ゆうばり映画祭2019記者会見レポート!

全国各地のファンの皆さま!「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の季節が今年もやって参りました!
29回目を迎える今回は、3月7日~10日に開催。
約70の作品上映&企画が予定されています。

05

今年も記者会見に参加したスタッフ・あらためが、
北海道関連の話題を中心にご紹介します!

06

映画祭の大きな柱である「ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門」。
今や国内屈指、若手監督の登竜門として毎年注目を集めるこのコンペの審査委員長を、今年務めるのは、北海道出身の白石和彌監督!

白石和彌監督

「孤狼の血」「止められるか、俺たちを」などで2018年も高評価を受け、2019年も「麻雀放浪記2020」「凪待ち」の公開を控える大人気監督です。

また、短編を対象とした「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門」の審査員には、北海道ロケ「南極料理人」のミュージアム上映会にもお越しいただいたことのある沖田修一監督が登場!

沖田修一

特別上映企画に北海道ロケ「ニート・ニート・ニート」も予定しています(8日12:15、ゆうばりホテルシューパロ)。

ニート・ニート・ニート

©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会

また、映画監督・特殊造型監督の西村喜廣さんがプログラム・ディレクターを務める新設の「コアファンタ部門」では、北海道出身の田口清隆監督セレクションの「夕張自主怪獣映画まつり」の特集上映も行われます(9日19:00、夕張商工会議所)。

記者会見ではまた、イメージソングを担当した北海道のユニット「laufen(ラウフェン)」がサプライズ登場。

07

「映画を観た方々が魔法にかかっていくイメージで作りました。映画と一緒に楽曲を楽しんでください」とPRされていました。

映画祭では昨年に続き、3月2日・3日に「さっぽろサテライト会場」(札幌プラザ2・5)を設け、札幌ロケ&白石監督「日本で一番悪い奴ら」など8本を上映するそう!

なお、記者会見ではもうひとつ、重要な発表がありました。
今までのような冬季開催は今回が最後。次の30回目からは、新しい時期&会場(夕張市内)で行う計画が明かされたのです。
JR線の廃止、市長選など夕張の変化の中で、映画祭も思い切った変革に取り組むようです。
さまざまな意味で節目となる29回目、ぜひ足をお運びください。

02

チケットはオープニング・クロージング以外の作品鑑賞(さっぽろサテライト会場含む)可能な「ゆうばりファンタパスポート」(前売り2,500円)などで、チケットぴあ、ローソンチケットなどで発売中。
映画祭の公式サイトはこちら

ほか、記者会見で解禁されたラインナップ&審査員の詳細を列記致します。チェックください!

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」
2019年3月7日(木)~10日(日)、会場:ホテルシューパロほか夕張市内会場

ゆうばりファンタ2019key

◆招待作品部門
●オープニング作品「人間、空間、時間、そして人間(仮題)」
キム・ギドク監督最新作&チャン・グンソク出演作ながら、「#Me Too」運動の影響などで韓国でもお蔵入り中の問題作! 日本からは藤井美菜、オダギリジョーが出演。

人間、空間、時間、そして人間(仮題)

(C)2018 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

●クロージング作品「レゴ(R)ムービー2」
3月29日の劇場公開前に観るチャンス!

●「アナと世界の終わり」
高校生集団が歌って踊って暴れまくる!世界各地のファンタスティック映画祭で話題沸騰の〝青春ゾンビミュージカル〟が日本上陸!

アナと世界の終わり

(C)2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.

●特別上映企画「ニート・ニート・ニート」

●特別協賛企画「The Extraordinary Journey of the Fakir(原題)」
クローゼットに閉じ込められて世界一周!? 「IKEAのタンスに閉じ込められたサドゥーの奇想天外な旅」(小学館文庫)が原作のフランス・インド合作映画。

●特別協賛企画「熱海のやまぼうし」
熱海を舞台にした、K-POPスターのユンホと芸者になった韓国女性レイのラブストーリー。

熱海のやまぼうし

(C)2018映画「熱海のやまぼうし」製作委員会

◆ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門
審査委員長/白石和彌(監督)、審査員/モ・ウニョン(プログラマー)、マーク・シリング(プログラミング・アドバイザー)、冨永昌敬(監督)、長谷直美(女優)
「いつくしみふかき」
「超擬態人間」
「赤い原罪」
「フェイクプラスティックプラネット」
「されど青春の端くれ」
「桃源郷的娘」

