「北のシネマ塾」第4回も無事終了!

今日は快晴!

となりのホールでは子ども向けイベントが開かれ、

朝から親子連れでにぎわっています。

さて、本日は恒例イベント「北のシネマ塾」第4弾、

「さっぽろ映画館グラフィティー②

黄金時代(昭和30年代)の映画館」を開催しました。

午前中から北海学園大の学生さんが

お手伝いに来てくれて大助かり!

サクサク準備は進み、いざ本番へ。

トークするのは、ゲストの街並み画家・浦田久さんと

〝札幌の淀長さん〟こと佐々木純副理事長

そして、エッセイストの和田由美理事の3人です。

映画館の雰囲気を味わってもらおうと、

懐かしの8ミリ上映で幕開け。

内容は、「バンツマ」で知られる往年のスター

阪東妻三郎(1901~1953)の作品を紹介するもの。

皆さん、興味深げに見入っていました。

その後のトークでは、戦中から戦後にかけた

映画館と上映作品に関する思い出話が次々と披露。

お客さんからの質問やお話も飛び出し、

映画の黄金期を振り返る有意義な時間となりました。

詳細は改めてご報告いたします。

 

次回の「北のシネマ塾」は・・・

網走ロケ「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」(73年、山田洋次監督)!

我らが映画研究家・高村賢治理事が、

マドンナ・リリーの生き方について語ります!

乞うご期待。

最新の季刊誌「カイ」に登場します

本日は、今日発売の北海道の季刊誌「カイ」をご紹介。

15号の特集テーマは「映画と話をしよう」。

冒頭の「北のカナリアたち」特集に続いて登場するのが、

ミュージアムの礎を築いた故・竹岡和田男さん!

ミュージアム設立運動の土台となる

北海道の「映像ライブラリー」構想に至る足跡を振り返る内容。

もちろん、ミュージアム情報もあります。

さらに、我らが和田由美事務局長と

北海学園大教授の大石和久さん(ミュージアム理事)の対談も。

そうした話題をはじめ、映画祭や映画館、映像コンテンツなど

北海道・映画・映像に関する記事が盛りだくさんの一冊です。

発売日の今日は、

地下歩行空間で販売イベント「カイのひろば」が開催されました。

最新号の傍らに、

会報&パンフレットを置かせていただきました。

わたしも少しお手伝いしたところ、

「ミュージアムの会員です」という若い男性が購入してくれたり、

「映画に興味あるの」というマダムにパンフレットをお渡ししたり。

「カイ」を通じた出会いが、

ミュージアムにつながる瞬間を感じることができました。

「カイ」は、全国の書店で販売中。

公式サイトはコチラ↓

http://www.kai-hokkaido.com/

実は竹岡さんや対談の記事は、私がライターとして担当したため、

手前味噌で恐縮ですが、人一倍想いを込めて書かせていただきました。

北海道、全国の方が

このミュージアムに足を運ぶきっかけになれば嬉しいです。

 

21日(土)は「北のシネマ塾」です

明後日21日(土)午後2時からは

恒例のミュージアムイベント「北のシネマ塾」。

4回目の今回のテーマは

「さっぽろ映画館グラフィティー② 黄金時代(昭和30年代)の映画館」。

あの3人組が、思い入れたっぷりの映画館話を披露します。

入場無料、当日参加可!

散歩がてら、ぜひお立ち寄りください。

函館の修学旅行生がご来館!

今日はようやく春らしい陽気!

