北海道を舞台にしたドキュメンタリー映画「生きとし生けるもの」

全国でも屈指の人気を誇る旭川・旭山動物園。

長年この園のポスターやパンフレットの撮影を担当する

今津秀邦さんが初監督となった

ドキュメンタリー映画「生きとし生けるもの」。

マガンの群れやエゾナキウサギ、シロザケなど、

北海道をロケ地として、5年間にわたって見つめ続けた

ありのままの自然の姿を綴るもの。

IMG_2298

6/3(土)、ユナイテッド・シネマ札幌、シネプレックス旭川、

角川シネマ新宿での公開に向け、

美しいポスター各種をズラリ、館内に掲示中です。

津川雅彦さんによる〝誘い人〟の言葉のほか、

ほとんどナレーションなし、というのも驚きです。

北の大地の、命の「リアル」を切り取った渾身の映像を

どうぞスクリーンでご覧ください。

※映画の公式サイトはこちら