ゆうばり映画祭特集⑥ 北海道ロケトーク~その6

6回にわたってご紹介した

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」(2月21~25日)

トークイベント「北海道ロケトークスペシャル

~映画が地域に出来ること、地域が映画に出来ること」。

リポート最終回をどうぞ。

* * *

司会/澤田さん、面白かったですね。

ゆうばり映画祭・澤田直矢さん(以下、澤田)/ここまでバリエーションがあるとは・・・改めて、映画って自由だな、と感じました。

司会/さらに皆さんから、一言ずついただきましょう。

「スイート・ハート・チョコレート」の篠原哲雄監督/地域ならではのチカラ、北海道独自のチカラもあるけれど、やっぱり「人」なんですね。北海道の方とは、ロケの後もコミュニケ―ションが続いているんです。それは、映画への愛情もあるだろうし、今回のイベントのように、映画祭でもつなげていこうとする動きなど、とにかく「人」が大切。函館も夕張も、またロケに来たいと思うのは、映画に対する「人」の愛着に魅かれてる部分が大きいです。

「じんじん」・深津修一プロデューサー/映画作りは、お金集めが本当に大変なんです。「志」だけでやって失敗すると、本当に辛いし、実際わたしは多額の借金も背負っています。いま日本映画は年間600本以上作られていて、公開は400本ほど。知名度のない原作を映画化しても勝てない現状です。それでも、既存の映画館だけに頼らず、地域の人と一緒に!という意気込みで、北海道のテーマを自分たちで映画にする取り組みを続けたい。地方から発信したいと思っています。「じんじん」、応援してください。

「探偵はBARにいる2」・須藤泰司プロデューサー/ちなみに、僕が言うのも何なんですけど、深津さんの関わった「レオニー」も、「ピアノ・レッスン」みたいな雰囲気で、非常に好きな映画。もっと多くの人に見られてしかるべき作品だと思います。僕は札幌で生まれ育った人間なので、もっと素敵な作品が北海道で撮られればいいな、と思っています。「探偵」は、札幌に腰を落ち着けてシリーズ化し、「北海道の映画」として、映画史の片隅においてもらえる作品にしたいと思っています。

さっぽろ産業振興財団・一橋基さん/このメンバーで、唯一わたしだけが映画の作り手ではなく、地域代表。産業振興の観点から、コンテンツ特区に取り組んでいますが、映画が地域にくることは、地域を元気にするんです。今後は、ただ地域が映画を待つだけではなく、売りたいもの、見せたいものを映画の中に取り入れてもらう、映画作りにより関われる、応援できるようになればと思っています。

「しあわせのパン」・鈴井亜由美プロデューサー/北海道には景色や食だけでなく、家具や食器などの「プロダクツ」も素晴らしいものがあります。一橋さんがおっしゃったように、そうしたものを伝え、北海道の魅力を詰め込むことで、コンテンツ産業だけでなく、ほかの産業にもつながっていくはず。北海道のプロダクションとして、道民を応援する映画作りを続けていかなければと思います。

司会/ありがとうございました。苦労話から希望に満ちた話まで伺いましたが、最後に澤田さんいかがですか?

澤田/実は、今後もまだまだ北海道ロケの新作が公開される予定です。暗いニュースも多いですが、これだけの想いを持って映画を発信することに、希望を感じました。

(おわり)

ゆうばり映画祭特集② 北海道ロケトーク~その2

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」(2月21~25日)

トークイベント「北海道ロケトークスペシャル

~映画が地域に出来ること、地域が映画に出来ること」

リポート第2弾をどうぞ。

* * *

澤田直矢さん(以下、澤田)/深津さんは(映画配給会社)「プリズム」の社長さんで、いつもゆうばり映画祭を縁の下で支えてくれています。そのうち、僕らの知らないところで映画を作っていて、今回ようやく「じんじん」をこの映画祭で上映することができました。ご活動から、北海道にこだわってらっしゃるのかな、と思いますが、いかがでしょう?