◆インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門
審査委員長/久保直樹(監督)、審査員/沖田修一(監督)、安藤桃子(監督)
「爆裂!カンフーミサイル」
「お引っ越し」
「誘拐アンナ」
「M&A」
「最悪」
「マイ・ファースト・タイム」
「悪魔の舞を手に入れし者」
「極東ゲバゲバ風雲録」
「午後の悪魔」
「國の狗」
「万置き姉弟」
「ムーン・ドロップス」
「カップケーキ」
「DROPS」
「5つ目の記憶」

◆ゆうばりチョイス部門
「悪い女は良く稼ぐ」
「あの空の向こうに」
「あの空の向こうに~夏雲~」
「ロストインタイム」
「バブルジャンパーズ&ホイールチェアクイーン」
「女の仕事」

◆フォービデンゾーン部門
「クライングフリーセックスネバーアゲイン」
「ラ・マシーン」
「ゼイ・ケイム/エイリアンデスファック」
「トイレの神様新約」
「ある映画監督の××日」
「12人のミューズ」

◆コアファンタ部門
「スパルタの海」
「エンボク」
「トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション」
「星に願いを(ゆうばりバージョン)」
「松永天馬殺人事件(ゆうばりバージョン)」
「ダイナマイト・ソウル・バンビ」
「ストレガ」
「GIVER復讐の贈与者」傑作選
「最強殺し屋伝説国岡」
「VAMP」
「一文字拳 序章 最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い」
「IKENIE MAN」
「真一文字拳」
「ユウカイ犯」
「シークレット・スクリーニング」※上映まで謎のスペシャル枠
●特集上映「映画祭に来たんだから!眠気サメナイト!警笛上映!!」
「シャークネード ラスト・チェンソー」
「シックスヘッド・ジョーズ」
「メガ・シャークVSグレート・タイタン」
●特集上映「名古屋シネマスコーレ特集上映 奇抜な映画館・シネマスコーレの日」
「劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命」
「中川運河サンダーボルト」
「マンドリンの女」
「恋のクレイジーロード」
●特集上映「第1回夕張自主怪獣映画まつり」セレクション:田口清隆
●トークイベント「映画監督:清水崇・西村喜廣の怖がらナイトinゆうばり」

◆スペシャルプログラム
「おまめ映画菜」
「マイルド 鉄ドン アホな子 バカな子 マヌケな子」
「ヨーロッパ企画のショートフィルム大連発!2019」

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019 さっぽろサテライト会場」
2019年3月2日(土)3日(日)、札幌プラザ2・5
「EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」
「SING」(※無料上映)
「日本で一番悪い奴ら」 など8本上映予定

ゆうばり映画祭さっぽろサテライト会場のラインナップが発表!

3/15に開幕する「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。

今年初の試みとなるさっぽろサテライト会場が、

映画祭と同じ期間、札幌プラザ2・5に設けられることは、

記者会見レポート(こちら)でお知らせしましたが、

このたび、上映作品が発表となりました!

2017年オフシアターコンペ・グランプリ作品
「トータスの旅」(北海道未公開)

コンペ出身の入江悠監督作品
「22年目の告白―私が殺人犯ですー」

2018年ゆうばり会場で上映される
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(原題)監督の過去作
「リトル・ミス・サンシャイン」

ゆうばり映画祭の協賛社制作作品
「GANTZ:O」「少女は異世界で戦った」
「KARATE KILL」「墨の魔術師」

新海誠監督の北海道を舞台にしたアニメーション長編
「雲の向こう、約束の場所」

ファンタスティック映画
「マッドマックス:怒りのデス・ロード」

詳しい上映日時はサテライト会場の公式サイト(こちら)でチェックを。

01

サテライト会場のみの通しチケットは1000円。

ゆうばりファンタパスポート(2500円)でも鑑賞可能です。

当日はゲスト登壇も一部あり!

夕張には足を運べない。
けれど、札幌なら!という方も。

ここで雰囲気を体感して、次は夕張へ!という方も。

ぜひぜひ、お楽しみください。

ゆうばり映画祭パンフを配布中!

3月15日に開幕する

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。

先日記者会見をレポート(記事はこちら)しましたが、

パンフレットを館内で配布中です!

