「きみの鳥はうたえる」公開記念!函館シネマアイリスで 佐藤泰志=函館三部作連続上映!

8/25からシネマアイリス先行公開、

9/1から札幌シアターキノ含む全国公開予定の

「きみの鳥はうたえる」。

01.kiminotori02.emoto03.ishibashi04.sometani

©HAKODATE CINEMA IRIS

公開記念に、シネマアイリスで8/11から1週間、

「海炭市叙景」
「そこのみにて光輝く」
「オーバー・フェンス」

の三部作が上映されるそう!

1000円開放なのも、嬉しいですね。

詳しいスケジュールはあす(8/8)発表だとか。

確認はシネマアイリス公式サイト(こちら)にて。

ロケ地・函館で味わう函館映画。

なんて贅沢なのでしょう! ぜひぜひ。

「きみの鳥はうたえる」の札幌出身・三宅唱監督が札幌でトーク!

函館ロケ「きみの鳥はうたえる」を監督した

札幌出身・三宅唱さんが昨日17日、

札幌市のICCでトークイベントに登場!

03

シアターキノの中島洋さんが司会となり、

この日上映された初長編作「やくたたず」との共通点や、

映画作りへの思いを語りました。

02

その後、「きみの鳥はうたえる」プロデューサーの

函館シネマアイリスの菅原和博館長も同席し、

新作の記者会見も行われました。

05

トーク内容は、後日たっぷりとご紹介します!

「きみの鳥はうたえる」(公式サイトはこちら)は、

8月25日函館シネマアイリス先行公開、

9月1日全国順次公開です。お楽しみに!

函館ロケ「きみの鳥はうたえる」ポスターを掲示&5/20・21、函館で三宅唱監督映画祭!

函館出身の作家・佐藤泰志の小説を

オール函館ロケで映画化する市民企画第4弾!

「きみの鳥はうたえる」のポスターが届きました。

IMG_2302

「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」

に続く、函館発信映画の取り組み。

実現に向けて、製作にかかわる募金協力を募っています。

くち数によって、さまざまな特典あり!

1

※詳しくは画像をクリックしてご覧ください。

映画好きな方はもちろん、函館応援や何かの記念にぜひ。

この映画のメガホンを取るのは、札幌出身の三宅唱監督。

ミュージアムにも以前お越しいただきました。

8三宅監督

映画のクランクイン前夜祭として、

三宅唱監督映画祭が、函館・シネマアイリスで開かれます。

CCI20170509_0000CCI20170509_0001

5/20(土)・21(日)の2日間です。

もちろん各回、監督らを招いたトークショーあり!

募金や映画祭に関するお問合せは、

シネマアイリス(0138‐31‐6761)へ。

函館ロケ最新情報!佐藤泰志原作「きみの鳥はうたえる」を映画化

嬉しいニュースが届きました。

函館出身の作家・佐藤泰志の小説

「きみの鳥はうたえる」が、オール函館ロケで映画化されるそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

原作は、佐藤泰志の代表的作品で、彼にとって初めての芥川賞候補作品。

2010年『海炭市叙景』(熊切和嘉監督)、

2014年『そこのみにて光輝く』(呉美保監督)、

2016年『オーバー・フェンス』(山下敦弘監督)に続く、

〝函館発信映画〟の第4弾です。

撮影時期は、2017年初夏を予定。

企画・製作・プロデュースは

「佐藤泰志=函館発信映画」3作品を手がけた

シネマアイリス代表・菅原和博が務め、

シネマアイリス開館20周年の記念作品となります。

監督は『やくたたず』(2010年)、『Playback』(2012年)、

『THE COCKPIT』(2014年)などの作品で知られる新鋭監督・三宅唱さん。

DSC_0496

2013年には、ミュージアムにもご来館くださいました(記事はこちら)。

三宅唱監督のコメントはこちら

「20周年、本当におめでとうございます。街に映画館があることがもはや決してあたりまえではない時代に、今年、シネマアイリスさんとともに函館の街で映画をつくること、とても気合いが入ります。

『きみの鳥はうたえる』を発表した佐藤泰志の当時の年齢と、たまたま、今の自分がほぼ同じ年です。ほかにも東京で住んでいた場所など重なることがいくつかあり、もし同じ時代にいたら出会っていたかもしれない同級生と、密に会話するような気分で繰り返し読み、準備しているところです。小説に書かれた「すると、僕は率直な気持ちのいい、空気のような男になれそうな気がした」という一節に、とても惹かれます。映画もそんなふうに、率直な気持ちのいい映画をつくりたい。そのために、なるべくリラックスして、のびのびと、地に足をつけて、函館の風や匂い、あの光や時間を全身で感じたいと思っています。そして、多くの方とともに、楽しんだり、喜んだり、頭を抱えたり、とにかく一緒に熱中することができたら最高です。」

映画の街・函館からまたひとつ、新しい映画が誕生します。応援!!