今年ラストの「北のシネマ塾」を行いました

2012年最後の「北のシネマ塾」が、15日(土)に行われました。

テーマは「駅 STATION」(1981年、降旗康男監督)。

トークを担当したのは、和田由美事務局長です。

和田さんはまず、主演の高倉健さんの誕生日に

倉本聰さんがプレゼントした描き下ろしの脚本が

この作品の始まりだったという秘話を披露。

作品が生まれる大事な要素として

「倉本さんが北海道に来たこと」を挙げ、詳しい経緯を説明しました。

つづいて、撮影のウラ話やストーリー構成などを解説しながら、

「冬を描いた木村大作さんのカメラをじっくり見てほしい。

アングルが素晴らしく、北海道を愛してくれていることが伝わる」

「冒頭、銭函駅で寡黙に佇む健さんは、ほとんどセリフがないけれども、

胸に秘めた別れの切なさがひしひしと伝わる最高に素晴らしいシーン」

「(居酒屋の桐子役)倍賞千恵子さんは一升瓶をうまく扱い、

何年もお店をやった女性のよう。ディティールのうまさに感心した」

などなど、お気に入りのシーンを愛情たっぷりに紹介。

「映画のすごさは、何年経っても時代の空気を

そのまま伝えてくれること」とし、ブラウン管のテレビや石炭ストーブなど、

「昭和を思い起こさせてくれる映画」と作品の良さを力説。

また、「終着駅」「旅情」など、「駅」をテーマにした外国映画を例に挙げ、

「駅は出会いと別れ、悲しみと喜び、人と人が交差する場所。

外国では、人間関係のしがらみから抜け出す非日常として

駅が使われることが多いのに比べて、この映画は

駅にしがらみがくっついて物語が成り立つ、日本的な映画」と解説。

さらに、「最後までしがらみから抜けられなかったということは、

結局、日本人にとって駅は故郷、原点なのかなと思う」と展開し、

「居酒屋や駅など、昭和の日本人の原風景が盛り込まれている」

ということが、この作品の最大の魅力だと語りました。

最後に、改めて倉本さんの北海道に移住するいきさつを振り返り、

「北海道からもらったもの、東京への思いを込めて

脚本を書いたのではないか。本当は、東京駅も描きたかったかもしれない」

と持論を語りつつ、

「映画とラーメンは誰もが語れる分、話が合わないとケンカになる(笑)。

意見を言い合いながら、大好きな映画の話ができれば」とまとめました。

映画の誕生秘話から和田さんならではの深い解釈まで、

一年の最後を飾るにふさわしい盛りだくさんのトークでした。

というわけで、今年1月から毎月1回、計12回開催した「北のシネマ塾」。

もちろん、来年も継続します!

スケジュールは来週発表いたしますが、

さらにパワーアップした内容になるかも。

どうぞお楽しみに。

今年最後の「さっぽろ村ラジオ」出演でした

今年も残すところあと2週間余り。

今週水曜日12日は、今年最後の

地域FM「さっぽろ村ラジオ」(81.3MHz)出演日でした。

正午から1時間、「デイライトストリート」という番組内の

「かずえママ」こと樫田一恵さんのコーナーに登場。

この日は、「北のシネマ塾」&JR誌のPRほか、

函館港イルミナシオン映画祭の参加談や

今年一年間のマイベストムービーの話題など。

次回の出演は2013年1月9日の予定。

どうぞお楽しみに!

あすは今年最後の「北のシネマ塾」です

あす15日(土)は、

ミュージアムの恒例イベント「北のシネマ塾」。

2012年最後の今回のテーマは

「駅 STATION」(1981年、降旗康男監督)です!

トークを担当するのは和田由美事務局長。

午後2時~、入場無料、当日参加OKです。

師走の忙しさをしばし忘れて、

映画の世界にじっくり浸ってください。

芦別映画学校がつないだ縁

11月に開催された「芦別映画学校」

その会場でお会いした方が先日、

ミュージアムにお越しくださいました。

札幌にお住まいの小島肇さんです。

小島さんは元自衛隊員。

札幌・真駒内の11師団の広報室長だった1990年、

「マドンナのごとく」(門奈克雄監督)の撮影に協力。

その時の資料を見せに来てくださいました。

これはなんと、スチールカメラマン特製のアルバム。

それは関係者でしか手に入らない、貴重なものですね!

