SSFレポート④~アワードセレモニー

昨日閉幕した札幌ショートフェスト。

16日に行われたアワードセレモニーの様子を

北海道関連を中心にご紹介します。

まず発表されたのが、「クワトロDシネマ」。

これは、来春放送予定のTV番組の監督4人を決める新コンテスト。

※詳細はコチラ

11人の中から選ばれたのは・・・

笹木恵水監督(「約束のネイロ」)、稲田恭平監督(「NEGi」)

小山赤理監督(「Buffet」)、谷英紀監督(「現の軌跡」)です!

さらに、ローソン特別賞に、

島田英二監督(「ポッピングガール」)が選ばれました。

谷監督は欠席でしたが、ほか3人は喜びをコメント。

「私にとって宝物のような作品。嬉しいです」と笹木監督。

「感謝しています」と稲田監督。

「出品して良かったです」と小山監督。

4監督の新しい作品は、来春、放送予定。乞うご期待を!

続いて、アミノアップ北海道新人監督賞に選ばれたのは、

「スノウリバーのシャロン」の杉山りょう監督。

また、札幌市平和賞は「大きな樹」の黒木智輝監督が受賞しました。

そして、初音ミクの札幌誕生5周年を記念して行われた「CGMアワード」。

審査員を務めたマイケル・マリアス監督(「鉄コン筋クリート」)が、

プレゼンターとして登場しました。

優秀賞の「僕はロボット」のsayka監督が

可愛い赤ちゃんと一緒に登壇し、喜ぶ場面も。

最優秀北海道作品賞は、「うごくえこよみ」に決定。

賞状を手にあいさつする松井雅也監督。

北海道在住の横須賀令子さんの描く

墨絵アニメーションが美しい作品でした。

そのほかの受賞作品については公式HPをどうぞ。

ちなみに、フィルムメーカー部門でグランプリに輝いた

ヨハネス・二ホーム監督。

ヨハネス監督は、作品部門に出品した

「ラス・パルマス」も最優秀編集賞を受賞!

「アリガト」という日本語のスピーチに拍手が沸いていました。

また、「ストレンジャー」のソー・ジョン・シン監督。

最優秀女優賞&最優秀学生監督賞に輝き、

審査員の小林武史さんからも「驚いた」と絶賛されていました。

そして、「転校生」の金井純一監督。

最優秀監督賞&最優秀国内作品賞のW受賞を果たしました。

金井監督は、来夏公開予定の柳楽優弥さん主演の

長編作でデビューされるそう!

最終日のN-Aプログラム上映のティーチインでは、

「いつか北海道でも撮りたい」とコメントされていたので、

その日を楽しみにしています!

セレモニーでは、審査員を務めた

クァク・ジェヨン監督(「僕の彼女はサイボーグ」など)、

作家のローラ・アルバートさん(「サラ、いつわりの祈り」原作者)、

映画プロデューサーのニック・ゴールドスミスさん、

音楽家の小林武史さん、

アナウンサーの五十嵐いおりさんが

代わる代わる登壇し、受賞者を発表。

山岸正美実行委員長とともに壇上に並び、

6時間に及んだ審査の充実感、作品の感想などを語りました。

最後は、審査員と出品作家たちの記念写真タイム。

緊張がほぐれたのか、みなさんいい顔されていますね。

さて、6日間にわたって繰り広げられたショートフィルムの祭典。

みなさん、いかがだったでしょうか。

長編映画とは一味違う映像の魅力を味わえ、

新しい才能を発見できる札幌発のこのイベントを、

これからもミュージアムも応援しようと思います!

SSFレポート③~クワトロDシネマ

多いに盛り上がったオールナイト上映を終え、

札幌ショートフェストは本日15日で4日目。

明日のアワードセレモニーに向けて、ますますヒートアップしています。

さて、昨日14日には、注目の新企画のプログラムが開催されました。

題して「Quatro d cinema(クワトロDシネマ)」!

