Sさんの映写技術者免許証

今日も、雲一つない秋空が広がる札幌です。

本日は、オープンと同時に 70代の8人グループがご来館。

展示品や映像を、心ゆくまで楽しんでおられました。

そして午前中、 先日お見えになった元映写技師Sさんが、

当時の免許証を見せに来てくださいました。

映写技術者の免許証? と、

意外に思った方もいるでしょう。

フィルムに燃えやすい素材を使っていた昭和初期まで、

映写するスタッフは、危険物第四種の免許が必要だったのです。

フィルムが燃えにくい素材に変わった頃には

免許はなくなり、現在に至ります。

写真の下(緑)の免許は、 当時の労働基準法に基づく「映写技術者免許証」。

映写の技能試験などで取得でき、

一級と二級(甲乙)があったそうです。

Sさんによると、一級は

アンプの真空管修理などもできる高度な技術が必要。

取得者は「技師長」として必ず劇場に一人はいたとか。

二級の「甲」は常設館、「乙」は移動式の映写ができたそう。

Sさんは、二級の「甲」でした。


ちなみに、黒い方は北海道発行の「映写技術者免状」。

火災事故が起きた時の 避難誘導や消火器操作などを学んだ証だとか。

フィルムが焼けて劇場が火事…なんてことが身近だった時代を感じます。

館内の映写機と記念写真を撮り、

当時を懐かしんでおられたSさん。

大切な思い出の品を、ありがとうございました。

* * *

後日、Sさんが この映写技師の免許について調べたことを

ご報告に来てくださいました。

北海道労働基準監督所によると、

発行していた免許証制度は 昭和42(1972)年に廃止。

フィルムが不燃性になり、

映写機も進歩して火災事故がなくなったためだとか。

この廃止に伴い、 北海道が発行していた

映写技術者免状も管理団体が変わり、

いつの間にか消滅したそう。

ちなみに、昭和42年は 札幌冬季オリンピックの開催

札幌市地下鉄南北線の開通の年。

活気あふれる時代の息吹を感じますね。

Sさん、何度も足をお運びくださり、

どうもありがとうございます!

映画好きは自然と集まる

本日は、一段と冷え込みが厳しく、

早くも冬の気配を感じる札幌です。

さて、本日は嬉しいお客様が来館されました。

浦田久さんという方です。


お持ちくださった包みを開けると…


「キネマ旬報」の束! 1940~80年代のものまで、約40冊。

ここまで運ぶのも大変だったと思いますが…感謝いたします!

というのも、ミュージアムの目玉展示のひとつが、

戦後復刊号からの「キネマ旬報」コレクション。

活動の礎を築いた故・竹岡和田男さんの収集品を中心に、

約1,300冊並べているのですが、欠番の号を探していたのです。

今回、人づてのご紹介で連絡したところ、快諾くださり

ご自宅のコレクションからお持ち下さった、というわけです。


この浦田さん、根っからの映画好き。

昭和3年札幌生まれ、札幌工業学校卒。

昭和23年から市役所で勤務し、昭和60年に退職(当時北区区長)。

というご経歴ですが、

「こっそり東京に映画観に行ってさ、後で上司にばれて怒られたよ(笑)」

なんてエピソードがあるほど。

かつて札幌にあったミニシアター「JABB70ホール」のスポンサーになったり、

上映会を開いたり…と、個人的に映画活動を続けてきたそうです。


そんな浦田さんを囲み、さっそく映画談議に花が咲きます!

「無声映画時代から観ているんだ…」

「僕が初めて観た初カラー映画は『千人針』でさ…」

「当時の松竹座は前の方が畳でさ、靴を脱ぐから下足フダをもらうんだよね…」

などなど、思い出話が尽きない浦田さん。

昔の札幌の街並みを描いたご自身のシリーズ本

「さっぽろ 街かどの思い出・補追」も寄贈くださいました。


淡い水彩画とやわらかい文字から、

昭和30年代の札幌が浮かび上がります。

映画仲間も多いという浦田さん。

「映画好きって自然と集まるんだよね(笑)」との言葉にうなずく一同。

確かに、このミュージアムも、そんな人たちの熱意で実現したのです。

ミュージアムのこれからに関わるステキな提案もあり

大変充実した時間となりました。

ぜひ、ミュージアムで竹岡&浦田さん(一部、品田平吉さんもあり)

