小樽市立菁園中の生徒さんがご来館!

閉館日が来週に迫った5月23日、

嬉しい来館がありました。

小樽菁園中学校の2年生グループが、

宿泊学習の一環で見学に来てくれたのです。

DSC05256

「始めるきっかけは?」

「北海道を舞台とした映画は何本あるのですか?」

「一番ヒットした作品は?」

「北海道で一番最初に公開された映画は?」

などなど、素朴な疑問に答える佐々木純理事長。

DSC05280

館内のロケ地マップやリストの記録が、

ばっちり役に立ちました。

DSC05332

DSC05325

小樽といえば、名作「Love Letter」の舞台!

最近では「きみはいい子」もロケされました。

わずかな時間でしたが、ここでの出会いが、

映画の魅力や北海道の再発見につながってくれれば。

これからが楽しみな嬉しいひとときでした。

011

来てくれた生徒さん、ありがとうございました!

映画「黒部の太陽」がつなぐ縁

ミュージアムの常連・Nさんが先日、

こんな映画資料を見せにお越しくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三船敏郎&石原裕次郎主演、映画「黒部の太陽」の宣伝素材です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

映画は〝世紀の難工事〟といわれた黒部ダム建設の苦闘を描き、

男たちのロマンとスケールの壮大さが大きな話題となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それにしても、すごい貴重な資料ばかり!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

興奮していたところ、たまたま居合わせたお客様が

「実は私は富山出身で…」と感激のご様子。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このお客様、実は数日前にもいらしてくださいました。

富山ゆかりの映画などを色々ご紹介下さり、

ミュージアムを応援してくださった映画好きの方なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地元ゆかりの映画にこんな風に巡り合うなんて、不思議な縁ですね。

これも、映画ファンが集う〝場〟があってこそ。

ミュージアムの意義を、改めて感じたひとときでした。

ちなみに、これら資料はNさんがお持ち帰りになりました。

ミュージアムには所蔵しておりませんのでご注意ください。

でも、いつか、きっと、Nさん資料展を開催したいです!

西嶋真司監督がご来館!

福岡県田川市の記録作家、

林えいだいさん(1933~2017)の生き方を描いた

ドキュメンタリー映画「抗い 記録作家 林えいだい」。

監督を務めた西嶋真司さんが先日、

ミュージアムにご来館されました!(写真左の方)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆっくりお話を伺えなかったのが残念ですが、

ばっちりサインはいただきました!

西嶋さんは、RKB毎日放送のディレクターとして

戦争を中心とするドキュメンタリー番組を製作。

本作は、福岡県筑豊を拠点に、北九州の公害運動をはじめ、

朝鮮人強制労働、炭鉱・港湾労働、戦争の実相など、

歴史に翻弄された人々をテーマに健筆を揮ってきた

林さんに密着。セロテープでペンを指に巻き付けながら

懸命に記録を残す彼の姿に迫ります。

残念ながら林さんは2017年9月1日、

肺がんのため死去されましたが、この映画は

第23回平和・協働ジャーナリスト基金賞大賞を受賞。

現在も全国で上映されています。

映画の公式サイトはこちら

東京フィルムセンター主任研究員の岡田さんがご来館!

東京国立近代美術館フィルムセンター。

映像・映画を専門とする、国内唯一の国立機関です。

その主任研究員、岡田秀則さんが、

11/3、ご来館くださいました(写真左)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新千歳空港でのアニメーション映画祭参加で来道し、

この機会に札幌まで立ち寄ってくださいました。

館内の展示物を熱心にご覧になる岡田さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フィルムセンターは、

映画の博物館・資料館としての役目も果たしており、

小さいながらも、

ここミュージアムの現状や課題などを調査。

資料収集や保存、公開に関する

情報交換をさせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

映写技師の理事も同席し、

映写機の専門的な話題で盛り上がる一幕も。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうした人的ネットワークを大切に、

ミュージアムを発展させられれば、と思います。

聞けば岡田さん、ミュージアムから空港に戻り、

すぐ東京に戻られたそう。

わざわざ足をお運びくださり、ありがとうございました。

今度は、北海道の美味しい食べ物や風景も、

楽しんでくださいね!

士別市・テアトル銀映の映写機に寄せて~池田さんの思い出

ミュージアムの入口にどっかり置かれた

今や希少な「35ミリ映写機」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戦前から1960年代にかけて

主に使われた「カーボンアーク式」で、

士別市にあった「テアトル銀映(銀映劇場)」

から、譲り受けました。

その映画館に「高校時代、通いました」という

来館者さんのエピソードをご紹介します。

江別にお住まいの池田さん。

剣淵出身で、士別高校に通った3年間、

「この劇場で、いろいろな映画を観ました」とのこと。

当時、入場料は150円。

「お小遣いの範囲」で足を運び、

「アラビアのロレンス」などの大作に胸躍らせ、

「リサの瞳のなかに」(1962年のアメリカ映画)などの

青春ラブストーリーに心を奪われ・・・

中でも「エデンの東」を観たときは、

「一週間くらいぼーっとしてました(笑)」とのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青春時代の思い出深い映画館の映写機と

ここで出会って驚くやら、嬉しいやら。

素敵な映画体験をたっぷりお聞かせ下さいました。

 

この映写機は、2014年、

移動費を寄付で集めるなど、一年掛かりで準備し、

士別からミュージアムに運び込まれました。

こうして喜んでいただけると、その甲斐があったというもの!