これは、北海道出身の監督・クリエイターを応援しようと、

映画祭のコンペとは別枠のコンテストとして初めて実施。

審査の結果、選ばれた4人の監督は、

新たにテレビ公開用のオムニバス映画の作品を制作し、

2013年春に道内民放局にて放送&ネットで公開予定とのこと。

これは、映像を志す人にとってビックなチャンス!

この日は、ノミネートした11作品が上映され、

監督全員が壇上に並びました。

トライアル作品という位置づけの今回の応募作品は、

「女性の存在感が感じられる」

3~5分のオリジナル作品というのが条件。

監督たちは、制約付きの作品作りの難しさ、

撮影の様子などを振り返っていました。

トーク順にご紹介すると・・・

「NEGi」の稲田恭平監督。

「恐怖!怨猫の怪異」の細野牧郎監督。

「聞こえないメロディ」の中村啓一監督。

「現の軌跡」の谷英紀監督。

「Buffet」の小山赤理監督。

「言葉は行方知れず」の箱崎慈華監督。

「ポッピングガール」の島田英二監督。

「leave(s)」の山口洋介監督。

「フォール」の芳井勇気監督。

「7月7日」の杉山りょう監督(右)と、

「約束のネイロ」の笹木恵水監督(左)。

中央のリーゼント姿の男性は、「7月7日」に主演された方です。

同じ条件でも、作り手によって生まれる作品は千差万別。

その面白さを感じ、新しい才能を発掘できる貴重な機会となりました。

審査結果は、あすのアワードセレモニーで発表とのこと。

誰が入賞するのか、楽しみですね。

来年も継続予定というこの取り組み。

全道デビューのきっかけとして、志ある若者に

どんどん挑戦してもらいたいと思います。

* * *

ちなみに同日、クワトロDシネマど同時刻、

別会場では「フィルムメーカーズミーティング」が行われました。

参加監督と交流できるこの場にも、ミュージアムスタッフが参加!

『After 3.11』プログラムで上映された

恵庭市で制作された「二本松を知ること」の

山田裕一郎監督もいらっしゃいました。

この『After 3.11』は、本日15日午後3時~も上映予定。

ぜひどうぞ。

SSFレポート②~北海道オフシアター2

今日も暑かった札幌です。

札幌ショートフェスト2日目の13日。

北海道関連の企画では、

北海道のミュージシャンの魅力を最大限に引き出した

映像と音楽のコラボを発信する「北海道ミュージックビデオ」と、

道内ゆかりの作家の作品をセレクトした

「北海道オフシアター2」が開催されました。

「あかるい窓」の細野牧郎監督が登場。

主演の高野さんと一緒に、作品について語りました。

あす金曜日はオールナイト上映もあり!

イベントもますます盛り上がりを見せそうです。

* * *

さて、本日14日の北海道関連の上映スケジュールはコチラです↓

北海道出身の監督&クリエイターが集結する
「クワトロDシネマ」/11:00~@札幌プラザ2・5(無料です!)

『After3.11』/19:00~@札幌プラザ2・5
※恵庭市で製作された「二本松を知ること」(山田裕一郎監督)、
シアターキノが企画した「福島からのメッセージ」(是枝裕和監督)が上映