CCI20180306_0002

招待作品やコンペなど、上映作品を紹介。

ぜひお手に取ってみてください。

映画祭の公式サイトはこちら

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」2018記者会見レポート

映画好きにとって嬉しい季節がやってまいりました!
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。
今年は3/15(木)~19(月)に行われます。

DSC03492

今年はさらに新しい試みとして、札幌サテライト会場を用意!
3/15(木)~18(日)の4日間、札幌プラザ2・5を貸し切り、
開会式を同時中継し、映画祭の過去作約10作品を上映するそうです。
(ゆうばりファンタパスポート※前売り2500円、当日3000円で参加OK。札幌サテライト会場のみのチケットは1000円で販売予定)

2/2(金)、札幌で行われた記者会見を、
スタッフ・新目がレポートします。

DSC03486

冒頭、実行委員長を務める作家・小檜山博さんは「本州から来た人々が、森林や大地、炭鉱を開拓した時代に続き、いま、北海道は第2期の開拓期に入っている。それは、現代を生きる我々が、本州や世界の人たちと協力して、文化を創造することだ。その拠点を、夕張が担っている。映画の感動は、もうひとつの人生を生きること。その感動の創造を、夕張の映画祭が引き受けたい」とあいさつ。

DSC03561

続いて、名誉大会長の鈴木直道夕張市長が「今年は北海道命名150年の節目ですが、夕張も、1888年に坂(ばん)市太郎が炭鉱のルートとなる石炭層の大露頭を発見してから、ちょうど130年。町として発展するきっかけとなる出来事から、大きな節目の年といえます。夕張の歴史を知ってもらう中で、30年近く続いているこの映画祭は、挑戦の象徴、再生の象徴。ぜひ多くの方に来ていただき、ファンになってもらいたい」と話しました。

DSC03594

28回目の今回は、上映作品は114本(企画含む)。会場は、「合宿の宿ひまわり」のみを会場とし、3スクリーンを使用。招待作品は5作品で、

22年ぶりの続編として期待されるファミリームービー
「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』2018年4月6日公開

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』2018年4月6日公開

「きっと、うまくいく」のアーミル・カーン主演最新作
「ダンガル きっと、つよくなる」

(C)Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

(C)Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

モーグルのトップ選手から、高額ポーカー・ゲームの経営者へと転身し、一大スキャンダルを巻き起こした実在する女性を描いた
「モリーズ・ゲーム」

(C)2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン主演の最新作
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ(原題)」

(C)2017 Twentieth Century Fox

(C)2017 Twentieth Century Fox

三船敏郎の人生に迫るドキュメンタリー
「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」

(C)"MIFUNE: THE LAST SAMURAI" Film Partners

(C)”MIFUNE: THE LAST SAMURAI” Film Partners

関連して、スティーブン・オカザキ監督と 三船敏郎の孫・三船力也氏によるトーク企画、映画「羅生門」の特別上映も予定されています。もちろん、夕張ならではの“若手の登竜門”オフシアター・コンペ部門や短編・長編セレクションもいろいろ!

『東京ノワール』©2017 東京ノワール製作委員会

『東京ノワール』©2017 東京ノワール製作委員会

『精靈カフェ 』(C)Hi-Link (Beijing) Cultural Media Co., Ltd.

『精靈カフェ 』(C)Hi-Link (Beijing) Cultural Media Co., Ltd.

『Candy.zip』(C)2017 Tomoki MISATO / Tokyo University of the Arts

『Candy.zip』(C)2017 Tomoki MISATO / Tokyo University of the Arts

『Black Dog』(C)Joshua Dean Tuthill

『Black Dog』(C)Joshua Dean Tuthill

オフシアター・コンペ部門の審査委員長には「最低。」「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の瀬々敬久監督。

瀬々顔写真

審査員のひとりには、「SR サイタマノラッパー」がこの部門でグランプリを獲得し、「22年目の告白 私が殺人犯です」など今や第一線で活躍する入江悠監督が!

過去の夕張の映像などを紹介する市民企画「ゆうばりシネマテーク」など多彩な企画の中でも、個人的には「6才のボクが、大人になるまで。」の監督に迫る「リチャード・リンクレーター 職業:映画監督」が気になります!

映画祭のイメージソングは、札幌在住のバンド・ブレエメンの「ファンファーレ」。 当日夕張会場に来て、演奏を披露するそう! 今年もにぎやかな5日間になりそうです。

DSC03649

詳しいスケジュールや企画、ゲストの映画人情報などは、公式サイトで随時アップされるので、ぜひチェックを。
映画祭の公式サイトはこちら

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017記者会見レポート

今年もこの時期がやってまいりました。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」!

