函館出身・佐藤泰志ドキュメンタリー先行上映レポート!

5回芥川賞候補になりながら、受賞ならず、

1990年に40歳の若さで亡くなった函館出身の作家・佐藤泰志。

彼の生き様に迫るドキュメンタリー

「書くことの重さ 作家佐藤泰志」が完成しました。

11月の札幌公開に先立ち、6日(火)キノで行われた先行特別上映会での

稲塚秀孝監督と加藤登紀子さんのトークをご紹介します。(以下、敬称略)

稲塚/私は苫小牧出身で、佐藤泰志とはほぼ同世代なんです。第5回有島青少年文芸賞優秀賞に選ばれたものの、道新への掲載を拒否された「市街戦の中のジャズメン」を「北方文芸」(「市街戦のジャズメン」と改題)で読み、同じ高校生として凄まじい筆力だ!と感じました。手紙のやりとりを何度かしたことがあり、亡くなった後も心に残っていたんです。ずっとテレビの世界にいましたが、今回、この記録映画を作ることができて、彼の実人生にどれだけ迫れるかは分かりませんが、こうして観ていただけて嬉しいです。

加藤/私は、映画のドラマ部分で佐藤の母役を演じています。私は佐藤さんより6才年上なんですね。それで今回、初めて佐藤さんの作品を読み、20代の古いモラルを捨て、新しい生き方、自由を求めた若者が描かれていて、分かる!と新鮮な思いでした。

佐藤さんの母親は、佐藤さんとガラリ違って時代の古い人。青函連絡船を使って青森から米を持ってくる「担ぎ屋」の仕事をやっていました。写真で拝見しただけですが、大陸的で力強く、がっしりした方。小柄な私はソックリにはなれませんが、雪の舞う寒い季節に、函館で、実際に60㎏の重い荷物をリヤカーで引くという滅多にない経験をさせてもらいました。函館ロケは、『居酒屋兆治』以来なので、懐かしかったです。

戦後生まれの佐藤は、(母親たち世代の)古さ、重さをかなぐり捨てて、自分の存在証明を探す若者たちの小説を描いていますが、母親の持つ意味を考えると、当時の担ぎ屋たちの連帯感や、市場での昔ながらの会話は、佐藤の周辺に常にあったはず。でも、彼は対立してあがき、とうとう亡くなってしまうわけですけれど、そうした対比が描けたのではないかと思います。

稲塚/実際の担ぎ屋さんたちは、200㎏以上の荷物を運ぶこともあったそうですね(「え!そんなに重かったんですか!!」と加藤さん)。彼らが運ぶのはヤミ米なので、立ち入りが入れば没収されるというリスクの高い仕事でしたが、佐藤はそんな仕事を続ける両親を尊敬し、リスペクトの言葉を残していることは、同世代としてステキだと思います。

また、友人との交流から、友情のあつさも分かります。彼は小説だけではんく、手紙やハガキのやり取りにも力を注ぎました。3年前には『海炭市叙景』が、来年には『そこのみにて光輝く』が公開されるこのタイミングでこのドキュメンタリーができたことは偶然ですが、こうして観てもらえてうれしいです。

以上です。

映画では、佐藤泰志本人の映像も出てきてビックリ!

彼の朴訥とした語り口や、その肉声を聞くと

改めて彼の遺した小説を読み直したくなりました。

映画は11月9日(土)~15日(金)にシアターキノで上映!

公式サイトはコチラです。

函館出身の作家佐藤泰志ドキュメンタリー、6日にキノで先行上映!

函館出身の作家・佐藤泰志とは、

村上春樹や中上健次らと並び評されながら、

1990年に自ら命を絶った不遇の小説家。

彼の生き様に迫ったドキュメンタリー

「書くことの重さ 作家佐藤泰志」が、

8月6日(火)19時から、シアターキノで先行特別上映されます!

ゲストに、加藤登紀子さん、稲塚秀孝監督を予定。

前売りチケットを販売中。※詳細はキノサイトへ。

佐藤泰志といえば、2010年の

「海炭市叙景」(熊切和嘉監督)映画化を機に、原作本が次々と復刻。

今夏には、同じく函館で「そこのみにて光輝く」が映画化されています。

海炭市を観た方も、観ていない方も、ドキュメンタリーを通じて

原作者の生き様に触れてみませんか。

11月9日~15日に、キノでロードショー。

※作品公式サイトはコチラです

さっぽろ村ラジオに出演しました!

昨日26日(水)の正午、東区にある地域FM

「さっぽろ村ラジオ」(81.3MHz)に出演しました。

「かずえママ」こと樫田一恵さんの番組「シネマに恋して」で

上半期の公開作で、印象に残った映画についてお話させていただきました。

私(学生スタッフ・木屋拓真)は

『横道世之介』、『きっと、うまくいく』、『ライフ・オブ・パイ』等を

お気に入り映画として紹介しました!

『横道世之介』に出演された

綾野剛さんの話題も出ましたが、

26日の北海道新聞・朝刊にも

「そこのみにて光輝く」についての記事が

掲載されていましたね。

今後もブログやラジオで

北海道ロケ映画の情報をたくさん

発信していきますのでお楽しみに!

 

函館ロケ「そこのみにて光輝く」チラシが到着!

2010年の函館ロケ「海炭市叙景」につづく、

佐藤泰志原作の映画化第2弾「そこにのみにて光輝く」。

先日、記者会見の様子をご紹介しましたが、


※当時の記事はコチラ 

ミュージアムにもチラシが届きました!

クランクインは2013年夏。

製作資金協力のお願いもウラ面にありますので、

どうぞお目通しください。

映画製作協力金は1口1万円から、

サポーター募金は1口3000円から。

エキストラ希望のチェック欄もあり。

北海道・函館発の映画撮影に関わるチャンス!

ご興味ある方、ぜひチェックを。

函館ロケ「そこのみにて光輝く」がいよいよ始動!

2010年の函館ロケ

「海炭市叙景(かいたんしじょけい)」をご存じですか?

原作は、地元出身の作家・佐藤泰志さんの同名小説。

市民が中心になって映画化を企画し、実現しました。

当時函館に住んでいたわたし(こと新目)も、

市民スタッフとして参加!

その思い出は色褪せず、今も輝いています。

さて、その佐藤泰志小説の映画化第2弾となる

「そこのみにて光輝く」の撮影が、とうとう今年始動!

監督は、呉美保(お・みぽ)さん。

右は、プロデューサーを務める函館の

市民映画館「シネマアイリス」代表・菅原和博さん。

15日、函館で記者会見が行われました。

呉監督は、大阪芸術大映像学科卒業後、

大林宣彦事務所に入社。フリーになったのち、

2007年に「酒井家のしあわせ」で監督デビュー。

2作目「オカンの嫁入り」では、

新藤兼人賞金賞など、高い評価を受けました。

会見前日、仕事で函館にいたわたしも監督に

お会いしましたが、凛とした強さを感じさせるステキな方。

原作は、北の街に生きる男と

バラック小屋に住む女との出会いを描いたストーリー。

青春の夢と残酷を結晶させた傑作とされています。

映画に愛されるマチ・函館から、どんな作品が生まれるのか。

楽しみにしています!