シネマの風景フェス2016プログラム紹介②「生命の冠」

6/18(土)~24(金)に開催される

北の映像ミュージアム開館5周年記念イベント

「シネマの風景フェスティバル

『北のシネマ 過去・現在・未来』」。

無題

北海道をロケ舞台に製作された7作品を一挙公開!

スペシャルゲストを迎えてトークショーも開催します。

上映作品の見どころをご紹介する

第2弾は、「生命(いのち)の冠」(1936年、内田吐夢監督)です。

無題

(C)マツダ映画社

カニ缶詰工場を舞台に、経営者の苦悩を描く現代劇。

見どころは、何といっても

15歳の原節子さんが登場すること!

瀧花、原氏

主人公の妹役を演じる原さんは、

デビュー翌年の9本目の出演作だとか。

メイン舞台は、国後島東岸の古釜市にあった

根室の地酒「北の勝」創業者の工場。

10_カニ缶を確認する信太郎

蟹缶を作るプロセスや女工さんたちの様子までもが

リアルに描写されている点でも、貴重な映像資料といえそうです。

03_荷物を運ぶ女性

12_缶詰の製造_ライン

11_缶詰の製造_女工

今回はブルーレイの美しい映像とともに、

女性活弁士の第一人者である澤登翠さんの活弁付きで上映。

日本映画史に輝く大女優の初々しい表情と共に

懐かしいサイレント映画の趣を、どうぞお楽しみください。

また、イベント初日の6/18(土)は、

北の映像ミュージアム副理事長の

喜多義憲さんによるトークも予定!
(6/18 ①11:00 ②14:30)

同日上映する「熊の出る開墾地」を含め、

どんなお話が飛び出すのか。こちらもお聞き逃しなく!

* * *

「シネマの風景フェスティバル」
6/18(土)~24(金)
札幌プラザ2・5(札幌市中央区南2西5、狸小路5丁目)

★「生命の冠」は6/18(土)①11:20、②14:50、③17:35、6/19(日)④11:00の合計4回上映!

映画鑑賞前売り券 1本券500円(当日600円)、5本回数券2000円
※北の映像ミュージアム、道新プレイガイド、シアターキノにて販売中!

お問合せはミュージアム(011‐522‐7670)へ。

シネマの風景フェス2016プログラム紹介①「熊の出る開墾地」

6/18(土)~24(金)に開催される

北の映像ミュージアム開館5周年記念イベント

「シネマの風景フェスティバル

『北のシネマ 過去・現在・未来』」。

無題

北海道をロケ舞台に製作された7作品を一挙公開!

スペシャルゲストを迎えてトークショーも開催します。

開催までの1か月、

上映作品の見どころなどを随時ご紹介。

第1弾は「熊の出る開墾地」(1932年、鈴木重吉監督)です。

熊 (2)
※東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵

原作は、昭和初期「農民文学」の旗手とされる佐々木俊郎。

61IYX8hnacL__SX353_BO1,204,203,200_

川端康成が夭折を惜しみ、

「没後、最も不当に扱われた作家」と評した作家だそう。

小説は、北海道の開墾者たちと悪徳地主との対決を中心に、

農民のつらさや悲しさ、美しさを描く物語。

映画化された際、何といっても注目されたのは、

無声映画のトップスターと謳われた

鈴木傳明(つぐあきら)が主演したこと!

熊 (1)

明治大学出身でスポーツマンタイプの2枚目です。

ロケ地となった中札内の原野はもとより、古い札幌の街並みも見モノ。

今回は、現役の活動弁士・麻生八咫(やた)さんを招き、

麻生

昔懐かしい活弁で上映致します!!

東京国立近代美術館フィルムセンターよりお借りした

貴重なフィルムをご堪能ください。

* * *

「シネマの風景フェスティバル」
6/18(土)~24(金)
札幌プラザ2・5(札幌市中央区南2西5、狸小路5丁目)

★「熊の出る開墾地」は6/18(土)①12:45、②16:00、6/19(日)③12:25の合計3回上映!

映画鑑賞前売り券 1本券500円(当日600円)、5本回数券2000円
※北の映像ミュージアム、道新プレイガイド、シアターキノにて販売中!

お問合せはミュージアム(011‐522‐7670)へ。

シネマの風景フェス2016、PR活動スタート!

先日発表した、6/18~24に開催する

ミュージアム開館5周年記念

「シネマの風景フェスティバル」。

無題

早くも、サイトで宣伝いただきました。

第1号はこちら

無題

札幌情報マガジン「kai-wai札幌」サイトです。

ありがとうございます。

これからも、各種サイトや雑誌媒体などに掲載予定。

どうぞよろしくお願いします!

6/18(土)~24(金)、「シネマの風景フェスティバル」を開催!

お待たせしました!

北の映像ミュージアム開館5周年記念イベント

「シネマの風景フェスティバル」を

6/18(土)~24(金)、札幌プラザ2・5で開催します。

無題

年に一度の上映会。

ミュージアムがオープンしてからは

毎年秋に行ってきましたが、

今年はにぎやかな〝夏のイベント〟として企画。

「北のシネマ 過去・現在・未来」と題し、

北海道の近代・開拓期を振り返り、

現在の立ち位置を踏まえながら、

これから進むべき道を考える…という趣旨です。

上映作品は、なんと7作品!!

スケジュールや内容は、下記をご参照ください。

2

チケットはミュージアム、道新プレイガイドで発売中。

(1本券500円、当日600円、5本回数券2000円)。

お問い合わせはミュージアム(011-522-7670)へ。

上映作品の詳しい解説を

ブログで随時ご紹介しますので、お楽しみに!