苫小牧ロケ『のぼうの城』チラシを入手!

今日は曇り空の札幌です。

さて、苫小牧ロケ『のぼうの城』が

いよいよ11月2日(金)、公開になります!

その最新チラシを入手いたしました。

同名ベストセラー小説の映画化として

注目の集まるこの作品。

以前、ミュージアムにも

ロケ地に携わったエキストラさんがお見えになりました。

※当時の記事はコチラ

豪華なスタッフ紹介やあらすじが書かれた

このチラシを、どうぞミュージアムでご覧ください。

作品詳細は、公式サイトへどうぞ。

苫小牧ロケ「のぼうの城」エキストラの方がご来館!

昨日の暴風がウソのように、

気持ちの良い青空が広がる札幌です。

隣のホールでは大学の入学式が行われていて、

笑顔が弾けていました。

 

さて、本日は、先日ご来館くださった

ハンドルネーム・テグさんをご紹介。

 

テグさんは、2010年8月末に苫小牧で行われた

「のぼうの城」(犬童一心、樋口真嗣監督)

ロケに、エキストラで参加したそう!

作品は、戦国末期、

天下統一を目指す豊臣軍2万人に屈せず、

わずか500人の兵で城を守りぬいた

実在の武将・成田長親を描いた原作本の映画化。

野村萬斎さん8年ぶりの映画主演となる

戦国エンタテインメント大作です。

 

テグさんは、ネットで申し込み、3日間のロケに参加。

主人公の城を攻めるシーンに、

豊臣軍の兵のひとりとして〝出演〟したそう。

「ロケ場所は湿地帯で大変でしたけど、本格的なセットでびっくり。

馬にのって号令をかける(武将・大谷吉継役の)山田孝之さんや、

(大将・和泉役の)山口智光さんを間近に見ました!」とか。

 

たとえワンシーンでも、参加したとなると思い入れもひとしお。

今秋の、映画の公開が待ち遠しいですね。

 

ちなみに、テグさんとミュージアムをつないだのは

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭!

参加していたミュージアム理事2人組と宿が一緒になり、

いろいろ話を聞いて興味を持ってくださったそう。

 

映画を通じたつながりが、少しずつ広まっているのを感じます。

 

「のぼうの城」公式サイトはコチラ↓

http://nobou-movie.jp/index.html

公開が近くなったら、最新情報をご紹介しますのでお楽しみに!