今年初の「北のシネマ塾」が終了

昨日19日に行われた2013年最初の「北のシネマ塾」。

初回のテーマはこちら!

ご存じ高倉健さん主演の『網走番外地』(65年、石井輝男監督)。

トークは高村賢治理事が担当しました。

高村理事はまず、石井監督が熱望し、

ようやく映画が撮影されることになった背景などを説明。

『網走番外地』の前に、

石井×高倉コンビで作った『顔役』という映画で、

健さんが「網走番外地」のテーマ曲を

口笛で吹くシーンがあることを紹介。

「こうした伏せんが実は隠されているんです」と解説しました。

また、映画の見どころのひとつに「母親への想い」を挙げ、

「なぜこんなに母への想いを如実に出すかというと、

成瀬巳喜男監督の『おかあさん』という映画で

石井さんは助監督を務めており、こうした成瀬作品から

演出の土台を学んだのでは」と持論を展開。

さらに、“エログロ”と言われる石井作品シリーズでも

「母親への想い」が根底に流れていると指摘しました。

道内のロケ地についても、

・北浜駅(冒頭、列車から降りてくるシーン)
・東藻琴駅(冒頭の駅舎)
・新得のトロッコ(トロッコのアクションシーン)
・根室本線の厚岸に近い「べカンベ」の線路
(最後に手錠を外すシーン)
・硫黄山の川湯(丹波哲郎が健さんを追い詰める後半のシーン)

などシーンを織り交ぜ詳しく紹介し、

「トロッコのアクションシーンは傑作!

新得のトロッコは撮影前に廃止になっており、

今は見ることのできない貴重な映像です」と力説。

「北海道各所を回り、作品を作り上げた

活動屋魂に頭が下がる思いがします」と語っていました。

* * *

ちなみにこの日は、嬉しい出来事がいくつか。

この日配った資料は常連の木村さん作成のもの。

いつもありがとうございます!

さらに、常連のNさんからは資料の寄贈が。

そして、「載っていたの見つけたからどうぞ!」と、

昨年12月のJR誌を持ってきてくれたお客様も。

皆さま、どうもありがとうございます。

2013年のスタートとして、とてもありがたいシネマ塾でした。

さて、次回の「北のシネマ塾」は

2月16日(土)、テーマは『馬喰一代』です!

新琴似のまちセンとコラボ!?

「シネマの風景 北の歴史篇」と題し、

今年前半は「馬と開拓」をテーマに

企画展を実施中のミュージアム。

先日、新しい催しに関する打ち合わせが、

ミュージアムで行われました。

高村賢治理事(右)と話すのは、北区にある

新琴似西まちづくりセンターの渡邉昌輝所長と、

新琴似まちづくりセンターの佐々木美香子所長。

来月2月、ミュージアムとの連携企画を考案中!

詳細が決まり次第、ご紹介いたします。

乞うご期待を!

あすのシネマ塾は「網走番外地」!

毎月第3土曜日の午後2時から、

ミュージアムで行う恒例イベント「北のシネマ塾」。

あす19日のテーマは『網走番外地』です。

ご存じ高倉健さん主演、1965年の石井輝男監督。

トーク担当は高村賢治理事です。

参加無料、当日参加OK!

お待ちしております。

ゆうばり映画祭2013の記者会見レポート!

雪深い夕張のマチが映画一色に染まる

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」!

2013年は2月21日(木)~25日(月)に開催。

16日、その記者会見に参加してきました。

会場に到着すると、すでに報道陣がいっぱい。

壁には、招待作品のポスターがズラリ。

毎回、劇場公開前の話題作を集める人気部門です。

今年のテーマは、「一歩その先へ」。

冒頭、澤田宏一実行委員長が

「映画という娯楽のチカラを通じ、夕張のチカラを発信し、

前向きで世界一アットホームな映画祭を目指したい」とあいさつ。

鈴木直道市長に続いて登壇したのは

映画評論家の品田雄吉さん。

映画祭顧問で、ミュージアムとも関わりの深い品田さんは、

「夕張というマチで映画祭が続いているという奇跡を

力強く、粘り強く続けていきたい」とあいさつされました。

その後、招待作品9作品が発表。

そのうち、なんと2作品が北海道ロケ!

気になる内容は・・・

◎夕張ロケ『スイートハート・チョコレート』(篠原哲雄監督)
※クロージング上映 24日(日)午後4時~


(c)2012 MZ Pictures

※昨年の映画完成記者会見レポートはコチラ

◎剣淵ロケ『じんじん』(山田大樹監督)
※24日(日)午前11時~

ミュージアムの小檜山博館長もカメオ出演する

イチオシの北海道ロケ映画です。※関連記事はコチラ

ちなみに、そのほかの招待作品は以下の通り。

◎『ジャンゴ 繋がれざる者』(クエンティン・タランティーノ監督)
◎『牙狼〈GARO〉~蒼哭ノ魔竜~』(雨宮慶太監督)
◎『コドモ警察』(福田雄一監督)
◎『シュガー・ラッシュ』(リッチ・ムーア監督)
◎『ジャッキー・コーガン』(アンドリュー・ドミニク監督)
◎『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』(ニコラス・ジャレッキー監督)
◎『アンナ・カレーニナ』(ジョー・ライト監督)

そして、ゆうばりならではのオフシアター・コンペ部門について

プログラミングディレクターの塩田時敏さんが説明し、

審査員長を務める塚本晋也監督(左)も登場!

