35㎜映写機に寄せて~Hさんの思い出

7月上旬、北海道旅の途中に立ち寄られたHさんが、

館内に展示された映写機に感激し、

後日、ご自身の体験談をメールでお寄くださいました。

ご本人の了解のもと、その一部をご紹介します。

* * *

突然懐かしい機械に会い、驚きました。
高校時代、父が興業屋で
その手伝いで35mm映写機を回していました。
移動映画では箱形のランプ式、常設館(だいぶ以前に廃業)は
カーボンアークの大型機アメリカ製の
シンプレックスという機械でした。
(映写技師試験場もシンプレックスでした)

昼間は学校、夜は映写仕事で勉強は学校だけでした。笑
カーボンアークのカーボンロッドは初期点火後自動送りでしたが、
位置がずれるので絶えず監視修正が必要でした。
当時カーボンは2社で作られていましたが、
社はアーク色が安定しないと言う問題があったのを覚えています。

D70-21385

昔の映画ポスターを掲げる東京都青梅(おうめ)市(Hさんご提供)

また、三流館だったので、扱う映画は古い物ばかり。
傷んだフィルムの修正もひと仕事、映写中に切れることも度々、
シンプレックスは、映写画像安定のため大きな
フライホイールが付いていたので
スイッチを切ってもすぐ停まらない、
仕方なく高速で廻ってるそのフライホイールを手で停める
と言う神業も必要でした。

移動映画は、あちこちの青年団などに頼まれての野外映写でしたが、
電源事情が良くない時代で、
光源ランプを点灯すると電圧が落ちて映写速度が低下、
音声がモゴモゴになってしまうこと度々、その扱いも苦労しました。

築地の松竹本社にフィルムを取りに行ったりも私の仕事で
キャンバスの袋に入れたフィルム10~12缶を担いで運びました。
フジセントラルは同業者の映画館手伝いで扱ったことがあります。

なお、扱った大型映写機があったのは
現在の東京都羽村市(戦中は西多摩村)にあった「錦亀館」
という小さな劇場兼映画館。新聞屋さんが所有し、
そこを父が時々借りて、一晩だけ映画を上映していました。

* * *

まるでニューシネマパラダイスの世界!

映画の黄金期を親子で支えられたHさん、

貴重な思い出を、どうもありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

滝川の中学生がご来館!

ポカポカ陽気だった一昨日、

滝川の明苑中学校2年生グループが

開館直後からお越しくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宿泊学習で札幌を訪れたそう。

なぜこのミュージアムに?と尋ねたところ、

「映像系を勉強しています」とのこと。

館内展示品の目玉である2台の映写機を

興味深げに眺めていました。

映画の歴史の一端に触れ、どんなことを感じたのでしょう。

わざわざありがとうございます!

またいつか、ぜひ来てくださいね。

ある日の寄せ書きから

ミュージアム館内の中央にある机には、

こんなノートが置いてあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開館時から使っている寄せ書き帖。

ある日のコメントをいくつかご紹介します。

* * *

とてもなつかしく拝見しました。最高の気分です。ありがとうございます。2017/4/9)

貴重な資料の数々…。見応えがあります。入館料100円でも200円でも取られてはいかがですか? 黒澤明直筆手紙は「札幌遺産」に指定しても良いです。(男性、2017/3/26)

フラッと来ただけですが、いろいろと興味深くて楽しかったです。またゆっくり映画好きなお友達をつれて訪れたいと思いました。 (2017/3/4)

‘96のさっぽろ映画祭リターンズをボランティアでお手伝いしていました。竹岡先生のアルバムをめくると、当時の写真がたくさん出てきて、なつかしかったです。もちろん若い自分も。みんな今はどこで何をしているんだろう? (東京の男性、2016/8/16)

3、4年前より伺いたいと思っていました。やっとたどり着くことができました。(道に迷い、入口がわからず。方向オンチなもので)ありがとうございます。いっぱいいろいろなものをいただいて帰ります。 (愛知県の女性、2016/8/2)

3年連続の北海道一人旅!今回で道内鉄道すべて乗車予定。その後釧路からレンタカーを借りて「幸福の黄色いハンカチ」のロケ地をたどる予定。北の映像ミュージアム様のお陰でいろんな映画ロケ地(特に高倉健さん主演)を訪問することができ、感謝しております。これからも時々一人旅を行います。今日はホテルさっぽろ芸文館に宿泊します。 (山形県の男性、2016/6/28)

Thank you for the opporpdrty to visit this beautiful place,so clearly inspired by love of cinema.(この美しいミュージアムは、映画愛にあふれた素晴らしい場所です。ありがとう!) ※ミュージアムスタッフ和訳(スコットランドの夫婦、2017/2/2)

このミュージアムは、興味深く面白い。また、映画を見ることの可能性を知ることもなんと素晴らしいことでしょう! すべてのものがほどよく展示されている。喜多さんは素晴らしいガイドで北海道で作られた映画についての豊富な知識をお持ちです。素晴らしい時間を過ごすことができました。ありがとうございます。 (英語表記、※ミュージアムスタッフ和訳)

心とたましいのこもった仕事と、これに関わった人々の情熱に衝撃を受けました。  (コルサコフ市、サハリン州) (ロシア語表記、※スタッフの知人和訳)

* * *

コンサートやイベントのついでにふらりと立ち寄った方。

ここを目当てに、愛知や山形からいらっしゃった方。

さらには、海外からのお客様も!

皆さま、本当にありがとうございます。

お越しの際は、あなたもぜひ。

訪れた感想のほか、映画や北海道への思い、お叱りでも。

あなたの一言を、お待ちしております。

ちえりあ講座受講生の方々がご来館!