秘蔵の「キネマ旬報」コレクション、お手にとってみてください。

オープンまでの道のり③~上映会~

本日も晴天の札幌。でも、風はすっかり秋。

大通公園の木々も、しっかり色づいてきました。

さて、本日は月曜休館日。

不定期連載「オープンまでの道のり」をお伝えします。

◆ ◆ ◆

2003年、「北の映像ミュージアム」という目標を掲げ、

NPO法人化したメンバー。

しかし、なかなか官庁や企業の支援を得ることはできず、

場所や金銭面のめどはつきませんでした。

そんな中、運動の求心力を強めようと

力を入れたのが、上映会です。

北海道をロケ地とした400本以上の劇映画の中から、

メンバー選りすぐりの作品を紹介。

多くの人に鑑賞してもらうことで、

「北の映像ミュージアム」の意義を伝えようというものでした。

スタートは2001年9月。

札幌・道新ホールで開いた第1回「キネマ&トークの夕べ」です。

ゲストは、小樽市出身の映画監督・小沼勝さん、

札幌出身の哲学者・鷲田小弥太さん、作家・原田康子さん。

小沼さんは、

鹿追ロケ「女はバス停で服を着替えた」(2002年)の監督。

原田さんは、釧路ロケ「挽歌」(五所平之助監督、57年)

の同名原作小説の著者。

3人によるトークの後、「挽歌」を鑑賞しました。

その後、以下のように年1、2回の上映会を実施。

北海道ロケの優れた劇映画やドキュメンタリーを発信し続けたのです。

(つづく)

◆上映会の記録 【開催日「イベント名」/上映作品/ゲスト=敬称略=の順】
2001年9月「第1回キネマ&トークの夕べ」/「挽歌」/原田康子、小沼勝、鷲田小弥太
2002年9月「第2回キネマの夕べ」/「氷点」/品田雄吉
2003年6月「NPO法人設立 記念上映会」/「大地の侍」/川本三郎
2003年9月「第3回キネマの夕べ」/「飢餓海峡」/なし
2004年4月「第1回秀作テレビ番組上映会」/HBC「オロロンの島」/小南武郎
2004年9月「キネマの集い」/「森と湖のまつり」/内田有作
2004年10月「第2回秀作テレビ番組上映会」/STV「ドラマ 一年」/桜井宏平
2005年6月「知床半島世界遺産決定記念」/「遥かなる山の呼び声」「男はつらいよ 知床旅情」/なし
2005年10月「北海道シネマ・クラシック」/「魚影の群れ」/川本三郎
2006年11月「北海道シネマ・クラシック」/「家族」「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」/なし
2007年4月「第1回ワーナーおじさんと名画を楽しむ集い」/「ハリウッド・ミュージカル~タップダンスの魅力」/山田昻
2007年7月映画とフォーラムの集い「頑張れ!映画のまち 夕張」/「猟奇的な彼女」「冬の幽霊たち」/品田雄吉、喰始、澤田直矢
2008年2月「第2回ワーナーおじさんと名画を楽しむ集い」/ハリウッド・ミュージカルの楽しみⅡ「カップル・ダンスの名シーン」/山田昻
2008年10月「第3回秀作テレビ番組上映会」/「赤い靴はいてた女の子」/菊池寛
2008年11月「北海道シネマ・クラシック」/「ジャコ萬と鉄」/山田健
2009年6月「北海道シネマ・クラシック」/「馬喰一代」/小檜山博
2009年10月「北海道シネマ・クラシック」/「死闘の伝説」/なし
2010年6、7月北の映像ミュージアム10周年記念「シネマの風景フェスティバル」/「赤いハンカチ」「ギターを持った渡り鳥」「白痴」「南極料理人」「Love Letter」「網走番外地」/川本三郎、品田雄吉、沖田修一、西村淳、小檜山博

「銀嶺の果て」は釧路ロケ?

本日は曇りの札幌です。

開館と同時にいらっしゃった男性から、

貴重な情報提供がありました。

「銀嶺の果て」という映画が、釧路の雌阿寒岳で撮影されたのでは?