夕張映画祭の参加は20年ぶりという監督。

「コンペは自主映画にとっては宣伝の場であり、

普段会えない映画人と会える夢のような場。

20年前の楽しさをまた堪能したい」と期待感を語っていました。

なお、ほかの審査員は、

アメリカの映画評論家・ダーシー・パケットさん、
『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督、
韓国の映画祭プロデューサーアリス・ヨーさん、
俳優の山本浩司さん

という顔ぶれ。

会見は、フォトセッションで終了しました。

通算23回目となる今年は、ゲストや映画祭関係者は300人超、

延べ1000人のボランティアの協力で運営するとか。

過去最大の8会場・11スクリーンを用意し、

上映本数は約115本に上るそう!

注目作、楽しみ方は改めてご紹介します。

もちろんミュージアムスタッフも参加するつもり。

どんな作品に会えるのか、今からワクワクします。

映画ファンのみなさん、夕張で会いましょう!

※映画祭最新情報は公式サイト

追悼・大島渚監督

昨日15日、大島渚監督が亡くなりました。

享年80歳でした。

大島監督の北海道ロケ作品といえば、1969年の「少年」。

全国を旅する当たり屋一家のドラマを描き、

家族がたどり着いた北海道では、

札幌、稚内、小樽でロケされました。

大島監督は、ミュージアムの礎を築いた

故・竹岡和田男さんとの親交も深く、

竹岡さん宛ての直筆原稿が館内に展示されています。

追悼の意を込めて、一部を引用します。

「むかしの映画がよかった」という言い方がある。批評家の中にもそういう言い方をする人がいるし、一般の観客の中にもいる。私はそう言われるたびに腹を立てつづけてきた。だいたいはその腹立ちを顔に出さなかったけれど、時には正面切って反論したこともある。「今の方がずっといい!」と。私は監督になった一九五九年以来ずっと「今」の映画監督でありたいと思い続けてきたからである。

偶然にも、先日ご来館された西川美和監督も

「同世代の、今の映画を応援したい」とおっしゃっていました。

「青春残酷物語」「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」など、

社会のタブーや人間の深層に迫る作品を発表し、

世界的な映画作家として知られた大島監督。

その気骨のある映画魂が、

今の、次の監督へ受け継がれますように。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

「夢売るふたり」の西川美和監督②

『夢売るふたり』シアターキノ上映の機会に、

ミュージアムに来館された西川美和監督。

ミニインタビューのつづきをどうぞ。

* * *

(西川監督)今回の『夢売るふたり』も、好きだと言ってくださったラストの漁港のシーンは、「北のどこかの港」ってト書きに書いていて、本当は、北海道、釧路がいいと思ったんです、最初。

―(スタッフ)えっ、そうなんですか!

いいなと思ったんですけれど、そんなお金はありませんでした(笑)

―逃げるといえば、やはり北なんですね(笑)

そうそう、逃亡者といえば(笑)。でも本当に、釧路とか八戸とか考えていたんですけれど、震災があって、なかなか東北の港に行くのは難しいという状況もあって、北陸の富山の方のロケになったんです。

―確かにあのラストシーンに、「寒さ」というか「北国らしさ」があるともっと良かったのかもしれません。ちょっと見てみたかった気がします。

正直、私は北海道で撮った方が良かったと思いますけどね。その辺は、プロデューサーなり誰かが腹をくくって、「北海道で撮るんだ!」となれば良かったのかもしれません。だからいつか、予算に余裕がある時は、「とある」ということでぜひ来てみたいとは思っています。

―ぜひ!お待ちしております。ちなみに、北海道を舞台にした作品で何かお好きなものはありますか?

たくさんありますよね・・・『網走番外地』とか、中学生の時に見ていました。(ロケ地マップなどをご覧になって)あまりに多くて逆に選べないですね・・・増村保造さんが好きなので、『兵隊やくざ』でしょうか。勝新さんも好きだし。

―そうですか!

でも、古い映画を薦める人はたくさんいるので、同世代の、今生きている人が作っている映画を推薦したいな、と最近思うようになって、そういう意味でいうと、『海炭市叙景』(函館ロケ、2010年・熊切和嘉監督)がいいと思います。

―私、市民スタッフでお手伝いしていたんです!

