北の映像ミュージアムは7月初旬再オープンする予定です

新型コロナウイルスの影響で休館を余儀なくされていた北の映像ミュージアムですが、休館中に資料整理を行っています。

さっぽろ芸文館時代の展示資料などを4分の1以下のスペースの現ミュージアム&事務所に持ち込んだため、手狭になっていました。

これを機会に新たな展示資料と保管資料に分け、装いも新たに再オープンしたいと考えています。

これまで、自粛していた施設や営業が6月より再開されていますが、当ミュージアムは6月一杯、再オープンのため資料整理を行い、7月初旬に開館を目指します。

再開館日は決まり次第お知らせします。お待たせして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

当分の間、北の映像ミュージアムは休館いたします

新型コロナウイルス感染が止みません。緊急事態宣言が出され、外出などの自粛が要請されています。北海道、札幌市共、沈静の気配が見えず、特定指定地域にになっているため、当面、北の映像ミユージアムは臨時休館させていただきます。事態が沈静化次第、開館する予定です。ご協力ください。

会報41号の編集作業を行いました

4月発行の会報41号の編集作業を4日、スタッフ3人で行いました。内容は和田理事の「狸小路5丁目に映画館が戻って来る!」、大石理事のフランス滞在記など。4月下旬には郵送でお届けできる見込みです。どうぞお楽しみに。image

1月の「シネマdeトーク」が開かれました

「やります!」二つ返事で引き受けた健さんの新境地

 恒例の「シネマdeトーク」が1月18日(土)、書肆吉成で開かれました。函館ロケの「居酒屋兆治」をテーマに、北の映像ミュージアムの小田原賢二副理事長が語りました。以下はそのお話です。

 映画は函館の西部地区・金森倉庫周辺が舞台でしたが、山口瞳の原作は東京都国立市のJR南武線谷保駅に近い、つ焼き屋「文蔵」がモデルです。谷保とう街は菅原道真をまつった「谷保天満宮」で知られています。江戸時代からの地主と、新興住宅街に移り住んだサラリーマンが共存している郊外住宅地。1975年、脱サラしてこの地に店を構えた八木方敏さんと奥さんが二人で営んでいた「文蔵」は、10人ほど座ればいっぱいになる小さな店。

 私も近くに住んでいたので何度か訪れました。通学駅となる一橋大学の学生や谷保に住むサラリーマンたちでいつも賑わっていました。山口瞳も常連客でよく見かけたものです。モツをその場で切って焼くのが売りで、八木さんはいつもカウンターに背を向けてモツを焼いていました。奥さんが病になり、店を閉めましたが、三鷹に今もあるバサラという居酒屋がその味を引き継いでいます

「居酒屋兆治」について語ったシネマdeトーク

「居酒屋兆治」について語ったシネマdeトーク

 大ヒット作「南極物語」に続く作品として、以前に「駅 STATION」などで組んだ降旗康男監督と一緒に映画を…と考えていた高倉健さんに、降旗監督は「居酒屋兆治」の台本を渡し、出演を打診したそうです。「正直、断られるかな」と思っていたところ、「やります」という返事。これまでヒーローを演じることが多かった健さんには、名もない庶民役をやってみたいという思いがあったのでしょう。役柄の上でも脱皮を考えていた時期でもあったようです。その後、「鉄道員(ぽっぽや)」「ホタル」、そして最後の作品「あなたへ」など降旗、高倉コンビによる作品が続いていくきっかけになりました。

 主題歌は加藤登紀子の「時代おくれの酒場」。オープニングはおときさん、エンディングには健さんの歌が使われています。歌は77年に作られていますが、「ぜひこの曲で」と健さんが言い出したそうです。函館の花火シーンは道新の花火大会。大滝秀治、小松政夫、東野英治郎、刑事役の小林稔侍ら脇役も芸達者ぞろい。木村大作のカメラも素晴らしい。店は東宝撮影所内のセットです。大原麗子は念願の初共演。薄幸な役柄は孤独な死を遂げた彼女の実人生と重なって見えます。

※3月21日に予定していた書肆吉成での最後のシネマdeトーク「私の好きな映画」は新型コロナウイルスの感染予防のため、残念ながら中止いたします。場所を変えてのシネマdeトークは、日時決定次第、お知らせいたします。

「シネマDEトーク」1月は18日(土)です

今月の「シネマDEトーク」は18日(土)pm2時からIKEUCHGATE6階書肆吉成で小田原賢治北の映像ミュージアム副理事長の「居酒屋兆治の世界」です。

1983年高倉健主演、降籏康男監督が函館を舞台に描いた映画ですが、山口瞳の原作は東京国立市にあった焼き鳥屋「文蔵」がモデル。同店の近くに住んでいて、足を運んだという小田原副理事長が居酒屋兆治の世界と想い出を語ります。

ご参加ください。

12月の「シネマDEトーク」が開かれました

蛍がいた!松竹座
市議会議場で恋愛映画上映も・・・

月1回の「シネマDEトーク」が、12月21日、IKEUCHIGATE6階の書肆吉成で行われました。今回のテーマは「映画館グラフィティーⅡ」。街並み画家の浦田久さんと和田由美理事が、札幌の象徴ともいえる映画館「松竹座」の思い出を語りました。