ミュージアム副館長の高村賢治氏が講師を務めた

札幌市民カレッジ2016年度冬期・ちえりあの学習ボランティア講座

「映像に見る北の風景~札幌(北海道)と映画~」。

最終回となる講座4回目が、3/22(水)に行われ、

受講生の方々がここミュージアムを見学にいらっしゃいました。

DSCN0584

当日、お手伝いをした学生スタッフのレポートです。

* * *

参加人数は20名弱。講座時間は2時間で、前半の1時間は館内見学。高峰秀子の展示から映写機、ロケ地マップまでたっぷりと高村さんが解説されました。

DSCN0581

後半の1時間は「なぜこんなにも多く北海道で映画が撮られるのか?」を題に、ロケ地マップを使って高村さんのスペシャル講座!『熊の出る開墾地』をはじめ、最近のアニメ映画作品までもを網羅した高村さんの情熱がこもった1時間でした。

DSCN0590DSCN0591

それでもなお「時間がまだまだ足りない。もっと話したかった!」と高村さん。映画の話をされているとき、高村さんの目の輝きが一段と増していたと思います。

* * *

ご参加くださった方々、ありがとうございました!

またぜひお越しください。

DSCN0572

来館者5万人を達成!

北の映像ミュージアムの累計入館者数が

10月8日午後、5万人に達しました!

ラッキーな5万人目の来場者は、

旭川市の主婦、横谷ナツ子さん(69)。

Exif_JPEG_PICTURE

小檜山博館長から記念品を贈られ、

「初めてきましたが、記念品をいただけるなんて」と大喜び。

早速、記念品の中の小檜山館長の著書に

サインをしてもらっていました。

横谷さんは、この日、隣のニトリホールで行われた

コンサートを聴き に来たのを機会に来館。

映画好きで、石原裕次郎や高倉健の大ファン。

昔の映画のポスターに見入って「懐かしいわ」と感嘆していました 。

昨年10月の4万人目から1年。

多くの方々にご来場いただきました。

これからもどうぞよろしくお願いします!

2015年振り返り⑦~来館者4万人を突破

10個のキーワードで2015年の

ミュージアムを振り返る企画第7弾。

今回のキーワードは「4万人」です!

PA0100361-300x225

10月1日、ミュージアムの来館者が4万人を突破!

ラッキーな節目の来場者に、

豪華プレゼントをお渡ししました。

PA010034-300x225

年間約1万人が訪れているミュージアム。

さぁ、あなたもぜひお越しください!

2015年振り返り②~映画ドラえもんの大杉宜弘監督来館

10個のキーワードで2015年の

ミュージアムを振り返る企画第2弾。

今回のキーワードは「映画ドラえもん」です!

dora_poster2015-211x300

国民的人気アニメ「ドラえもん」の2015年劇場版

「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」。

北海道出身の大杉宜弘監督が、5月、

ミュージアムにご来館下さいました。

P5180572-300x225

これまでの道のりから、長編映画・初監督の心境まで

インタビューさせていただきました。※記事はこちら

北海道から全国、世界へ。

新たな才能を、ミュージアムは応援します!

映画好きの学生スタッフが加わりました!

先日、嬉しい仲間が加わりました。

北海学園大3年の千葉健太くんが、

ボランティアの学生スタッフとして加わってくれたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

聞けばこの彼、相当の北海道ロケ映画好き!

なかでも高倉健さん好きで、

中標津ロケ「遥かなる山の呼び声」は何度も観てるそう。

若いのに意外なその理由を聞くと、

幼いころ北海道の地図が好きで、道の駅などを巡り、

続いてロケ地→映画の面白さ に気付いたとか。

北海道ロケ映画は400本以上。

これからもたくさんの発見があるでしょうね。

どうぞよろしくお願いします。

さらにこの日は、もうひとつ嬉しい出会いがありました。

「山田洋次監督の映画、僕も好きなんです」と

話しかけてくれたのは、この方(右)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都からお越しくださった立命館大学

生存学センター客員研究員の番匠健一さんです。

ネットで知り、わざわざ立ち寄ってくれたそう。

そのうち、午後当番の喜多義憲副館長が登場し、

館内に手紙が展示されている黒澤明監督や

さまざまな話題に発展!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミュージアムという「場」があればこそ、

こうした“化学反応”が起きるんだなぁと感じたひとときでした。

小樽ロケ「きみはいい子」出演・大橋千絵さんインタビュー!

先日ミュージアムにご来館くださった

札幌在住の役者・大橋千絵さん。

DSC_0124

インタビュー記事が、シアターキノサイトにアップされました!

無題

※記事はこちら

ミュージアムとのコラボ企画

「北の注目される役者たち」の連載第2弾です。

ちなみに24日(土)午後4時半からは、

シアターキノにて「きみはいい子」が上映!

冒頭、大橋さんと小林なるみさんのトークが行われます。

※イベント詳細はこちら

司会はミュージアムスタッフの私(アラタメ)が担当する予定。

どうぞお楽しみに!

札幌在住の役者・大橋千絵さんがご来館!

小樽ロケ「きみはいい子」に出演された

札幌在住の役者・大橋千絵さんが

先日、ご来館くださいました。

DSC_0124

これまでの道のりや映画出演について・・・

いろいろ伺いました。

詳細は、後日シアターキノサイトにてご紹介します。

ちなみに、「きみはいい子」をご覧になった方々、

彼女が何役か、わかりますか?

聞けば「あー!」と声が出る、ちょっと印象的な役どころでしたよ。