SSFレポート①~北海道オフシアター1

12日から始まった札幌ショートフェスト。

すでにたくさんのお客さんが訪れ、

フィルムメーカーや映画ファンが集まる場になっています。

メイン会場は札幌プラザ2・5ですが、

期間中は特別上映会場のシアターキノでも

「ジャパン・オフ・シアター」と題して

国内応募の優秀作品が上映されています。

初日の12日には、北海道の映像クリエーターによる作品を集めた

「北海道オフシアター1」が上映されました。

本上映の裏にも関わらず、多くのお客さんが入り会場はほぼ満席。

上映前には監督たちが集まり、挨拶も行われました。

「star train」の林紗彩香監督

「この映画を作ったのは音楽活動をしている
友人の曲を聞いたのがきっかけでした。
家電量販店に並んでいたたくさんのテレビをモチーフにしています」

「まどぎわのはなし」の阿部静監督

「大学の卒業制作で作った作品で、
セル画に油絵の具で描いて作った作品です」

以前ミュージアムでも上映した

「命の樹」のアシスタントプロデューサー大澤夏美さん

「昨年度のこども映画制作ワークショップで制作しました。
発寒商店街で撮影を行い、
子供たちがスタッフやキャストを務めた作品です」

「恋についての短編 -失恋-」の箱崎慈華監督

「友人と企画した上映会がきっかけで、
恋についての短編映画をいくつか制作しました。
その中から、今回は失恋をテーマにした作品を上映させていただきます」

「Perfect One Room」の平舘銀河監督

「大学のゼミのメンバーを中心に制作し、
プロのスタッフにもお手伝いをいただき完成させた作品です」

そして、ミュージアムでも何度かご紹介した

「SCAM」の島田英二監督

「友人が実際に体験した
振り込め詐欺にまつわる体験をベースに映画にしたものです。
実際に北海道で起きた事件です。ぜひ楽しんで観てください」

制作のきっかけや作品に対する気持ちなど

より作品を楽しめるようなエピソードも語られました。

上映された8作品のほとんどは、若いクリエーターによるもの。

来年のコンペやこれからの活躍も期待できそうですね。(柴田)

札幌ショートフェストが開幕!

本日いよいよ、第7回札幌国際短編映画祭が開幕しました!

札幌プラザ2・5とシアターキノを主会場に、

17日(月)まで多彩なプログラムを展開します。

開幕前夜の昨日は、レセプションパーティーも開催。

審査員のローラ・アルバートさん(右)と五十嵐いおりさんがあいさつし、

映画祭への思いを語りました。

会場には地元の映像作家の方々や、

映画祭を応援するさまざまな方が集まる中、

若手グループを発見!

「命の樹」(ミュージアムにDVDもあります)を製作した

札幌の中学生たち&早川渉監督(右)です。

また、北海道セレクションで上映される

「へいたいがっこう」の伊藤早耶さんも登場。

シアターキノ20周年企画以来です。

そして、キッズアニメーションで上映される

「バーチェとチェーチェともりのようせい」の

制作をしたキュウイフィルムの斎藤栄子さん。

サイン入り絵本をご寄贈くださいました!

こうした華やかなパーティーを終え、本日開幕した札幌ショートフェスト。

初日、早速「北海道セレクション」プログラムに参加しました。

北海道ゆかりの映像6作品を上映した後、監督たちが登壇。

観客から質問が出るなど、スクリーンを超えた交流ができるのも、

こうした映画祭ならではの楽しみだと思います。

その後、シアターキノでの「北海道オフシアター1」にも参加。

こちらも、監督たちがずらっと整列。

作品への思いを語った後、観客と一緒に鑑賞を楽しみました。

* * *

さて、あす13日の北海道関連の上映スケジュールはコチラです↓

「北海道ミュージックビデオ」/11:00~@ 札幌プラザ2・5

「北海道オフシアター2 」/21:00~@シアターキノ

どうぞご参加ください!

12日から札幌ショートフェスト!②

いよいよ明日スタートする

「第7回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)」

今回は、北海道ゆかりの企画をご紹介します。

* * *

①身近な作家を応援!「北海道セレクション」
会場/札幌プラザ2・5
上映スケジュール/12日19:00~、16日14:00~、17日17:00~

文字通り、道内在住またはゆかりの作家の6作品をチョイス。
作品部門の審査対象プログラムでもあるので、
受賞の行方についてもご注目ください。

作品はコチラ↓

「へいたいがっこう」 伊藤早耶さん
※シアターキノ20周年企画でも上映されました!

「約束のネイロ」 笹木恵水

「うごくえこよみ」 松井雅也

「Backwash」 田端志津子

「スノウリバーのシャロン」 杉山りょう
※ご本人が業務試写に登場してアピールされていました!

「party」 片岡翔
※インタビューにもご協力いただいた片岡さん。要チェックです!

②まだまだあります!「北海道オフシアター」
会場/シアターキノ
応募作品の中から、北海道ゆかりの作家の作品をセレクト。
これからの映像業界を担う才能を見つけるチャンスです!