主演の名取裕子さんや、自衛隊シーンがバッチリ。

「名取さんに敬礼の仕方を教えたのが私です」

などなど思い出話は尽きない様子。

小島さんはその後、個人でビデオ制作を続け、

95年、芦別映画学校の第1回目「ふるさとビデオ大賞」に

「ふるさと・ひと夏のメモリーズ」を応募。

見事大賞に選ばれます!

そうした経験を糧に、現在は自分史ビデオ制作などを

請け負う映像業を行っています。

後日、活動の原点ともいえる「マドンナのごとく」と

千歳ロケ「ベストガイ」(村川透監督)をご寄贈くださいました!

ありがとうございます。

小島さんの思い入れ深い北海道ロケ作品を、

ぜひミュージアムでご覧ください。

「白痴」を調べに大学院生がご来館

皆さん、JR車内誌12月号はご覧になりましたか?

巻頭特集でミュージアムのことを知り、

旅の途中に立ち寄る方が増えています。

先日お越しになったこの女性もそのひとり。

釧路在住の通信大学院生、千葉映理子さんです。

高校で英語の教員をしながら、

日大大学院の通信制で学んでいるとか。

「比較文学のレポートの素材を探している時に、

JR誌で『白痴』を知って来ました!」とのこと。

「白痴」とは、1951年の黒澤明監督の札幌ロケ作品。

ドストエフスキーの原作を映画化した大作です。

ミュージアムには、監督直筆の手紙があるほか、

関連資料もいろいろ用意しています。

過去の名作を現在・未来につなげる

というミュージアムの趣旨にピッタリのお申し出に、

いろいろご協力させていただきました!

豊富な資料も映像も、活用されてこそ価値があるもの。

こうした方のためにミュージアムが今後も役立てば嬉しいです。

札幌在住のアニメーション作家・横須賀令子さんがご来館!

JR誌12月号をご覧になった方が

続々お越しいただき、嬉しい毎日です。

さて、先日、札幌在住のアニメーション作家

横須賀令子さんがご来館くださいました。

横須賀さんは茨城県ご出身。

96年に東京から札幌に移り住み、

墨絵の濃淡を生かした、幻想的で躍動感のある

アニメーション作品を作り続けています。

札幌ショートフェストでご存じの方もいらっしゃるでしょう。

国内外のフェスで入賞・上映されるほか、

「ゲゲゲの鬼太郎」実写版映画やテレビCMなど

活躍の場を広げています。

作品へのこだわり、北海道でのものづくりについて。

インタビュー詳細は、近くシアターキノHPでご紹介します。

もちろん、サインをいただきました!