「じんじん」プロデューサー・深津修一さん(以下、深津)/自分が撮りたくてしょうがない、というよりは、いろんな関わりの中でやらざるを得ない状況になるんです(笑)。「レオニー」は7年、「エクレール お菓子放浪記」は3年、今回の「じんじん」も3年、企画に時間がかかっています。金集めも苦労しますし、配給も決まっていない中での挑戦が多く、だいたいこういう風に映画を作ると負けるんですが(笑)、最近の「消費財」のような映画ではないものを作りたいと思っています。自分も映画が好きで、10代のころから観続けていますが、「観る」のと「作る」のは全然感覚が違う。ちなみに、ゆうばり映画祭には17年間関わっていて・・・澤田さん、苦しかったよね。

澤田/ありがとうございます。ちょっと泣きそうになりました。

司会/そうする中で、今回の「じんじん」は父と娘のストーリーです。実は、ロケ地の剣淵町を僕は知りませんでした。オールロケなんですね。

深津/すべて実在の地名で登場します。剣淵では映画ロケなんて初めてのこと。後から知ったのですが、地元の住民の方々は、イメージダウンも恐れていて、「もし変な映画だったら、映画はなかったことにしよう」なんて思っていたようです(笑)

司会/それは、ご当地映画のある種「きびしさ」でもありますよね。

深津/でも、町じゅう皆で応援してくれました。監督は相当プレッシャーだったと思いますが。

司会/絵本の館を舞台にした、絵本作りの話になっていくわけですが、実際、現場の撮影は?

深津/僕は基本的に現場には行きませんが、初日までにいろいろゴタゴタあったんです。初日にロケのトラックがひっくり返ったり、雨が降ったり…。一体どうなるかと思いましたけれど、逆に初日で悪いものはすべて出てしまったようで、最後のロケ日には、タイミング良く晴れてくれました。

司会/ご当地映画としての強い立ち上がりがあるようですが、応援体制はいかがでしたか?

深津/素晴らしい、の一言です。町長はじめ、町民皆で応援してくれました。そもそもの始まりは、大地さん企画・主演の「恋するトマト」という映画の上映で、剣淵町を取材したこと。「映画を作ってほしい」と言われて、何回か足を運ぶ中で、脚本ができてきました。

司会/ということは、剣淵のための、オリジナルストーリー?

深津/はい。観客に「剣淵ってどういうまち?行きたい!」と思わせてくれるものになったことが、大きな成果だと思います。

司会/僕もそう思いました!

深津/北海道の人間ですら、剣淵がどこにあるのか知らない人もいます。でも、このまちには、現代の日本にはない要素がある。映画を観て、本来あるべき地域の姿を感じてほしい。それが少しでも伝わればこの映画は成功だと思います。

司会/今後の上映スタイルも独特とか?

深津/全国を17の地区に分けて、地元に根差す配給会社と手を組んで、2~3年かけて非劇場公開、映画館以外の上映をしたいと思っています。

司会/頑張ってください! 続いては、大規模な映画の話題になります。札幌ロケ「探偵はBARにいる2」です!

(つづく)

「じんじん」特設コーナーを設置!

4月になり、ようやく春めいてきた札幌です。

気持ちを新たに、ミュージアムにも新コーナーが登場!

剣淵ロケ「じんじん」の応援コーナーです。

この映画は、北海道ロケというだけでなく、

館長の小檜山博も企画当初から関わっており、カメオ出演も!

熱い想いを伝えようと、資料をコツコツ集めておりました。

特に、ズラリと並ぶ出演者のサインは必見!

展示を手伝ってくれた北海学園大の学生さんにも感謝。

映画の詳細は公式サイトへ。

ぜひ映画館へ、ミュージアムへ足をお運びください。

剣淵ロケ「じんじん」の配給プロデューサー・岡村雄二さんがご来館!

5月18日(土)の北海道先行公開が迫る

剣淵ロケ映画「じんじん」。

その配給プロデューサー・岡村雄二さんが19日、

ミュージアムにお見えになりました!

出来たばかりのポスター&チラシを

届けてくださったのです。

岡村さんは、札幌の配給会社「プリズム」に勤め、

市民団体「札幌映画サークル」の代表も務め、

映画のために骨身を削って生きてらっしゃるような方。

今回の「じんじん」も、

企画・主演した俳優・大地康雄さんの

前作「恋するトマト」上映を機に

剣淵ロケ映画が生まれる過程から立ち会い、

その実現に奔走されていました。

「今の時代になくてはならない映画。

内容は観てからのお楽しみ!」とアピール。

絵本の里・剣淵町の町民の想い。

俳優・大地康雄さんの想い。

そして、完成した映画を

一人でも多くの人に届けようとする

岡村さんたち配給者の方々の想い。

たくさんの人の気持ちが詰まる映画「じんじん」。

公式サイトはコチラ

公開に合わせ、ミュージアムでは特設コーナーを用意する予定。

ぜひ劇場へ!ミュージアムへ!