作品はコチラ↓

●北海道オフシアター1
上映スケジュール/12日21:00~

「恋についての短編-失恋-」 箱崎慈華

「Perfect One Room」 平舘銀河

「star train」 林紗綾香

「げっこもっこ」 斉藤奈津子

「まどぎわのはなし」 阿部静
※シアターキノ20周年企画でも上映されました!

「命の樹」 安念ひとこ、坂本優乃、
七戸雅子、福田さとみ、ラトール斗士治
※中学生のワークショップ作品です。ぜひどうぞ!

「SCAM」 島田英二
※インタビューでご協力いただきました!応援!

「bone animation」 千葉麻美

●北海道オフシアター2
上映スケジュール/13日21:00~

「あかるい窓」 細野牧郎

「Ohayo Sapporo」 Seong-jun Kim

「ヒゲとりぼん」 片岡翔
※シアターキノ20周年記念でも上映されました!

③日本で、世界で活躍!北海道の映画人
北海道枠を超え、通常のプログラムに出品されている作品もいろいろあります。パンフレットでも「日本(札幌)」などと明記しているので、ぜひチェックしてみてください!

作品はコチラ↓

「二本松を知ること」 山田裕一郎
※『After3.11』のプログラム作品。恵庭市で制作されました。

「福島からのメッセージ」 是枝裕和
※『After3.11』のプログラム作品。シアターキノが企画したそう。

「北海道ミュージックビデオ」
会場/札幌プラザ2・5
上映スケジュール/13日11:00~
※北海道のミュージシャンやクリエイターによる映像・音楽のコラボ。

「バーチェとチェーチェともりのようせい」 阿部勝敏
※「キッズアニメーション」プログラムで上映。

このように、北海道ゆかりの作品だけでも見どころ盛りだくさん!

ほかにも、海外、国内の秀作がいろいろあるので、

ぜひ会場でお気に入りの一本を探してみてください。

12日から札幌ショートフェスト!

9月、映画イベントが盛りだくさんの札幌です。

我々ミュージアムの「シネマの風景フェス」、

キューバ映画祭に続き、12~17日に行われるのは

「第7回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)」!

北の映像ミュージアムでも、

札幌で開かれる数少ない映画祭として応援していきます!

見どころを、2回にわたってご紹介いたします。

* * *

①国際映画祭ならではの規模

今年は、世界93の国と地域から、2723本もの映画が応募されました。
マケドニアやウガンダなど初めてエントリーされた国の作品も多く、
ますます映画祭の規模が広がっています。

②上映作品のジャンルの幅広さ

ドラマ、コメディ、ホラーなど作品自体のジャンルはもちろん、
アニメーションやドキュメンタリー、ミュージックビデオなど
映像作品としてのジャンルも多種にわたります。
興味を持った作品のプログラムを見に行くと、
ノーマークだった映画から素晴らしい映画を
見つけることができるかもしれません。

③充実した特別プログラム

北海道セレクション(コンペティション部門)をはじめ、
今年は東日本大震災をテーマにした映画の特集上映「After.3.11」、
初音ミク5周年を記念した「CGMアワード」、
他国の映画祭から秀逸な作品をセレクトした特集上映も組まれます。

今年の国際審査員は

クァク・ジェヨン
(映画監督:「僕の彼女を紹介します」、「僕の彼女はサイボーグ」)、

ローラ・アルバート
(作家:「サラ、いつわりの祈り」、映画「エレファント」オリジナルスクリプト)、

小林武史(音楽家:Mr.Childrenプロデューサー)

ほか、 豪華なゲストを招き、メビウス(グランプリ)を決定します!

今年の札幌ショートフェストも、とにかくプログラムに富んでいて、

とてもここでは全て紹介しきれません・・・。

しかし、誰もが楽しめることは間違いなし!

この夏最後のイベントとして、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ミュージアムでは、北海道作品を中心にレポートしていきます!(柴田)

キノ企画レポート!札幌ショートフェスト北海道セレクション

昨日に続き、札幌ショートフェストの話題をご紹介。

シアターキノ20周年を記念し、札幌在住&出身の

優れた作家を紹介した「札幌ディレクターズ」。

最終日の7月27日(金)に開催された札幌国際短編映画祭

(通称・札幌ショートフェスト)の北海道セレクションのレポートです!