IMG_5481

「松竹座には蛍がいた」という浦田さんの話から始まりました。夏の風物詩ではなく、美しい女性が4人いて、足下を懐中電灯で照らし、映画館の闇の中を座席まで案内してくれたそうです。チップは当時のお金で5銭。蛍嬢を目当てに足を運ぶ人たちもいたほど。映画を観に行くために、女性たちは髪結いに行き、着飾って出かけるほどのステータスを持った劇場でした。

戦時中、日本最初のカラー映画「千人針」が上映されたのもこの劇場。浦田さんは胸弾ませて出かけましたが、映し出された画面は真っ赤。当時の日本ではネガから上映用のポジフィルムにする現像技術はなかったようです。
また、松竹座とすすきの交番の間に小路があって、小便横丁と呼ばれていました。上映中小用を我慢していた男性客が終了後、小路に駆け込むことがしばしばで、町内会も業を煮やし、稲荷を建てて防戦したというエピソードも。戦後は進駐軍の専用館となり、1947年に復活。その後、話題作を次々に上映、札幌のシンボル劇場として親しまれました。70年に惜しまれつつ閉館となりましたが、座り心地のいい椅子はJABB70ホール、シアターキノで活躍し、いまも滝川で現役だといいます。
札幌市職労時代、市議会議場で恋愛映画を上映した青年期、三吉神社の境内で野外映画を楽しんだ少年時代など、札幌の街並みと映画を愛した浦田さんならでは思い出話も披露してくれました。
これからの「シネマDEトーク」の予定は
1月18日(土)「映画居酒屋兆治の世界」
小田原賢治(北の映像ミュージアム副理事長)
2月15日(土)高村賢治(北の映像ミュージアム副館長)
3月21日(土)「みんなで語ろう。マイベスト映画」
※しばらくスタッフブログを更新しておりませんでしたことお詫び致します。今後は定期的に更新してまいります。

会報40号を作成しました

年に3回、お届けしている会報の制作作業を11月30日、ミュージアム 事務所で行いました。今回の第40号は、盛況のうちに終了した「コタンの口笛」上映会の様子や、大石和久・北海学園大教授のリュミエール博物館訪問記、ノンフィクションライターで「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」原作者の渡辺一史さんのインタビューなどを掲載しています。会員のみなさん宛に、12月中旬には発送できる見込みです。会員限定ですので、まだ会員でない方はこの機会にぜひご検討ください。

10月19日(土)はシネマDEトーク!高村賢治副館長による「成瀬巳喜男監督 没後50年~温泉から成瀬作品を解く!」

毎月第3土曜午後2時から

「書肆吉成@IKEUCHI GATE6F」

(札幌市中央区南1西2-18)で開催している

ミュージアムイベント「シネマDEトーク」。

今月19日(土)は「成瀬巳喜男監督 没後50年」と題し、

北の映像ミュージアム副館長の高村賢治さんが

「温泉から成瀬作品を解く!」のテーマで語ります。

01

02

参加無料。どうぞお楽しみに!

なお、年内の予定は下記に通りです。

◆11月16日(土)「映画とテレビー放送から制作へ」
佐々木純(北の映像ミュージアム理事長)

◆12月21日(土)「映画館グラフィティーⅡ」
浦田久(街並み画家)×和田由美(エッセイスト)

「雪子さんの足音」10月19日(土)からシネマアイリス函館にて上映!

浜野佐知監督の最新作「雪子さんの足音」が、北海道では10月19日(土)から、シネマアイリス函館で上映されます。

yukikosan_omote

物語は、会社員の薫(寛一郎)が、新聞記事で20年前に下宿した月光荘の大家・雪子さん(吉行和子)が孤独死したことを知ることから始まる。衝撃を受けた彼は、大学時代、雪子さんと、同じ下宿人の香織(菜葉菜)2人による過剰な好意に追い詰められた記憶をも蘇らせる…。

第158回芥川賞候補になった木村紅美の小説「雪子さんの足音」を、吉行和子主演で映画化。寛一郎の父・佐藤浩市も友情出演しています。

浜野監督といえば、1970年代からピンク映画を400本近く撮り、50歳を前に幻の女流作家・尾崎翠の生涯に迫る「第七官界彷徨―尾崎翠を探して」を自主製作。その後、高齢女性の性愛を描いた「百合祭」、尾崎翠の小説を原作とした「こほろぎ嬢」、湯浅芳子と中條(宮本)百合子の恋愛を題材にした「百合子、ダスヴィダーニヤ」を発表し、男性目線とは一線を画した“女の生き方”“女の性”を描き続けています。そのテーマは、「雪子さんの足音」にも共通していて…

「とんでもないバーサンが演りたい」

という吉行さんのひと言から原作探し、映画化と奮起されたそうです。
確かに本作の雪子さんは、ステレオタイプのお婆さん像とはかけ離れたキャラクター。その思い込みとお節介ぶりは見ていて恐ろしくなるのですが、反面、切実さがにじむピュアな瞬間にハッとすることもあり、確かに異色の作品といえそうです。

ちなみに私は、雪子さんがベッドに横たわる幻想シーンで、薫に最後にあることを頼む場面がエロスを感じて好きでした!

シネマアイリス函館では、上映初日19日と20日の2日間、監督挨拶があるそう!
詳しくは公式サイト(こちら)にてご確認ください。
映画の公式サイトはこちら