『じんじん』ロケ地マップを入手!

絵本の里・剣淵ロケ『じんじん』


(C)2013映画「じんじん」製作委員会

ゆうばり映画祭には、企画・主演の大地康雄さんはじめ、

山田大樹監督、出演者らが会場を盛り上げ、

嬉しいことに、観客賞に当たる「ファンタランド大賞」

&「人物賞」(大地さん)をダブル受賞しました。

映画のロケ地マップを入手し、館内に展示しております。

5月18日(土)の公開前後に、ぜひご活用ください!

ゆうばり映画祭レポート③

あっという間にもう3月。

まもなく札幌にも春がやってくることでしょう。

ゆうばり映画祭2013のレポート3日目(2月24日)をどうぞ。

まずは、剣淵ロケ『じんじん』の上映会場へ。

会場入口で迎えてくれたのは、剣淵町のゆるキャラ・ぷっちーなと

町観光協会事務局長の秋庭良雄さん。

絵本の里・剣淵で初めてロケされた映画だけに、

応援にも気合が入ってます。

ステージには、企画・主演の大地康雄さんはじめ、

山田大樹監督、出演の小松美咲さん、井上正大さんが登場。

大地さんは「剣淵には優しい空気が流れている。

今を生きる子供たちに感じてほしい」と、

剣淵のまち・人に感銘を受け、映画製作を決意した経緯を説明。

小松さん、井上さんも、楽しげにロケの思い出を語っていました。

剣淵町の佐々木智雄町長も登場。

絵本の里大賞を受賞した絵本を、

夕張の子どもたちにプレゼントする一幕もありました。

※『じんじん』は、観客賞に当たる「ファンタランド大賞」
&「人物賞」(大地さん)をダブル受賞!おめでとうございます!

会場外では、恒例のフォトセッションも実施。

記念写真を撮るチャンスだけあって、報道陣もズラリ。

撮影の準備中、ゲスト同士が挨拶する様子も。

塚本晋也監督と談笑する井筒和幸監督。

「ゆうばり~!」の掛け声を合図に、

みなさんいい笑顔を見せてくれました。

女優の渡辺真起子さん(緑の上着の方)、ちょっと寒そうですね。

そうするうちに取材ラッシュタイム!

今回は、月イチ出演している「さっぽろ村ラジオ」

樫田一恵さんの取材に同席させていただきました。

1本目は、紋別出身の俳優・長谷川初範さん。

2本目は、夕張ロケ『スイート・ハート・チョコレート』の篠原哲雄監督。

3本目は、『じんじん』の大地康雄さん&山田大樹監督。

それぞれが語る、北海道・映画への熱い想い。

後日たっぷりご紹介します。

『スイート・ハート・チョコレート』のクロージング上映では、

篠原監督のほか、出演の池内博之さん、

プロデューサーの米子(ミシェル・ミー)さんが登壇。

地元でロケされた作品だけあって、

会場には多くの人が詰めかけていました。

ちなみに取材の合間、この方に遭遇!

審査員のひとり・俳優の山本浩司さんです。

最近では『マイ・バック・ページ』『外事警察』など

名脇役として大活躍。北海道ロケだと

札幌・当別ロケ『ヒッチハイク 溺れる箱舟』(2004年)

帯広・上士幌ロケ『雪に願うこと』(2006年) に出演されています。

『雪に~』のロケの思い出は?と尋ねると、

「馬と触れ合ったのが楽しかったですねー!」との答え。

昨年ミュージアムイベントにゲストでお越しいただいた

根岸吉太郎監督については

「考えさせる演出で、みんなで色々話し合いました」とのこと。

また、食事スペースで同席したのは、こんな映画祭常連さん。

福岡市からほぼ毎年参加する古山和子さん。

アナウンサーとして、地元ラジオやテレビ・紙媒体で映画コーナーを担当。

※古山さんが担当する博多のネットテレビ番組がコチラから視聴できます。

ゆうばり映画祭の魅力は、「真冬の雪がファンタスティック!」。

『雪に願うこと』を観て、帯広のばんえい競馬にも足を運んだという行動派。

映画が、映画祭がさまざまなつながりを生むことを実感した出会いでした。

さて、そんなこんなでスタッフの映画祭参加は終了。

終わってみると、まるで夢のような3日間。

また来年も、そんな夢のお祭りに参加できることを楽しみにしています。

ゆうばり映画祭レポート②

ゆうばり映画祭2013の参加2日目(23日)レポート。

この日はちょっと荒れ模様。

まずチェックしたのは、「バナナVSピーチまつり」!

