わっかない映画祭レポート①

本日は、10月6~8日に行われた

「わっかない映画祭」のレポートをご紹介。

稚内でも撮影され、11月3日に公開される

吉永小百合さん主演の最新作「北のカナリアたち」

の公開を記念して、初めて行われた映画祭です。


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

* * *

6日(土)午後、札幌をバスで出発し、

稚内に到着したのは9時前。

ちょうど「動乱」(80年、森谷司郎監督)が始まる時でした。

まずは急いで劇場へ!

会場は、2010年6月にオープンしたばかりの「T・ジョイ稚内」。

稚内駅前の複合施設「キタカラ」2階にあり、

3D上映システムやデジタルプロジェクターなど

最新鋭の技術を備えた3スクリーンを完備。

22年ぶりに復活した映画館ということで

オープン時に注目を集めました。

参加者には、「北のカナリアたち」公開記念の

フリーペーパーも配付されました。

若手出演者のインタビューも掲載しているので、

ミュージアム資料として活用しようと思います。

場内に、「北のカナリアたち」のスチールを発見!

公開への期待感が伝わります。

150分の大作を見終え、改めて実行委員の方々にごあいさつ。

「お待ちしてました!」と笑顔で出迎えてくれました。

記念にと、こんなプレゼントをいただきました。

稚内観光のイメージキャラ・出汁之介(だしのすけ)。

ネーミングの渋さと外見の可愛さのギャップがいいですね。

そんなこんなで次の作品

「キューポラのある街」(62年、浦山桐郎監督)がスタート。

スクリーンで見るのは2度目ですが、

若い吉永さんの魅力が爆発している名作です。

午前2時ごろに終了し、待ち時間のあいだ、

実行委員長の横田耕一さんに話を伺いました。

映画祭を始めたきっかけを、

「せっかく映画館ができたのだから、

映画文化を楽しむ人を増やし、経営を応援したい」とのこと。

実は、横田さんは前稚内市長!

「T・ジョイ稚内」誕生にも尽力した方です。

寝不足の目をこすりながら丁寧に語ってくださる姿勢に、

「もっとこのマチを面白くしたい」という心意気を強く感じました。

続いては「愛と死をみつめて」(64年、斎藤武市監督)。

そして、個人的に大好きな寅さんシリーズ9作目

「男はつらいよ 柴又慕情」(72年、山田洋次監督)。

午前5時を過ぎ、ついウトウトする場面もありましたが、

何とか堪能いたしました!

時刻は午前7時、外はすっかり明るくなっていました。

歩いて5分ほどの場所に、「北防波堤ドーム」があります。

北海道遺産にも選ばれた迫力あるアーチ型の防波堤。

「北のカナリアたち」のパンフレットにも紹介文がある通り、

観光スポットとしてオススメの場所です。

(つづく)

わっかない映画祭に参加!

稚内でも撮影され、11月3日に公開される

吉永小百合さん主演の最新作「北のカナリアたち」


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

公開を記念した「わっかない映画祭」が

10月6日(土)~8日(日)に開催されました。

会場は、22年ぶりに復活したという

最北端の映画館「T・ジョイ稚内」。

上映作品は、吉永小百合さんの代表作品6本。

「北のカナリアたち」を応援する意味でも、

イチ映画ファンとしても、見逃せないイベント!

というわけで、札幌から参加いたしました!

6日夜に到着し、オールナイト上映の後、

7日夜の映画評論家・品田雄吉さんと

「北のカナリアたち」阪本順治監督の対談を聞き、

その日の深夜バスで札幌に戻るというハードスケジュール。

それでも、行って良かったと思える作品、人に出会いました。

詳細レポートは後日お伝えいたしますが、

「北のカナリアたち」を観に映画館へ、

そしてロケ地・稚内へ、きっと行きたくなるはず。

どうぞお楽しみに!

7日、稚内で「北のカナリアたち」の阪本監督×品田雄吉さんトーク!

