追悼!高倉健さん⑧「日本女侠伝 真赤な度胸花」

9/12(土)に開催するミュージアム開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

※イベント詳細はコチラ

「追悼! 高倉健さん」のテーマにちなみ、

北海道ロケ出演作(全31本)を不定期にご紹介します。

今回はこちら!

pnj02

1970年の日高ロケ「日本女侠伝 真赤な度胸花」(降旗康男監督)です。

馬市の利権をめぐる西部劇調のアクション。

健さんは、主演の富司純子さんを助ける「風見五郎」役で登場します。

勧善懲悪のストーリーが面白く、単純に楽しめる物語。

DVD化されているので、機会がありましたらご覧ください!

・・・というわけで、イベントはいよいよ明日となりました。

が、実は! 11月にも札幌で、

高倉健関連のイベントを行う予定なのです。

詳細は追ってご紹介しますが、

近くなりましたら、この追悼記事も再開致します。

どうぞお楽しみに!

追悼!高倉健さん⑦「飢餓海峡」

9/12(土)に開催するミュージアム開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

※イベント詳細はコチラ

「追悼! 高倉健さん」のテーマにちなみ、

北海道ロケ出演作(全31本)を不定期にご紹介します。

今回はこちら!

a0212807_141251100

1965年の函館・北斗ロケ「飢餓海峡」(内田吐夢監督)です。

実際に起きた洞爺丸事故と岩内大火にヒントを得た、

水上勉の小説を映画化した傑作サスペンスドラマ。

健さんは、後半登場する若き刑事役を演じています。

何度観ても見応えがある、名作映画です!

追悼!高倉健さん⑥「網走番外地」

9/12(土)に開催するミュージアム開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

※イベント詳細はコチラ

「追悼! 高倉健さん」のテーマにちなみ、

北海道ロケ出演作(全31本)を不定期にご紹介します。

今回はこちら!

48bc720a21e212babf2d6d4d2f432c0b

1965年の網走ロケ「網走番外地」(石井輝男監督)です。

母恋しさに刑務所から脱獄したやくざ者の運命を描くアクションドラマ。

主演の健さん演じる「橘真一」は絶大な人気を集め、

以降18作のシリーズとなっていきます。

追悼!高倉健さん⑤「ジャコ萬と鉄」

9/12(土)に開催するミュージアム開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

※イベント詳細はコチラ

「追悼! 高倉健さん」のテーマにちなみ、

北海道ロケ出演作(全31本)を不定期にご紹介します。

今回はこちら!

51sjz471vqL

1964年の積丹ロケ「ジャコ萬と鉄」(深作欣二監督)です。

片目の無法者・ジャコ萬と、

ニシン漁の網元息子・鉄との対決の物語。

健さんは「鉄」役で、9月の上映会場には

映画スチールも多数展示する予定です。

ちなみにこの作品は、

49年の谷口千吉監映画のリメイク。

同じ「鉄」役を三船敏郎が演じているので、

見比べてみるのも一興ですね!

追悼!高倉健さん④「万年太郎と姉御社員」

9/12(土)に開催するミュージアム開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

※イベント詳細はコチラ

「追悼! 高倉健さん」のテーマにちなみ、

北海道ロケ出演作(全31本)を不定期にご紹介します。

今回はこちら!

1286610349-m

1961年の阿寒ロケ「万年太郎と姉御社員」(小林恒夫監督)です。

タイトルからしてユーモラスなこの作品。

硬骨社員たちがみせるモーレツコメディーだそう。

健さんはもちろん、主役の「万年太郎」を演じています。

ポスターからも、面白そうな匂いがプンプン!

見てみたいものですね!

追悼!高倉健さん③「高度7000米 恐怖の四時間」

9/12(土)に開催するミュージアム開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

※イベント詳細はコチラ

「追悼! 高倉健さん」のテーマにちなみ、

北海道ロケ出演作(全31本)を不定期にご紹介します。

今回はこちら!

91IY3bXLWwL__SY550_

1959年の千歳ロケ「高度7000米 恐怖の四時間」(小林恒夫監督)です。

航空機内で次々に巻き起こる戦慄のサスペンス!

健さんは機長の「山本」を演じています。

こちらもDVD化されており、ミュージアムで視聴可能。

かつての千歳飛行場の風景とともに、お楽しみください。

追悼!高倉健さん②「希望の乙女」

9/12(土)に開催するミュージアム開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

※イベント詳細はコチラ

「追悼! 高倉健さん」のテーマにちなみ、

北海道ロケ出演作(全31本)を不定期にご紹介します。

今回はこちら!

tirashi_kibo-otome

1958年の江別ロケ「希望の乙女」(佐々木康監督)です。

美空ひばりさんの芸能生活10周年記念作品。

健さんは、クラリネットの得意な青年「相原丈二」を演じています。

この作品はDVD化されており、

ミュージアムにも資料として所蔵しているので視聴可能!

晩年の、寡黙なイメージとは違う

明るく、少し気障な好青年ぶりが珍しい一作です。

追悼!高倉健さん①「夕陽と拳銃」

9/12(土)に開催するミュージアム開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

※イベント詳細はコチラ

「追悼! 高倉健さん」のテーマにちなみ、

北海道ロケ出演作(全31本)を不定期にご紹介します。

まずはこちら!

B03000008513

1956年、勇払・洞爺ロケ「夕陽と拳銃」(佐伯清監督)。

檀一雄原作の風雲児アクションだそう。

新人だった健さんは「弟・慎太郎」の役を演じています。

ちなみに佐伯監督は同年、

当別ロケの傑作「大地の侍」も発表しています。

機会があれば、見比べてみたいものですね!