュージアム理事長)

◆12月21日(土)「映画館グラフィティーⅡ」
浦田久(街並み画家)×和田由美(エッセイスト)

「雪子さんの足音」10月19日(土)からシネマアイリス函館にて上映!

浜野佐知監督の最新作「雪子さんの足音」が、北海道では10月19日(土)から、シネマアイリス函館で上映されます。

yukikosan_omote

物語は、会社員の薫(寛一郎)が、新聞記事で20年前に下宿した月光荘の大家・雪子さん(吉行和子)が孤独死したことを知ることから始まる。衝撃を受けた彼は、大学時代、雪子さんと、同じ下宿人の香織(菜葉菜)2人による過剰な好意に追い詰められた記憶をも蘇らせる…。

第158回芥川賞候補になった木村紅美の小説「雪子さんの足音」を、吉行和子主演で映画化。寛一郎の父・佐藤浩市も友情出演しています。

浜野監督といえば、1970年代からピンク映画を400本近く撮り、50歳を前に幻の女流作家・尾崎翠の生涯に迫る「第七官界彷徨―尾崎翠を探して」を自主製作。その後、高齢女性の性愛を描いた「百合祭」、尾崎翠の小説を原作とした「こほろぎ嬢」、湯浅芳子と中條(宮本)百合子の恋愛を題材にした「百合子、ダスヴィダーニヤ」を発表し、男性目線とは一線を画した“女の生き方”“女の性”を描き続けています。そのテーマは、「雪子さんの足音」にも共通していて…

「とんでもないバーサンが演りたい」

という吉行さんのひと言から原作探し、映画化と奮起されたそうです。
確かに本作の雪子さんは、ステレオタイプのお婆さん像とはかけ離れたキャラクター。その思い込みとお節介ぶりは見ていて恐ろしくなるのですが、反面、切実さがにじむピュアな瞬間にハッとすることもあり、確かに異色の作品といえそうです。

ちなみに私は、雪子さんがベッドに横たわる幻想シーンで、薫に最後にあることを頼む場面がエロスを感じて好きでした!

シネマアイリス函館では、上映初日19日と20日の2日間、監督挨拶があるそう!
詳しくは公式サイト(こちら)にてご確認ください。
映画の公式サイトはこちら

本日、札幌プラザ2・5にて「シネマの風景フェス2019」開催!

北の映像ミュージアム主催の上映会

「シネマの風景フェス2019 「コタンの口笛」上映&トーク」が

本日28日、札幌プラザ2・5(中央区南2西5)にて開催中!

000

上映スケジュールは

■午前の部(開場9:30)
「コタンの口笛」 10:00上映
ゲストトーク「アイヌと暮らし」 12:20
※チラシより10分早まります。ご注意下さい。

■午後の部
「コタンの口笛」 13:20上映
ゲストトーク「アイヌと暮らし」 15:40

※午前・午後の入れ替え制。
満員の場合は入場をお断りする場合があります。

どうぞ会場に足をお運び下さい。

札幌プラザで「KUCHIKOMI GEKIJO SP」スタート!

国内外の映画やネットで話題になったのに、

札幌の映画館で公開されなかった作品を上映する

「クチコミ劇場」が2年ぶりに復活!

本日23日からスタートしました。

©️SP25 2019

©️SP25 2019

27日(金)までの連日、

インディーズや若手作家の注目作が上映されます。

上映作品の詳細やスケジュールはこちらから!

ぜひ足をお運び下さい。

9月22日、「キタ・ドキュメント」開催!道内放送局制作などの15本を上映

日本映画テレビ技術協会北海道支部主催の

「キタ・ドキュメント」が9月22日、

札幌市教育文化会館で開催されます!

00

道内のNHK、民放6局制作のドキュメンタリー、

企画短編、ニュースなどの優秀作品を紹介。

函館西高校放送部、伊達高校放送部、

旭川工業高校放送部、北広島高校放送部が

作った作品も併せて上映!

テレビ映像を迫力の巨大スクリーンでお楽しみください。

詳細は大通情報ステーションサイト内に記載あり(こちら

入場無料。午前10時~午後7時まで。

9月21&22日、札幌の美容室「ionesco」で「A FILM ABOUT COFFEE」上映!

札幌では、時計台やビル屋上など

さまざまな場所で映画上映が試みられていますが、

今度は「美容室」を会場にしたイベントが開催されます!

「Sapporo Cinema Project 映画の空気」による

映画上映イベント「CINEMA IONESCO Vol.2」。

会場は南3条西8丁目大洋ビル1Fの

美容室「イオネスコ ルティモ」。

上映するのは、珈琲をテーマにした

ドキュメンタリー「A FILM ABOUT COFFEE」です。

00

豆の選定、焙煎、ドリップ方法などさまざまなアプローチで

「究極のコーヒー」を追求するコーヒーの

プロフェッショナルたちの姿を綴る本作。

観た後は、コーヒーがより身近に、より愛しく思えるそう。

ぜひ足をお運びください。

詳細は映画の空気公式サイト(こちら)へ。