そろそろ秋の空気に包まれる札幌です。

さて、6~8日に行われる「わっかない映画祭」

利尻・礼文・稚内ロケ最新作「北のカナリアたち」

の主演を務める吉永小百合さんの作品6本を

上映する初の映画祭です。

これに関連して、「北のカナリアたち」の阪本順治監督と、

映画評論家・品田雄吉さんの対談が、

7日午後7時半から、T・ジョイ稚内シアター2で行われます!

テーマは、

「映画『北のカナリアたち』とロケ地『北宗谷・小百合さん』を語る」


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

雄大で厳しい大自然の中行われた

「北のカナリアたち」のロケ。


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

北の地の魅力と、小百合さんの魅力について

お二人の貴重なお話が聞けることでしょう。

定員は85人。

問い合わせは実行委員会(0162‐22‐1175)へ。


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

10月に稚内で映画祭!

礼文島・利尻島ロケの「北のカナリアたち」の公開が、

11月3日に迫り、楽しみにしている方もいらっしゃると思います。


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

ロケ地のひとつ・稚内市では、映画の公開を記念した

映画祭が開催されるのをご存知ですか?

題して「わっかない映画祭」!

「北のカナリアたち」主演の吉永小百合さんへの感謝を込めて、

吉永さん主演作6作品を、10月6~8日の3日間にわたって上映。

先日ポスターが届き、掲示しているほか、

チラシもありますので、早い者勝ちでぜひどうぞ。

作品やタイムテーブル、料金など細かいお問い合わせは、

映画祭事務局(0162‐22‐1175)まで。

『キューポラのある街』から『長崎ぶらぶら節』まで、

吉永さんの代表作を一気に鑑賞できるチャンスです!

この機会に、北の映画館まで、足をお運びください。

「北のカナリアたち」最新ポスターを展示!

今日は北海道ロケの最新作の話題を。

吉永小百合さんが主演し、礼文島・利尻島、

稚内などでロケされた「北のカナリアたち」(阪本順治監督)。


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

吉永さんをはじめ、豪華キャストが競演することでも話題となっています。

11月3日(土)の公開が近づく中、

最新ポスターとチラシを入手しました!

 

阪本順治監督は、ロケが始まる前の11月、

インタビューに協力してくださいました。

※インタビュー記事はコチラ

北の大地と、吉永さんが、

阪本監督によって、スクリーンでどう輝くのか。


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

公開が待ち遠しいですね!

「北のカナリアたち」チラシを入手!

今日は曇り空の札幌です。

さて、吉永小百合さんが主演し、

礼文島・利尻島でロケされた最新作

「北のカナリアたち」(阪本順治監督)。

この話題作のスピードチラシを、入手しました!

表面には、吉永さんを中心に

小池栄子さん、満島ひかりさん、森山未來さん

松田龍平さん、宮﨑あおいさん、勝地涼さん

という豪華キャストがずらり。

さっそく、「北のカナリアたち」コーナーに掲示。

近々、ミュージアムにも50部を置く予定。

早い者勝ち!で配付しますので、ぜひ。

11月3日(土・祝)に公開予定のこの作品。

北海道最北端の島々の

どんな表情が切り取られているのか。

今から楽しみですね。

「北のカナリアたち」の関連記事はコチラ↓

http://blog.livedoor.jp/nanae7ishiguro/archives/cat_193309.html

「北のカナリアたち」最新情報を発信中!

今日は曇り時々晴れ。

冬の匂いがする札幌です。

さて、先日製作発表会見が行われ、

豪華キャストの共演が明らかになった

吉永小百合さん最新作「北のカナリアたち」。

まもなく厳冬の利尻・礼文でロケが始まることでしょう。

全国のサユリスト&映画ファンが関心を寄せるこの作品。

エールを込めて、ミュージアムでは昨日、

最新情報掲示コーナーを設けました。

新聞やネットの情報を集めて、いち早くお届けしようと思います。

過去・現在・未来をつなぐミュージアムになるために。

どしどし、情報をお寄せください~!