という内容です。

(写真左手前が「銀嶺の果て」)

作品は、1947年公開の谷口千吉監督第1作目!

脚本は黒澤明、なんと三船敏郎のデビュー作品!!

音楽は、音更町ともゆかりの深い伊福部昭(「ゴジラ」で有名)!!!

これは、増毛・留萌ロケ「ジャコ萬と鉄」(49年)と同じ組み合わせ!

さっそく、ロケ地リストを作成した

ミュージアム理事の映画研究家・高村賢治に確認。

すると、「可能性はあるけど、証拠が見つかっていないんだ」との返事。

そうなのです。

ミュージアムに展示している400本余りの「北海道ロケ地リスト」は、

メンバーの独自調査によるもの。

映画のクレジットや、当時の新聞を探すなどして、

正確なものだけを掲載しているのです。

ですから、まだまだ記入漏れがあるかもしれません。

こうしたご意見を参考に、ロケ地リストを完成させていきたいと思います。

ちなみにこの男性、釧路ご出身。

奥様が千歳の映画館にお勤めだったということで、

「北海道映画興行銘鑑」(昭和37年、みやこ新聞社発行)

をじっくり読んでおられました。


(写真は当別、留萌ページ)

この本、当時の道内の映画館情報がぎっしり詰まっていて、

とても読み応えがあるのです。

「今度は妻を連れてきます」と嬉しいお言葉。

はい、お待ちしておりますね!

オープンまでの道のり②~出発~

本日は、不定期連載「オープンまでの道のり」をご紹介。

* * *

北海道の地に「映像ミュージアム」を。

2000年に亡くなった竹岡和田男さんの遺志を受け継ぎ、

志を同じくした映画大好き人間たちが集まったのは、

その翌年、2001年4月のことでした。

竹岡さんの数万点に及ぶ映画資料を活用しようと、

「竹岡和田男コレクション」の設立委員会を立ち上げたのです。

2001年5月10日発行の「竹コレ通信」第1号には、

磯田憲一さん、横路由美子さん、竹岡羊子さん、
山田昻さん(故人)、和田由美さん、玉木博司さん、
中島洋さん、佐々木純さん、武島靖子さん、喜多義憲さん

など13人が参加したことが記されています。

当時は、「竹岡コレクション」を行政に託し、

市民に公開・活用してもらうのが目的でした。

しかし、著作権や場所、費用などの問題から、

すぐに実現するのは難しいことが判明。

それでも、活動の灯をともし続けようと、

2003年5月にはNPO法人「北の映像ミュージアム」

推進協議会の認可を受け、会員を募りながら上映会を開いたり、

会報による情報発信を行ったのです。

(つづく)

元映写技師・Sさんの思い出

本日の札幌は、昨日と打って変わり、

気持ちの良い秋晴れ!