皆さんもぜひ、迫力満点の映写機に会いにきてください。

来館者6万人を突破!

2011年に開館して以来、6年となる北の映像ミュージアム。

昨日10/13には、通算の来館者が6万人を突破!

記念すべき6万人目の方に、プレゼントを贈りました。

DSC02750

ラッキーな来館者さんは、東京の会社員・中澤雄大さん。

親戚の法事で来道し、札幌・近代美術館の

ゴッホ展を見た帰りに立ち寄ってくださったそう。

学生時代には年間400本(!)を見るほどの映画好き。

ミュージアムにもすでに2回来たことがあったそうで、

この日も熱心に資料を手にとっておられました。

DSC02767

「映画は人生を教えてくれます。

北海道を舞台にした作品やロケ地のことを

色々知りたくて足を運びました。光栄です!」と嬉しいお言葉。

さらに、「北海道の文化を考える上で、ミュージアムは重要な場所。

映画好きには最高のスポットです!」とのこと。

ちなみに、お好きな1本を伺ったところ、

即、「函館ロケの海炭市叙景ですね」とのお答え。

スタッフ・新目も携わった作品で、嬉しい限り!

お仕事やプライベートで何度も北海道には足を運ばれているそうで、

我々スタッフと共通の知人や話題で盛り上がりました。

なお、プレゼント内容は、

ミュージアム編の書籍「シネマの風景」
書籍「ほっかいどう映画館グラフィティー」
函館ロケ映画「オーバー・フェンス」DVD
ミュージアムのオリジナルロケ地マップ の4点です。

これまで足を運んでくださった方々、

ご支援くださっている方々へ感謝を込めて。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

県立広島大の矢澤教授がご来館下さいました

皆さん、広島にある

「おのみち映画資料館」をご存知ですか。

1

※公式サイトはこちら

その運営などに携わる

県立広島大学経営学科の矢澤利弘教授が

先日ご来館くださいました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「国内映画資料館の実態調査による

文化施設マネジメントの比較研究」

というテーマの研究の取材とのこと。

ミュージアムの取り組みや現状、課題を

ざっくばらんにお話したところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

嬉しいのは、今後、連携もできれば!

というご提案があったこと。

未来に開かれたミュージアムであるために。

こうした関連施設とのつながりが広まればと思います。

ちなみに、矢澤教授は、

イタリアン・ホラー映画の研究者でもあるそう。

ベストワン作品を伺ったところ、

ダリオ・アルジェント監督の

「サスペリアPART2」というお答えをいただきました!

ダリオ監督研究本も執筆されてるとか。

ぜひお手に取ってみてください!

35㎜映写機に寄せて~Hさんの思い出

7月上旬、北海道旅の途中に立ち寄られたHさんが、

館内に展示された映写機に感激し、

後日、ご自身の体験談をメールでお寄くださいました。

ご本人の了解のもと、その一部をご紹介します。

* * *

突然懐かしい機械に会い、驚きました。
高校時代、父が興業屋で
その手伝いで35mm映写機を回していました。
移動映画では箱形のランプ式、常設館(だいぶ以前に廃業)は
カーボンアークの大型機アメリカ製の
シンプレックスという機械でした。
(映写技師試験場もシンプレックスでした)

昼間は学校、夜は映写仕事で勉強は学校だけでした。笑
カーボンアークのカーボンロッドは初期点火後自動送りでしたが、
位置がずれるので絶えず監視修正が必要でした。
当時カーボンは2社で作られていましたが、
社はアーク色が安定しないと言う問題があったのを覚えています。

D70-21385

昔の映画ポスターを掲げる東京都青梅(おうめ)市(Hさんご提供)

また、三流館だったので、扱う映画は古い物ばかり。
傷んだフィルムの修正もひと仕事、映写中に切れることも度々、
シンプレックスは、映写画像安定のため大きな
フライホイールが付いていたので
スイッチを切ってもすぐ停まらない、
仕方なく高速で廻ってるそのフライホイールを手で停める
と言う神業も必要でした。

移動映画は、あちこちの青年団などに頼まれての野外映写でしたが、
電源事情が良くない時代で、
光源ランプを点灯すると電圧が落ちて映写速度が低下、
音声がモゴモゴになってしまうこと度々、その扱いも苦労しました。

築地の松竹本社にフィルムを取りに行ったりも私の仕事で
キャンバスの袋に入れたフィルム10~12缶を担いで運びました。
フジセントラルは同業者の映画館手伝いで扱ったことがあります。

なお、扱った大型映写機があったのは
現在の東京都羽村市(戦中は西多摩村)にあった「錦亀館」
という小さな劇場兼映画館。新聞屋さんが所有し、
そこを父が時々借りて、一晩だけ映画を上映していました。

* * *

まるでニューシネマパラダイスの世界!

映画の黄金期を親子で支えられたHさん、

貴重な思い出を、どうもありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

滝川の中学生がご来館!

ポカポカ陽気だった一昨日、

滝川の明苑中学校2年生グループが

開館直後からお越しくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宿泊学習で札幌を訪れたそう。

なぜこのミュージアムに?と尋ねたところ、

「映像系を勉強しています」とのこと。

館内展示品の目玉である2台の映写機を

興味深げに眺めていました。

映画の歴史の一端に触れ、どんなことを感じたのでしょう。

わざわざありがとうございます!

またいつか、ぜひ来てくださいね。