「北のカナリアたち」の製作発表会見が行われました

今日は朝からふぶきの札幌です。

さて、今冬、利尻、礼文などでロケが行われる

吉永小百合さん主演最新作「北のカナリアたち」

(阪本順治監督)の製作発表会見が、

昨日、東京で行われました。

東映創立60周年記念の大作だけあって、

共演者は・・・

柴田恭兵さん
里見浩太朗さん
仲村トオルさん
森山未來さん
満島ひかりさん
小池栄子さん
勝地涼さん
松田龍平さん

と、とても豪華!

さらに、喜ばしいのが、

重要な役どころとなる子役の1人に

札幌市の小学生が選ばれたということ!!

510倍というオーディションを勝ち抜いたのは、

4年生の渡辺真帆さん。

ぜひ、頑張ってほしいですね。

会見で、吉永さんは7月にロケ地を訪れた印象を

「利尻富士や高山植物の美しさに感動した」と説明。

過去の北海道ロケ作品

「動乱」(80年、森谷司郎監督)
「海峡」(82年、森谷司郎監督)
「北の零年」(2004年、行定勲監督)

と比べて、「今回が一番大変になる。しっかりやりたい」

と意気込みを語られたとか。

撮影は、

「駅 STATION」(81年、降旗康男監督)
「鉄道員(ぽっぽや)」(99年、降旗康男監督)

などを手がけ、

「劔岳 点の記」(2009年)で初監督を務めた木村大作さん。

今回の極寒ロケについて、

「優しさは過酷な厳しさの中にこそある。

吉永さんも厳しい自然が似合う」とお話しされたそう。

「北のカナリアたち」公式サイトはコチラ↓

http://www.kitanocanaria.jp/index.html

冬の北海道で生まれる新たな大作に、期待が募ります!

阪本順治監督インタビュー!

今日も冷たい風が吹く札幌です。

さて、女優・吉永小百合さんの最新作が

今冬から北海道で撮影されるのをご存じですか?

タイトルは「北のカナリアたち」。

「告白」で知られる作家・湊かなえさんの

「往復書簡」(第二話「二十年後の宿題」)を原案にしたサスペンスで、

東映創立60周年記念ということもあり、注目を集めています。

その主要ロケ地に選ばれたのが、

利尻島、礼文島、稚内市などの宗谷地方。

地元ではロケの支援団体を発足させ、

積極的な応援体制づくりを進めているそうです。

 

そんな話題作の監督を務める

阪本順治さんに昨夜お会いしました!

阪本監督は、シアターキノの企画した

原田芳雄さん追悼イベントにゲスト参加するため来札。

制作準備で忙しいため、トークを終えて日帰り

というハードスケジュールでした。

阪本監督は1989年、

赤井英和さん主演の「どついたるねん」で監督デビュー。

2000年の藤山直美さん主演「顔」はキネ旬ベストワン、

日本アカデミー賞最優秀監督賞(2001年度)を受賞。

現在、故・原田さん主演の「大鹿村騒動記」(2011年)が上映中です。

 

今回、初の北海道ロケとなる阪本監督。

ロケハンなどで訪れた北海道の印象は?

「利尻と礼文でも、暮らす人の生活のリズム、 気候や風景がそれぞれどこか違う。 もちろん札幌だって生活条件が違うので北海道ということで、ひとくくりにはできないですね」と監督。

ただ、と前置きしたうえで、

「映画には厳しい風景が似合う。
ある種、極端な気候のほうが人の営みが一層際立つ。
撮影を終えてみないとうまく言えませんが、
いまはロケが楽しみでもあり、スリリングでもあり、不安もありますね」

ということでした。

 

12月にクランクインし、公開は2012年秋以降とのこと。

今後も、ミュージアムは どんどん応援していきます!

もちろん、阪本監督からサインをいただきましたので、

ぜひ館内でご覧くださいね。