さて、昨日、映写機のお話をご紹介したばかりですが、

本日もそんな、ゆかりのある方がお見えになりました。

元映写技師のSさん(71)です。


映画が好きで、18~25歳のころ

余市と小樽(シネマパレスなど)の映画館に勤めていたそうです。

「あのころなら東映の東千代之介や中村錦之介なんか人気あったなぁ。

『旗本退屈男』なんかも上映したよ…」

と、当時を懐かしそうにお話くださいました。

さらに映写機に近づくと、

「俺の時代はカーボンだったからな…」とフィルムを取り出し、

「昔はこの黒い線のシマシマに光が当たって、

光電管で変換して音を出してたんだよなぁ」と懐かしげ。


確かに、よく見てみると、フィルムの端のシマシマに、

ギザギザした模様があります。

へぇ~そんな仕組みだったんですか!と感心しきりの私。

「カーボンは燃えると短くなるから調節が大変でさ。

燃えカスが飛んで中が汚れるから、

次の日にはきれいに掃除したもんだよ」

なんて、次々と思い出がよみがえるようです。

Sさんによると、

昔のカーボン式映写機には煙突がついていて、

排気や熱を逃がしていたのだとか。

映写技師は、アンプの真空管の修理技術なども必要だったのだそうです。

テレビ人気で映画館が減り、その後は映写の職を離れたというSさん。

「映画は今でも好きだよ。 やっぱりテレビとは違う魅力があるもんな…」

という一言に大きくうなずきました。

映写機から生まれる物語

今日の札幌は、雨とカミナリ。

一歩一歩、秋が深まるのを感じます。

本日のミュージアム担当はOさん。

理事であり、会計も担当。いつもニコニコ笑顔の方。

そして、もちろん、とっても映画好きの女性です。

さて、今日はミュージアムのシンボル、映写機をご紹介します。

これは、1976年に作られた35mm映写機。

富士セントラル製「F-120」というタイプだそうです。

高さは約2m、重さはなんと200kg!

近くで見るとなかなか迫力があり、

館内でひときわ存在感を放っています。

もとは、札幌厚別区の「サンピアザ劇場」で

2004年まで使われていましたが、

閉館に伴い処分されるところを、我々が譲り受けました。

この映写機、お客様によって反応がさまざまなのが面白いところ。

「この映写機は、キセノンランプの光をフィルムに透過させて投影する仕組みで…」

などと私が説明すると、

「へぇ~!」と驚く方、

「うんうん」とうなずく方、

中には「そんなこと知ってるよ(苦笑)」なんて方も。

後者の方に慌てて尋ねると、映画関係者だった

なんてこともしばしば(汗)。

そして、そんな会話をきっかけに、

それぞれが映写機にまつわる思い出話をお話しくださるのです。

もっと古いカーボン式映写機を扱ったという、元映写技師の方。

近所に映画館があって、

よく映写室に潜り込んだという方

(「ニュー・シネマ・パラダイス」みたい!)。

両親が映画館を経営していたという方。

サンピアザ劇場で映画を観て育ったという方。

たった1台の映写機が引き出すストーリー。

そのひとつひとつが嬉しくて、愛しくて、

ますます映画が好きになるのです。

岩井俊二監督の北海道

昨日の月曜日は祝日オープン。

なので、本日は振り替え休館でした。

というわけで、本日は去る10月6日の、

岩井俊二監督ご来館エピソードをご紹介します。

えっ!なぜあの岩井監督が?

と思った方もいらっしゃるでしょう。

実は、昨日閉幕した札幌国際短編映画祭にゲスト参加しており、

会場でパンフレットをお渡ししところ、関心を持ってくださったのです!

とても気さくで、やわらかい雰囲気を持つステキな方でした。

岩井監督は、言わずと知れた「Love Letter」(95年)の監督。

冬の小樽でロケされたこのラブ・ストーリーは、

日本のみならず、韓国や台湾で大ヒット。

今でもロケ地を訪ねる人がいるほど、愛され続けている名作です。

かくいう私も大学時代、友達と「Love Letter」夜会を開き、泣き、

小樽に行ったファンのひとり。緊張しながらお迎えいたしました。

岩井監督は、展示された「北海道ロケ地100選」をじっくりチェックしたり、

黒澤明監督直筆の手紙を見たりして、和田事務局長と映画談議。

また、「北海道ゆかりの映画人」コーナーも興味深そうに眺め、

函館出身の大女優・高峰秀子さんの話題などを話しておりました。

もちろん、サインをいただいたので、ぜひ館内でご覧ください。

岩井監督は、石狩・小樽ロケ「ハルフウェイ」

(北川悦吏子監督、09年)もプロデュース。

映画祭のフォーラムで、北海道というロケーションについて

語っていた言葉が印象的でした。

それは、

「北海道は、緑がとにかく美しい」ということ。

岩井監督によると、本州は春を過ぎると木々の葉緑素が強すぎて、

映像だと黒くなるのだそうです。

さらに、「空が美しい」とも。

「雲がどんどん変わるから、同じ絵を撮り続けるのは難しいけれど、移り変わる空の美しさたるや…僕なんかそれにハマってしまった。(空全体が真っ白になる)オーバーキャストやむら雲、光の差し加減とか…これは狙ってもできないんですよね」と岩井監督。

あの独特な、繊細で、

やわらかい映像美を生み出す感性を垣間見たような気がしました。

そして、そんな北海道に住む私たち。

美しい空が、緑が、身近にある幸せを噛みしめたくなりました。

オープンまでの道のり①~原点~

札幌は雨。三連休の最終日でもあり、

客足はあまり伸びません…と思ったら、

夕方から急にお客様が来館し、あれよあれよと70人超に。

ニトリ文化ホールや教育文化会館が近いため、

ライブやコンサート前のお客様が立ち寄ってくださることも多いのです。

そんな中、午前中には大阪からの女性観光客2人組が、

網走ロケ「南極料理人」(沖田修一監督、2009年)

の衣装を目当てに ご来館くださいました!