多彩な8作品が上映されました。

最初に上映したのは、「GAKI 琵琶法師」。

横須賀令子さんの作品です。

墨絵を使った幻想的なアニメーションで、

音楽と融合した独特な世界観に引き込まれました!

★ちなみに、この横須賀さんの墨絵を使った
松井雅也監督のアニメーション「うごくえこよみ」が、
今年の札幌ショートフェストで上映されます。チェックを!

次は、2008年にサンダンスでも上映された

時代劇ミュージカル「花魁ノ詩」(小川亮輔監督)。

そして、「ナゲイレ」のくつした企画・黒田拓さん。

生け花をモチーフにしたシリアス&コミカルな内容に、

客席からは笑いがこぼれておりました。

また、「注意書き」の児玉潤二郎さん。

作品の経緯を語っておりました。

次は、「告白-Life is cinema」(芳井勇気監督)。

そして、「近すぎる空」のデニス・クインさん。

札幌で今後も活動したい想いを語っておりました。

次は、「おかえりいつか」の渡辺寿宣さん。

小樽を舞台にしたミュージックビデオです。

最後に、「び じょ」の蓑輪俊介さん。

トークの司会役の久保俊哉プロデューサーから

次作への期待が伝えられました。

今回ご紹介された8作は、どれも見応え十分!

機会があれば、ぜひご鑑賞ください。

第7回札幌国際短編映画祭は9月12日(水)~17日(月)。

詳細はコチラです。

札幌ショートフェストの業務試写に参加!

ミュージアム一周年記念イベント

「シネマの風景フェスティバル」(9月1~7日) 

の開催が近づく中、同じく9月の12~17日に行われる

「札幌国際短編映画祭(通称・札幌ショートフェスト)」の

業務試写に昨日、参加してきました!

このイベントは、若手育成、相互理解、平和の創造などを目的に、

ショートフィルムの魅力と可能性を発信する札幌発の祭典。

7回目の今年は、世界93カ国の国と地域から

なんと2723本(!)の応募があったそう。

その中から、選び抜かれた選りすぐりの約80本を上映!

ラインアップを見ると、とにかくバラエティ豊富で

多彩な作品が楽しめることがわかります。

この日は、山岸正美実行委員長(右)と久保俊哉ディレクターが

見所などを説明し、数本の試写が行われました。

途中、「北海道セレクション」部門で上映される

「スノウリバーのシャロン」の杉山りょう監督が登場。

札幌在住の杉山監督は、

「ショートフィルムというジャンルの認識が広まるよう、

今後も制作していきたい」と語ってらっしゃいました。

ショートフィルムの作品同様、このイベント内容も濃いため、

今後、北海道関連を中心に見所をご紹介いたします。

笑い、涙、怒り、悲しみなど人生ドラマが凝縮する

ショートフィルムの世界を、ぜひこの機会にお楽しみください。

イベントの公式HPはコチラです。

9月に開催!札幌ショートフェス2012

本日は、札幌の映画イベント情報をご紹介。

9月12日(水)~17日(月)に開催される

「第7回札幌国際短編映画祭2012

(通称・札幌ショートフェス)」です!

ポスターとチラシが届きましたので、

さっそく館内に掲示しています。

イベントチラシのほか、作品募集フライヤーも!

映像作家を目指す方にとっては、

きっと大きなチャンスになるはず!

ぜひミュージアムでフライヤーをゲットしてくださいね。

この札幌ショートフェス。

私は昨年初めて参加しましたが、

とっても濃~い内容。

たった数分間に、喜び・悲しみ・怒り・笑いなど

さまざまな人生ドラマが詰まった力作を堪能できます。

最新情報は公式HPをどうぞ↓

http://www.sapporoshortfest.jp/

ぜひ、ミュージアムとともに、

この札幌ショートフェスにも足をお運びください!