「探偵はBARにいる」シリーズの喫茶店「トップ」へ

札幌・すすきのを舞台にした

大泉洋さん主演の人気映画「探偵はBARにいる」。

この冬公開される、シリーズ最新作の第3弾を

楽しみにしてらっしゃる方も多いことでしょう。

探偵行きつけの喫茶店「モンデ」として登場し、

5月末で閉店することになった

すすきのの老舗喫茶店「トップ」にお邪魔してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時刻はちょうどお昼時。

店内は、会社員や老夫婦の方々でほぼ満席です。

すすきの市場のすぐ隣、繁華街のど真ん中ですが、

ここだけゆったり時間が流れている感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここに来たなら絶対味わいたいのが、あのナポリタン!

さっそく注文した後、忙しそうな店主の児島さんに

店内の撮影許可を恐る恐る聞いたところ、

「いいわよ、どんどんどうぞ!」とありがたいお返事。

映画にも登場した電話ボックスがそのままに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その隣が、探偵の〝指定席〟ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カウンターに座り、レトロなレジスターを眺めていたら、

「50年前から使っているのよ。中に入って見てごらんなさい」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

擦り減ったボタンが、半世紀という歳月の重みを伝えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

念願のナポリタンは、

細めのパスタにケチャップソースが絡まって懐かしい味。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お味噌汁付きという〝トップ流〟の食べ方で味わいました。

セットの珈琲は、

「探偵シリーズの2と3で使用したカップです」と児島さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

聞けばお店は閉店後、店主夫妻の娘さんが引き継ぐそう。

とはいえ、業態や内装は変わる可能性があり、

映画のままの雰囲気を味わえるのは、ひとまず5月いっぱいまで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

嬉しかったのは、

店主さんご夫婦も、常連客らしきお客さんたちも

〝いちげんさん〟の私に対して優しいこと。

「写真撮ってあげましょうか?」と聞いてくださったり、

レンズを向けても嫌な顔ひとつなさらなかったり。

それはきっと、「探偵」シリーズのロケ地であることを

大事に、誇りに思ってらっしゃるからなのでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トップさん、素敵なひとときをありがとうございました。

50年間、本当にお疲れ様でした。

※「探偵はBARにいる3」公式サイト(こちら)からの
リンク先「札幌ロケーションマップ」(こちら)では、
「喫茶モンデ」画像を見ることができます。ぜひ!

「探偵はBARにいる」の喫茶店が5月で閉店

札幌ロケの人気シリーズ「探偵はBARにいる」。

第3弾の公開が待たれるところですが、

探偵の行きつけの喫茶店として登場する

札幌の老舗喫茶「トップ」が、5月末で閉店するそうです。

CCI20170411_0001

探偵が「まずい」と言いながら食べる

あの昔ながらのナポリタン

(本当は美味しいのです!)もおしまいに。

非常に残念ですが、〝ありがとう&お疲れ様!〟

の気持ちを込めて拍手を送りたいです。

12月、スクリーンで再会するのを楽しみにしましょう。

「探偵はBARにいる3」製作発表会見レポート

東映の人気シリーズの第3弾「探偵はBARにいる3」が製作されることになり、製作発表会見が1日、東京都内で行われました。

同シリーズは2011年公開の「探偵はBARにいる」、13年公開の「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」が製作され、4年ぶりの新作となります。探偵とその相棒に、おなじみの大泉洋さんと松田龍平さんのコンビ。新作ではモデル事務所オーナーの謎の美女を北川景子さんが演じます。「瞬 またたき」「抱きしめたい 真実の物語」と北海道ロケ作品が多い北川さんのフィルモグラフィに、新たな道内ロケ作品が加わります。

記者会見で大泉さんは「待ちに待った3です。やりたかった思いをぶつけて最高の映画にしたい」、松田さんは「札幌の冬景色に2人がやって来ることを楽しみに頑張ります」と意気込みを語り、初参加の北川さんも「北海道を好きになるような映画に参加できることを、このシリーズのファンとして嬉しく思います」と話しました。ただ、北海道ロケを間近に控え、会見の中身は食べ物の話が中心に。北川さんが「ジンギスカンとスープカレーは絶対食べたい」と言えば、松田さんも「第1作の撮影で使ったラーメン屋さんが行きつけなんで、そこ行きましょう。僕は狸小路のアーケードをずっとうろうろしてるんです」と応じ、大泉さんは「龍平くんはずっと北海道にいるのが好きで、撮影が3、4日空いても居続ける人。何してるのかと思ったらホテルから一番近いラーメン屋さんで毎日食べてる」と暴露しました。

記者会見に臨む、左から松田龍平さん、大泉洋さん、北川景子さん

記者会見に臨む、左から松田龍平さん、大泉洋さん、北川景子さん

今回のロケ地は札幌と小樽など。2月10日ごろ撮影に入り、その後は3月末まで東京近郊で撮影の予定。公開は今年冬の予定です。脚本は第1作から手がけている古沢良太さん、監督は新たに吉田照幸監督にバトンタッチされます。

北海道の映画ファンとして特筆すべきことは、企画とプロデューサーを札幌出身の道産子コンビが務めていること。第1作のプロデューサーだった東映の須藤泰司さん(現・企画製作部長)が今回は企画、同じく栗生一馬さんがプロデューサーを務めます。3作目が4年ぶりとなったことについて須藤さんは「3は冬に撮影しようと決めていましたが、景色がきれいなのは1月下旬から3月くらいまでなので、撮影時期はピンポイントになります。北川さんが網走で『抱きしめたい』の撮影をしていたころに、網走や釧路でロケハンをしたんですが、その後、主演の大泉さんがNHKの朝ドラに出たり、大河ドラマに出たりしたので、われわれの方のスタートが遅くなりました」と映画製作のスケジュールの難しさを話してくれました。新作では札幌のどんな風景が描き出されるか、楽しみにしましょう。(理事・加藤敦)

大泉洋さん主演「探偵はBARにいる3」が始動!エキストラ募集

年始早々、嬉しいニュースが届きました。

「探偵はBARにいる3」がついに始動!

2017年の冬、公開されるそうです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

まだ詳細は分かりませんが、

北海道ロケ好きとしても嬉しい限り。

さらに、嬉しいお知らせが。

札幌・近郊ロケの、エキストラを募集しています。

時期は2~3月ごろ。詳しくはコチラ

札幌発の人気シリーズにぜひご出演ください!