640

3/2(木)~3/6(月)の開催を前に、

札幌で行われた記者会見の模様をレポートします。

DSC_0514

27回目を数える今年は、

NPO法人「北の映像ミュージアム」理事長の

作家・小檜山博さんが、実行委員長を務めます。

DSC_0421

「人生は1回きりだが、良い映画を観ることで何度でも生き直せる。北海道は、東京に次いでロケが多く、登場人物の人生観や思いを映し出せる背景を、北海道の文化や風土、自然は持っている。北海道の文化を考えるひとつの核として、この映画祭をもっと発展させてほしい」と挨拶されました。

DSC_0437

続いて、名誉大会長の鈴木直道・夕張市長が登場。

DSC_0458

「夕張のリスタート(再生)を象徴する映画祭になるはず。さまざまな方の支援でステージは整ったので、1人でも多くの方に足を運んでもらいたい」とアピールされました。

気になるラインナップですが、

今年は2会場・5スクリーンをメインに86作品を上映。

招待作品は8作品で、「心に吹く風」は富良野・美瑛ロケ!

main

(c)松竹ブロードキャスティング

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督の初の長編映画作品。

北海道の雄大な自然を背景にした大人のラブストーリーです。

実はこの作品、「力ある監督が撮りたい映画を自由に撮る」

「新しい俳優を発掘する」をテーマにした松竹ブロードキャスティングの

オリジナル映画プロジェクト。

「滝を見にいく」(沖田修一監督)「恋人たち」(橋口亮輔監督)

「東京ウィンドオーケストラ」(坂下雄一郎監督)に続く第4弾です。

また、「たたら侍」(錦織良成監督)は、

札幌出身の青柳翔さん(劇団EXILE)が主演を務めます。

1

(c)2017「たたら侍」製作委員会

ほかにも、見応えのある作品がズラリ。

hirune_main

(c)2017ひるね姫製作委員会

2

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

メインE24_7010

(C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

jackie_main

(c) 2016 Jackie Productions Limited

blank13正式横写真

(c)2017「blank13」製作委員会

もちろん今年も、クセのあるインディーズ映画から

アニメーション、短編まで多彩に用意。

恒例のストーブパーティーもあるほか、

俳優・國村隼さんを招いたトーク企画も予定。

なんでも会場では、コンペ部門のプログラミング ディレクターで

映画評論家・塩田時敏さん(札幌出身)の

オリジナルストラップも販売されるとか。

DSC_0489

詳しい上映内容やゲストの最新情報は

公式サイトでチェックしてみてください→こちら

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017の開催期間が決定!

北海道、全国でも有数の映画祭として知られる

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミュージアムメンバーも毎年参加&応援しております!

その来年の開催期間が決定しました。

2017年3月2日(木)~6日(月)。

会場は、合宿の宿「ひまわり」、ゆうばりホテルシューパロほか。

コンペティション部門などの作品募集もスタート。

詳細は公式サイト(こちら)まで。

全国の映画ファン&作り手の皆さま、

来年の冬、夕張で会いましょう!

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の見どころ④フォアキャスト部門も濃い!

2/25~29に開催される

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭。

ゆうばりポスター
©Kouji Tajima

上映作品90本や多彩なイベントの中から、

オススメをご紹介します!

今回はこちら。

④今年も濃厚!フォアキャスト部門

この部門は、邦画を中心に

面白い傾向や兆しをいち早くキャッチするのが目的。

ジャンル関係なく、〝楽しむ〟ことをテーマにしており、

ある意味最もファンタスティックな部門といえるかもしれませんね。

今年は20作品がラインアップ。

2014年の「太秦ライムライト」で注目を集めた

落合賢監督の「Dance!Dance!Dance!」

c58074f76630349f0e0f45b99da6dd58-580x250
(C)All Rights Reserved. Little Blood Productions.