チラホラ花も咲き始め、どこかウキウキの札幌です。

さて、本日、ミュージアムには珍しい、

小学生の団体訪問がありました。

北海道教育大附属函館小学校の6年生8人組。

うれしいことに、修学旅行の自主研修先として

このミュージアムを選んでくれたのです。

これまでの歴史や施設の意図を説明したところ、

みんなしっかりメモを取る熱心ぶり。

館内を物珍しげに見て回り、「南極料理人」の衣装もチェック。

「仕事で大切にしていることは?」

「資料はどのくらい時間をかけて集めたのですか?」

などの質問に、内心緊張しながら答えるわたし。

「函館がロケ地になった作品は?」という問いに

「何本だと思う?」と返したところ、

10本?14本!いや、30本くらいかな・・・なんて返事が。

「実は、63本あるんですよ」というと、へ~!と感心する一同。

せっかくなので、「犬と私の10の約束」

「つむじ風食堂の夜」などの函館ロケ作品をご紹介。

さらに、こんなのもあるよ、と見せたのが、

「名探偵コナン 銀翼の奇術師」。

後半、函館空港や室蘭が登場する面白い作品なんです。

真剣な表情で鑑賞する一同。

そもそもなぜミュージアムを選んだの?と聞いたところ、

将来の仕事として映像・映画に興味があるからだとか。

みんな、若き映画ファンだったのですね!

それからひとしきり映画の話題で盛り上がった後、

記念写真をパチリ。

映画に愛される街・函館。

ありふれた身近な風景が、物語の背景として

スクリーンに映し出されるとき。

マチの新しい魅力を感じたり、

映画の面白さに気付くきっかけになれば、うれしいですね。

「キネマ旬報」が着々と集まっています

今日も曇り空の札幌です。

さて、ミュージアムの数ある展示品の中でも

我々が誇る資料がコチラ。

戦後復刊の「キネマ旬報」バックナンバーです。

これは、ミュージアム活動の礎を築いた

故・竹岡和田男さんのコレクションをベースにした約1300冊。

しかし、実は抜けている号が約70冊あり、

お客さまの寄贈などで埋めているのです。

そんな中、昨日、ミュージアム理事が欠番6冊を持ってきてくれました!

東京は神保の古書店で見つけたそう。

札幌や東京など、日頃から地道に探してくださっている成果です。

数えてみると、残りの欠番はあと60冊!

「がんばりましょうね!」と話していたところ、

話題は、キネ旬の「再建版」に。

 

実は、このキネマ旬報。

1940年、戦時統制のため終刊し、

戦後の1950年10月に復刊して現在にいたりますが、

終戦直前の1946年3月から一時期、

「再建」号として発行していたというのです。

 

へ~そうなんですか!と言いながら、ふと調べてみると

ミュージアムにも「再建」号を発見!

数えてみると、11~75号までの33冊がずらり。

復刊号にばかり気を取られて、こちらの価値を見逃していました(汗)

復刊号に続き、こちらの全バックナンバーもそろえたい!

そんな映画ファンとしての夢を新たにした1日でした。

 

ちなみに、ミュージアムでは

戦後復刊の1~3号をオールコピーした閲覧用をご用意しているほか、

ほかの蔵書もご自由にご覧いただけます。

もちろん、欠番に心当たりのある方からのご一報も、お待ちしております。

「北のカナリアたち」チラシを入手!

今日は曇り空の札幌です。

さて、吉永小百合さんが主演し、

礼文島・利尻島でロケされた最新作

「北のカナリアたち」(阪本順治監督)。

この話題作のスピードチラシを、入手しました!

表面には、吉永さんを中心に

小池栄子さん、満島ひかりさん、森山未來さん

松田龍平さん、宮﨑あおいさん、勝地涼さん

という豪華キャストがずらり。

さっそく、「北のカナリアたち」コーナーに掲示。

近々、ミュージアムにも50部を置く予定。

早い者勝ち!で配付しますので、ぜひ。

11月3日(土・祝)に公開予定のこの作品。

北海道最北端の島々の

どんな表情が切り取られているのか。

今から楽しみですね。

「北のカナリアたち」の関連記事はコチラ↓

http://blog.livedoor.jp/nanae7ishiguro/archives/cat_193309.html

「網走番外地」台本の寄贈がありました

今日は嬉しい寄贈の話題をご紹介。

ミュージアムの常連、木村一博さんより、

「網走番外地」(石井輝男監督、65年)の台本コピーです。

しかも、石井監督が使ったものだそう!

なぜ、そんな貴重なものが!?