お二人とも、主演の堺雅人さんファンとのこと。

ご本人が実際に来た衣装だと知ると「えぇ~!」と歓声が。

館内をじっくりご覧いただき、楽しんでおられました。

さて、本日から、オープンまでの10年間の足跡をたどる連載

「オープンまでの道のり」を不定期掲載していきます。

◆ ◆ ◆

「北の映像ミュージアム」活動の始まりは、2000年。

同年9月に亡くなった、映画・美術評論家、

竹岡和田男さんの想いが出発点でした。

竹岡さんは、元北海道新聞記者。

長年、編集畑を歩み、退職後は北海学園大教授などを務めました。

映画・美術・音楽・演劇など

芸術文化への造詣が深く、数々の評論や著書を残しています。

とりわけ映画への想いは強く、3万点に及ぶ膨大な映画コレクションを所蔵。

さらに、全国各地の「映像ライブラリー」を調査し、

北海道にとっての必要性、重要性をこう訴えていました。

 北海道は戦前から戦後のロケーション地として、日本映画にとって重要な土地であった。(中略)これらの作品的内容は別としても、北海道の街や自然の変貌を知るには絶好の歴史的資料であろう。

 例えば谷口千吉監督「ジャコ萬と鉄」の見事なニシンの群来、五所平之助監督「挽歌」の釧路の街と湿原、黒木和雄監督「わが愛 北海道」の希望あふれる時期の表情、小林正樹監督「人間の條件」の大原野、田中絹代監督「乳房よ永遠なれ」の札幌郊外、吉田喜重監督「樹氷のよろめき」のニセコの冬、そして黒澤明監督「白痴」のかつての札幌の街景と人の営みなど、時代を語り、いまは見られぬ情景をいきいきと描き出して、またとない貴重な資料となるだろう。これらを収集して後世に遺すのも、大事な責務ではないか。しかもフィルムは年ごとに劣化し散逸して行く。

札幌(北海道)にフィルムライブラリーを、との声が高まるのは、こうした意義と現状からであり、自治体と民間が一つになっての方策が望まれる。(以下省略)

(1999年7月、「北海学園大学人文論文」第13号、竹岡和田男「映像ライブラリー 日本における現状と課題(Film Archive in Japan)」より)

そんな竹岡さんの遺志を引き継ぎ

2000年、札幌に「北の映像ミュージアム」を

創設しようという動きが始まったのです。

(つづく)

片岡翔監督インタビュー

「北の映像ミュージアム」は、

さまざまな方のご支援で成り立っています。

そのひとつが、

札幌国際短編映画祭 (通称・SAPPOROショートフェスト)

今年で6回目を迎えるこの映画祭の久保俊哉副委員長には

「開設準備委員会」という組織の一員として、

ミュージアムオープンへ向けてのアドバイスをいただいておりました。

その映画祭は5日に開幕。

本日、アワードセレモニーが行われ、

コンペの受賞作品が発表となりました。

そんな慌ただしい中、札幌出身の若手映画監督

片岡翔さんにインタビューいたしました!

知る人ぞ知る「人形屋佐吉」の息子さんです。

片岡監督は「ゆきだるまとチョコレート」という短編映画を出品し、

見事、最優秀北海道作品賞を受賞されました!

おめでとうございます!!

実は、私と同世代。

好きな監督など共感できる話題でも盛り上がり、

和気あいあいのインタビューとなりました。

北海道から全国へ、世界へ。

これから高くはばたいていく映画人も、

ミュージアムは応援いたします。

詳細は改めてご報告いたしますので、お楽しみに!