松山ケンイチさん主演の「珍遊記-太郎とゆかいな仲間たち-」

の全国公開を控える山口雄大監督の「MAX THE MOVIE」。

95c9aa8c0479e87a244f81b0651223181-580x387
(C)AppBank株式会社・スタジオむらい株式会社

幼少時より俳優として舞台・ドラマ・映画などで活躍する

黒田勇樹監督の「恐怖!セミ男」

542a7236100429cc9f25088cd5b21cd31-580x326

初長編「くそガキの告白」が2012年ゆうばり映画祭で

審査員特別賞など4冠を獲得した鈴木太一監督の「若者よ」。

b746c9006398e31df3cff92f3b1dc3b4-580x326
(c)エビス大黒舎

「大阪外道」が2012年ゆうばり映画祭オフシアター・コンペ部門の

グランプリを受賞した石原貴洋監督が、

小林でび監督とタッグを組んだ「ゴーストフラワーズ」。

328710b6be7dacf25048098ebea3ac02-580x326

などなど…どれもクセがありそうで、

ここでしか出会えなそうな作品ばかり。

招待作品やコンペ部門もよいですが、

フォアキャスト部門で非日常の

映画体験を満喫するのもおすすめです!

※映画祭の公式サイトはこちら

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の見どころ③インターナショナル・ショートフィルム・コンペも多彩!

2/25~29に開催される

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭。

ゆうばりポスター
©Kouji Tajima

上映作品90本や多彩なイベントの中から、

オススメをご紹介します!

今回はこちら。

③インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門の多彩さ!

文字通り、国内外から集まった短編をピックアップ。

ホラーあり、アニメーションあり・・・の20作品が

プログラムA~Eに分けられて上映されます。

Bloody-winter-main-picture-580x326
「Bloody Winter」

cranetruck_photo_main-580x326
「Crane Truck」©2015 Shohei Masuda

s_fabric_cosmos-still_main-580x326
「宇宙ふろしき」

いろいろありすぎて目移りしちゃいますね。

笑い、喜び、悲しみ、怒り…

様々な感情がギュッと凝縮するのが

ショートフィルムの面白さ。

お気に入りの一作を見つけに、ぜひどうぞ!

※映画祭の公式サイトはこちら

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の見どころ➁オフシアター・コンペ部門も要チェック!

2/25~29に開催する

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭。

ゆうばりポスター
©Kouji Tajima

上映作品90本や多彩なイベントの中から、

オススメをご紹介します!

今回はこちら。

②オフシアター・コンペティション部門も要チェック

若手監督の登竜門的位置づけとなっているコンペ部門。

今回は、9作品がノミネートしています。

ikuta
「数多の波に埋もれる声」

Dre
「Dream Theater」 ACRAFT

bai
「バイバイ、おっぱい」

iro
「いろんなにおいのワカモノだ」

シーン写真を見ただけで、期待感が沸きませんか?

なかでも注目したいのは、こちら!

datu
©2016 HANA MATSUMOTO/MOOSIC LAB

「脱脱脱脱17」です。

監督・脚本・編集を担当した松本花奈さんは、

なんと現役女子高生!

中学生の頃から映像制作を始め、

初の長編監督映画「真夏の夢」が

昨年のゆうばり映画祭フォアキャスト部門で上映されたそう。

作品は、ある事情で、未だに高校生をやっている34歳のノブオと

クラスメートで嘘泣きが得意なリカコが繰り広げる

父親探しの物語だとか。

今年もまた、夕張から新しい才能が飛び出す予感! チェックを。

※映画祭の公式サイトはこちら

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の見どころ①特別招待作品の豪華さ!

いよいよ開催が迫ってきました!

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(2/25~29)。

ゆうばりポスター
©Kouji Tajima

上映作品90本や多彩なイベントの中から、

オススメをご紹介します!

今回はこちら。

特別招待作品部門の豪華さ

日本公開前のハリウッド大作や邦画など9作品がずらり。

ルーム
「ルーム」©ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

siawase
「幸せをつかむ歌」©2015 Tristar Pictures Inc. All Rights Reserved.

a-ro
「アーロと少年」© 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

なかでもユニークなのは、

「セーラー服と機関銃 -卒業-」(27日13:30~)

セーラー
©2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会

の上映に合わせて、

旧作「セーラー服と機関銃」(27日10:30~)が

公開35周年記念として特別上映されること!

se-ra-
©KADOKAWA 1981

薬師丸ひろ子さん主演の1981年版を監督した

相米慎二さんは、「魚影の群れ」「風花」など

北海道ロケの秀作を放った鬼才でした。

また、新作版で映画初主演した橋本環奈さんは、

〝1000年に1人の逸材〟〝天使すぎるアイドル〟と大人気!

今回、作品ゲストとして、俳優・長谷川初範さん、

劇団EXILE・秋山真太郎さんとともに会場に登場するそう。

ファンはもちろん、新旧見比べたい映画好きも必見です!

※映画祭公式サイトはこちら