ちなみにインタビュー後、

ミュージアムで札幌ロケ「ガメラ2」をご鑑賞くださり、

「感動しました!」と喜んでくださいました。

そんな気さくで、お茶目な一面も垣間見える作品を、

ご本人の公式サイトでチェックしてみてください。

函館港イルミナシオン映画祭レポート!③

11月30日~12月2日に開催された

「函館港イルミナシオン映画祭」。

レポートのつづきをどうぞ。

* * *

2日目の夜、函館山山頂で開かれた公式パーティー。

美しい夜景が見渡せる会場は、和気あいあいとした雰囲気。

まずお会いしたのは、「海猫」の原作者・作家の谷村志穂さんと、

函館の〝森田組〟ロケコーディネーター・太田誠一さん。

また、映画祭当初から携わるあがた森魚さん(左)と

俳優・小林三四郎さんのツーショットもゲット。

シナリオ大賞の入賞者も、改めてあいさつしていました。

この経験が、きっと次のシナリオ創作につながることでしょう。

篠原哲雄監督(左)と撮影の上野彰吾さんも登場。

馴染みの顔ぶれに囲まれる篠原監督、

ほろ酔い気分が顔に出ていますネ。

谷村さんとあいさつしたのは、プロデューサーの三沢和子さん(右)。

三沢さんは、公私ともに森田芳光監督を支え続けたパートナー。

思い出深い函館に来て、感慨深げな様子でした。

映画評論家・寺脇研さんは、若手監督を紹介。

札幌から参加した北大映画館プロジェクトのメンバーもPR。

最後は、金子修介監督が締めくくりました。

最終日の3日目は気持ちの良い青空。

函館山山頂クレモナホールでは、

森田監督の特集第2弾「ライブ・イン・茅ヶ崎」、

第3弾「の・ようなもの」を上映。

毎回、三沢さんが観客に感謝の言葉を述べていました。

この後、函館ロケ「海猫」が上映され、

金子監督「百年の時計」でクロージング上映。

こうして、映画漬けの3日間が終わったのです。

ちなみに、帰りの列車内で車内誌12月号をチェック!

(巻頭特集が、北の映像ミュージアムなのです)

帰省シーズンの12月、ぜひ多くの方に届きますように。

そして来年も、函館で多くの出会いがありますように。

函館港イルミナシオン映画祭レポート!②

11月30日~12月2日に開催された

「函館港イルミナシオン映画祭」。

レポートのつづきをどうぞ。

* * *

金森ホールで初日に行われた開会式。

シナリオ大賞の授賞式につづき、

華々しくオープニングパーティーが行われました。

ここはゲスト、実行委員、参加者が交流する場。

映画人に話を聞けるチャンスでもあります。

昨年の映画祭で、帯広ロケ「雪に願うこと」の

脚本創作秘話を伺った加藤正人さんと再会。

そのそばにいらっしゃたのは、金子修介監督!

最新作「百年の時計」の上映で初参加されました。

金子監督とは、ミュージアムの開館一周年記念イベントで

「ガメラ2 レギオン襲来」を上映するにあたり、

直筆サインや台本をご提供いただいた縁があり、

この場で直接お礼を伝えることができました!

テーブルを挟んだ反対側には人だかりが。

函館ロケ「尋ね人」に出演した

俳優の満島真之介さんを囲んでの記念撮影。

また、地元映画館「シネマアイリス」代表の菅原和博さんと、

函館ロケ「海炭市叙景」実行委員の仲間だった

小川舞子ちゃん(元ミス函館!)も。

ステージでは、映画祭ディレクターのあがた森魚さんが

デビュー40周年記念ライブで盛り上げます。

演奏後、ステージに登場したのは、

篠原監督、満島さん、金子監督。

3人による〝映画漫談〟が突如スタート。

笑いあり、拍手ありで盛り上がりました。

そんなこんなで初日は終了。

2日目です。

3会場で同時開催するこの日、注目したのはこの作品!


(C)2012「SR3」製作委員会

カルト的人気を誇る「SR サイタマノラッパー」シリーズです。

理由は、音楽監督の岩崎太整さんがゲスト登場すると聞いたため。

岩崎さんは札幌出身。

映画「モテキ」で日本アカデミー賞優秀音楽賞に選ばれ、

注目を集める映画音楽作曲家さんなのです!

父親が函館出身で、「このまちが日本で一番好き」と話し、

「自分の作品を函館で観てもらえて感無量」と喜んでいらっしゃいました。

ちなみに、先日ミュージアムに来館された

樋口真嗣さん(「のぼうの城」監督)と仕事でご一緒されており、

舞台挨拶後、ミュージアムのパンフレットを渡したところ、

「樋口さんから話を伺ってました」とのことでした!

会場外でパシャリ。

左は、ゆうばり映画祭の澤田直矢さんです。

また、会場にはこんな方も。

左は、SR3で主演を務めた

苫小牧出身の奥野瑛太さん(マイティ役)のお母様!

右は、SRファンで第3弾の撮影も手伝った藤野実香子さん。

「海炭市叙景」の実行委員仲間でもあります。

SRでつながった3人のショットです。

ちなみに、ちょうどこの日はクリスマスイベント

「はこだてクリスマスファンタジー」初日。

美しいクリスマスツリーを眺めて、再び函館山頂へ。

公式パーティーの模様は、次回お伝えします。

(つづく)