これは、フォアキャスト(「見通し・予報」などの意味)部門の

一環で行われた、若手作家8人の短編オムニバス企画。

女性監督と男性監督が、同じ俳優&テーマで短編を作り、

上映対決をするというユニークな催しです。

その俳優に選ばれたひとりが、この方。

紋別市出身の俳優・長谷川初範さん。

道民には、セイコーマートのCMでもお馴染みですね。

長谷川さんは、「罪」というテーマで作られた

平波亘監督と岨手由貴子監督の2作品に出演。

『ウインターズ・レコード』(平波監督)


(C)800 LIES PRODUCTION

『共犯者たち』(岨手監督)

その上映に参加したというわけです。

※ちなみに長谷川さんにはインタビューも実施!
後日詳細をご紹介しますので、お楽しみに!

その後、アディーレ会館大ホールに移動。

上映作品チラシを並べたブースに、

ミュージアムパンフレットも置かせてもらいました。

ここで鑑賞したのは、

『キング・オブ・マンハッタンー危険な賭けー』
(ニコラス・ジャレッキー監督)


(C)2012 ARBITRAGE LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

3月23日(土)の全国公開前の先行上映です。

終了後、再び「バナナVSピーチ」会場に戻ったら、長蛇の列!

『筋肉痛少女』(前野朋哉監督)

『雑音』(上原三由樹監督)

そして、『GOGO まりこ』(前野監督)

を観ていたら意外と面白くて、ついつい次の予定作品を見逃すことに。

こんな嬉しい発見があるのも、映画祭の良さです。

ちなみに、食事スペースでは意外な方と再会!

ミュージアムのお客様。

仕事絡みや映画好きが高じて、

ゆうばり映画祭にも何度か足を運んでいるそう。さすが!

また、ホテルシューパロ会場へ向かう前に

立ち寄ったのが、コチラ。

去年と同じように、寒い外で呼び込みをしていたおじ様達。

暖かい店内で、温かいカレーをいただきました。

そうして到着したシューパロ会場で参加したのが、

「北海道ロケトークスペシャル」!

パネリストには、

●夕張ロケ『スイート・ハート・チョコレート』の篠原哲雄監督
●剣淵ロケ『じんじん』の深津修一プロデューサー
●札幌ロケ『探偵はBARにいる2』の須藤泰司プロデューサー
●さっぽろ産業振興財団の一橋基氏
●洞爺ロケ『しあわせのパン』の鈴井亜由美プロデューサー が登場。

製作者側から見た北海道ロケの魅力などが語られました。
※後日、改めて詳細をレポートします。

そんなこんなで、2日目は終了。

映画の魅力に、たっぷり・どっぷり浸かった1日でした。

(つづく)

ゆうばり映画祭の見どころ②~『じんじん』ワールドプレミア

昨日につづき、

ゆうばりファンタスティック映画祭で上映される

北海道関連の映画を紹介します。

招待作品『じんじん』
24日 11:00 会場:大ホール


(C)2013映画「じんじん」製作委員会

監督:山田大樹
出演:大地康雄、小松美咲、佐藤B作

大地さん演じる、

伝統芸能を伝える大道芸人・立石銀三郎と、

「絵本の里」剣淵町の人々とのふれあい、

父娘の絆を描くヒューマンドラマ。

もちろんロケ地は剣淵町です!

小檜山博・ミュージアム館長もカメオ出演し、

館内にもじんじんコーナーを設けるなど、

ミュージアムも以前から応援している映画です。

ついにゆうばりでの上映がワールドプレミアになります!

山田監督や主演・企画の大地さんなど

がゲストとして来ることも決定しています。

どうぞご覧ください!(木屋)

「じんじん」コーナーが充実!

剣淵をメイン舞台に、

大地康雄さんが主演した映画「じんじん」。

来年春の公開に向けて、

先日札幌でも業務試写が行われたところですが、

ミュージアム館内では

上映を応援する特設コーナーを設置!

資料をいろいろご用意しておりますので、

興味のある方はご覧になってください。

ミュージアム館長の小檜山博さんもカメオ出演!

というわけで、実は出演者サインも所蔵。

機会を見て展示しますが、

「どうしても!」という方はスタッフにお申し出ください。

剣淵だからこそ生まれた感動のストーリー、

公開までどうぞお楽しみに。

公式サイトもチェックを。