士別市・テアトル銀映の映写機に寄せて~池田さんの思い出

ミュージアムの入口にどっかり置かれた

今や希少な「35ミリ映写機」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戦前から1960年代にかけて

主に使われた「カーボンアーク式」で、

士別市にあった「テアトル銀映(銀映劇場)」

から、譲り受けました。

その映画館に「高校時代、通いました」という

来館者さんのエピソードをご紹介します。

江別にお住まいの池田さん。

剣淵出身で、士別高校に通った3年間、

「この劇場で、いろいろな映画を観ました」とのこと。

当時、入場料は150円。

「お小遣いの範囲」で足を運び、

「アラビアのロレンス」などの大作に胸躍らせ、

「リサの瞳のなかに」(1962年のアメリカ映画)などの

青春ラブストーリーに心を奪われ・・・

中でも「エデンの東」を観たときは、

「一週間くらいぼーっとしてました(笑)」とのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青春時代の思い出深い映画館の映写機と

ここで出会って驚くやら、嬉しいやら。

素敵な映画体験をたっぷりお聞かせ下さいました。

 

この映写機は、2014年、

移動費を寄付で集めるなど、一年掛かりで準備し、

士別からミュージアムに運び込まれました。

こうして喜んでいただけると、その甲斐があったというもの!

皆さんもぜひ、迫力満点の映写機に会いにきてください。

2017年企画展は「女優・高峰秀子」特集

今年6年目を迎える北の映像ミュージアム。

2017年の企画展のテーマは

「映画の女神、ふたたび。女優・高峰秀子」展です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これまで、「北の歴史編」として、

北海道の産業と映画の関わりを見つめてきました。

今年は、北海道ゆかりの映画人に注目します。

第1弾は、函館出身の銀幕のスター・高峰秀子さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「北のシネマ塾」とも連動して、

〝デコちゃん〟こと高峰さんの功績を振り返ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

貴重なポスターや映画資料とともに、

どうぞじっくりお楽しみください。

「ほっかいどう映画館グラフィティー」発売!

映画ファンの皆さま、お待たせしました!

懐かしい名画座から、現役のミニシアターまで、

札幌を中心に道内計71館の魅力や思い出を伝える

「ほっかいどう映画館グラフィティー」が発売になりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミュージアム事務局長で、

グラフィティーシリーズなどで知られる

エッセイスト・和田由美さんが中心となって執筆。

道内の映画館ページは

ミュージアムスタッフ4人が担当しました。

味わい深いイラストは、街並み画家・浦田久さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

馴染みのあの映画館や地元の映画館のほか、

ミュージアムのシンボル、

2台の映写機ゆかりの映画館にもご注目を。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

邦・洋画のポスターをふんだんに盛り込み、

昭和36年の道内映画館一覧の特別付録までついている

映画愛あふれる1冊です。

道内の主要書店のほか、

ここミュージアムでももちろん販売中!

お問い合わせは、亜璃西社(011-221-5396)へ。

12月公開の「海難1890」田中光敏監督は浦河出身!

1890年に日本で起きた「エルトゥールル号海難事故」。

95年後、イラン・イラク戦争の渦中に起きた

「テヘラン邦人救出劇」。

2つの史実を基に、

日本人とトルコ人の勇気と誠意を映し出す

日本・トルコ合作映画「海難1890」が

12/5(土)、公開されます!

田中光敏監督は、浦河町出身!

さっそく、応援コーナーを設けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

監督の直筆手紙に熱い思いが込められています。

ご来館の際は、どうぞご注目ください。

※映画の公式サイトはこちら

9/12(土)シネマの風景特別上映会のポスター展、準備中!

9/12(土)に開催する開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

※詳細はコチラ

「追悼!高倉健さん」のテーマのもと、

会場にはミュージアム所蔵のポスターをズラリ並べる予定です。

現在資料を整理中ですが、その一部をちらっとご紹介。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほかにも懐かしいポスター&貴重なものがいろいろ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

健さん一色に染まる会場へ、ぜひ足をお運びください。

道内ロケ、あなたはいくつ観てますか?

先週、ミュージアム館内のイベント掲示板を更新しました。

9/12の「シネマの風景 追悼!高倉健さん」コーナーも充実。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その裏側には、2014~2015年夏に公開された

北海道ロケの映画チラシを紹介。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうして振り返ると、スゴイ内容ですね!

あなたはいくつ観てますか?

奥にある北海道ロケ地リストと一緒に、チェックしてみてください。

「小さな町の小さな映画館」「旅する映写機」DVDが寄贈されました

先日、札幌で開催された

「ノース・シアター」の自主上映会をレポートしましたが、

DSC_0103-300x198

※レポート記事はこちら

主催した木屋拓真さんが

上映作品「小さな町の小さな映画館」「旅する映写機」

DVDをミュージアムに寄贈してくれました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どちらも浦河町の老舗劇場「大黒座」が登場する

道内ロケ作品であり、もうない札幌のミニシアター「蠍座」も映る

貴重なドキュメンタリー映画です。

ご興味ある方、ぜひご覧ください。

「そらっちロケっ地ガイドinそらち」を配布中

2014年の「ぶどうのなみだ」、「野のなななのか」

1977年の「幸せの黄色いハンカチ」・・・。

これらの共通点は何でしょう。

それは、ロケ地が空知管内だということ。

そんな古今の空知ロケの映画やテレビドラマなどを

紹介するガイド「そらっちロケっ地ガイドinそらち」を

ミュージアムで配布中です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作成したのは、空知総合振興局。

ロケ地巡りをした後は、そこの美味しいものも食べたい。

そんな方にピッタリのグルメ情報もあります。

実は何度かミュージアムで配付したところ、

すぐになくなってしまう人気ぶり!

今回も早い者勝ち!となりますので、

ぜひ直接足をお運びください。

掲示板・最新情報を更新しました

館内に入ると、スペース中央に

ホワイトボードがでーんと置かれています。

これは、ポスターや最新情報を掲示するコーナー。

その掲示物をこのほど、一新しました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年公開される最新映画はもちろん、

昨年公開された話題作もまとめて振り返る内容に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうしてみると、改めて

北海道ロケの多彩さに驚かされます。

ぜひこれらの映画を通して、

ロケ地・北海道の魅力を感じてください。