実は、ロケ地・網走の図書館に所蔵されているほか、

道の駅2階のフードコート「キネマ館」で展示しているとか。

※余談ですが、この「キネマ館」。

映画好きにはたまらないオススメの空間です!

公式サイトはこちら↓

http://takahasi.co.jp/restaurant/kinema.html

 

映画ファンの木村さんは、現地まで足を運んで入手したのだそう。

台本には、監督直筆の書き込みがびっしり。

セリフや場面の変更も分かるので、

完成された映画と比較するとその意図が理解できるかもしれません。

台本のほか、網走ロケの新聞記事コピーも見せてくれました。

これは「男はつらいよ」

かつてあった地元のミニコミ誌には、

映画館の変遷を詳しく紹介する特集記事もあったそう。

どれも貴重なものですね~。

台本コピーは一部まるごとご寄贈くださったので閲覧可!

ご興味ある方、ぜひお申し出ください。

新しい会報ができました!

今日は気持ちの良い、透けるような青空!

さて、このほど会報18号が完成いたしました。

2011年9月のオープン記念号以来の発行。

冒頭は、和田由美事務局長のエッセー

『「過去と現在」は、「未来」のためにある!』。

オープンの喜びとともに、ミュージアムに託す想いをつづっています。

そのほか、毎月第3土曜日のイベント「北のシネマ塾」の話題や

映画祭レポート、映画人インタビューなどなど・・・

各ページに映画情報をギュッと詰め込みました!

 

イチオシは来館者アンケート。

どんな方々が、どんな想いでこの場所を訪れたのか。

が、ひしひしと伝わってきて、とても嬉しくなる内容です。

 

会員の方々のお手元にはまもなく届くはず。

もちろん、こちらでも無料配布中。

 

ミュージアムに寄せる我々スタッフとお客さまの想いを、

お手に取って感じてみてください。

オープンまでの道のり⑩~映写機を搬入!

本日は、不定期連載「オープンまでの道のり」をご紹介。

いよいよ開館間近!

ミュージアムのオープン準備作業を振り返ります。

◆ ◆ ◆

2011年、4月にシンポジウムを終え、

スタッフは具体的な開館準備に取り掛かりました。

借りることになったスペースは、当時このような状態。

ここをどうデザインし、何を展示するか。

プロの仲間の助けを借りながら、

何度も話し合いを重ね、頭を悩ませ、

少しずつ作業を進めていきました。

 

そうして9月17日のオープンを前にした8月30日。

まずは、スペースを大掃除し

書籍の一部を搬入。

さらにこの日、展示の目玉となる映写機も設置!

この搬入・設置作業が大変でした。

何と言ってもその重さ、200㎏!

まずは分解した部品を、業者さんがそっと移動します。

梱包を取って、パーツごとに並べます。

1976年製だけあって、レトロな感じがします。

続いて土台を置き、その上にスタンドと呼ばれる足部分を設置。

ここからは、映写機専門の業者さんにバトンタッチです。

このプロ2人組が、慣れた手つきで組み立てていく様子は

とても興味深いものでした。

光を放つ「ランプハウス」をスタンドの上に乗せて

レンズをはめる部分を設置。

フィルムを通す部分は、通称「ミシン」と呼ばれていると

仲間の映写技師さんが教えてくれました。

レンズは画面サイズによって交換するそう。

ここにあるのは、シネマスコープ用の「アナモフィックレンズ」です。

続いて、ランプハウス内に特殊ガラスを設置。

このガラスは熱を遮断する特殊なもの。

フィルムが燃えないよう、光だけ透過する仕組みです。

反射板の部分には、キセノンランプを設置。

この丸い部分は、フィルムを入れる「マガジン」です。

約1時間で作業は終了!

かつて、札幌の「サンピアザ劇場」で

20年間活躍したこの映写機。

いまはミュージアムで、近年急速に失われている

フィルム映写の黄金期を伝えています。

(つづく)

過去の「オープンまでの道のり」はコチラ↓

http://blog.livedoor.jp/nanae7ishiguro/archives/cat_123677.html