『海炭市叙景』の良いところは、誰だか分からない人が出ている点。こう言うと役者さんに失礼かもしれませんけれど、誰も知らない人がやることで、多くの人が注目していない地域の、誰も知らない小さな生活をしている人たちのリアリティが出てくるんですよね。それをメジャーな人がやると、「誰々さんがこの役をやっている」という風にしか見えないんです。

―そうですか。

できれば私も、誰も知らない役者ばかりで映画が撮れたら、こんなステキなことはないですよね。ある意味、一番贅沢というか。そういうギャンブルをしてくれるプロデューサーがいれば、ね。だから、あれは理想的な映画だと思ったし、みんなが知っている役者さんだけでやったら、どんなにいいお芝居をされても、つまらなくなったと思います。

―ありがとうございます。

これだけ映画がたくさんある中で、さらに新しい映画を作るのは難しいことだし、しかも、ああいう方法論で映画を撮ることを許した人たちもえらい。ああいう映画をもっと作らないとな、と思います。

* * *

インタビューは以上です。

この後、同席したミュージアム理事やスタッフらと

デビュー作『蛇イチゴ』の話題などで盛り上がり、

もちろんサインもしっかりいただき、

常に笑顔を絶やさず、どんな質問にも

スパスパと答えるステキな方でした。

ぜひいつか、「とある」北海道でロケした

西川作品が生まれるのを期待しております!

まずは現在、シアターキノで上映中の『夢売るふたり』へ。

※上映スケジュールはコチラ、作品公式サイトはコチラ

その後はもちろん、ミュージアムへ!

「夢売るふたり」の西川美和監督がご来館!

昨日ご紹介したキネ旬ベスト・テン、

2012年の邦画・第10位に選ばれた

「夢売るふたり」、もうご覧になりましたか?

シアターキノで11日から公開中で、

初日舞台あいさつにも登場した西川美和監督が、

昨日12日、ミュージアムにご来館くださいました!

ミュージアムを見学後、

少しインタビューさせていただきましたので、ご紹介します。

* * *

―(スタッフ)昨日はシアターキノで、いい映画と貴重なお話をありがとうございました!個人的にはあのラストシーン、好きでした。

(西川監督)ありがとうございます!・・・珍しい感想です。

―そうなんですか。でも、松たか子さんの目ヂカラ、印象的でした。

嬉しいです。松さんに伝えます。

―ありがとうございます!そこで、さっそく質問ですが、西川監督は『ゆれる』は山梨県、『ディア・ドクター』は茨城県で撮影されていました。今回の『夢売るふたり』は、昨日のトークで「地方出身者が集まる東京を描きたかった」とおっしゃっていて、「地方・地域」というのが西川作品には重要な要素としてあるのかなと思いますが、いかがでしょう?

自分自身、広島の出身なので、都会生まれの人間の気質とは違うと思うんです。

―なるほど。

だから、東京生まれの人間としての「東京」は、生涯撮れないんじゃないかという気がするんですけど、都市でない地域に育った人間が持つ感情とか気質、体質は自分の中に血として流れているので、「自分のわかるものを撮ろう」というのが根幹にあるんです。

―はい。

ただ、今までもなるべく「匿名の地域」として撮っていて、たとえば茨城も、「とある田舎の」という。

―ええ、確かに。

『ゆれる』なんかも方言が出てきたりしますけれど、特に「山梨の渓谷で」とは言っていない。それは、観てくれる方が、どの地域の方でも入り込めるように・・・というので、あえて地域の名前を売り出さずに撮るというのが、私のやってきたスタンスなんです。たぶん、これからもそういう形で色んな地方で撮っていくんじゃないかなという気がしているんですね。

―そうですか。

逆に、(出身地である)広島っていうのを銘打って撮りたい、と思ったこともないですし、生まれ育ったところだと距離が近すぎて、近視眼的になるのが怖くて、これからもあまりやらないんじゃないかな、と感じています。

―「色んな地域で撮りたい」とおっしゃいましたが、北海道はいかがでしょう?というのが、ミュージアムとしての質問でして・・・ちなみに北海道へは何度か?

はい。映画ではなく、コマーシャルの撮影で来たことが多くて・・・

―たとえばどこですか?

どこだっただろう・・・札幌市内にも雪まつりのころに来たり。是枝裕和監督のコマーシャルのお手伝いをしていた時ですね。然別湖にも是枝監督の助監督時代、プロモーションビデオの撮影で来ました。あと車のコマーシャルで、大自然の中を走っていく、という設定は北海道のケースが多いですよね。

―北海道のロケ地としての魅力はいかがでしょう?

本州以南と全く違いますから、植生も違うっていいますし、風景が全く違うので、魅力的ですよね。外国にあこがれるように北海道の地形にあこがれるというのはあります。

―そうですか!

今回東京で撮ってみて、なんとなく画が狭くなるんですよね。

―画が狭く?

広い画が撮れなくて。外に出ても、(カメラを)引く場所がなくて、高い場所からでも何か物が入ってきて、画面が埋まっちゃうんですよね。広い画が撮れないというのは、それが東京らしさでもあるんですけれど、私としてはそれなりのストレスもあって、なんかこう、広い画を撮ってみたいな、というのはあるんです。

ドライブとかしていても、北海道はステキだなと思うこともあるんで・・・ただ、生活文化が、私が経験してきたことと本当に違いますから、それをどう自分が捉えていくか。北海道の北海道性というものをどう表現できるかどうか分からないんですけれど・・・

―西川さんの描く北海道、観てみたいです。

(つづく)

※シアターキノでの上映スケジュールはコチラ

※映画の公式サイトはコチラ

2012年キネ旬ベストテンの次点は「サイタマノラッパー」!

ミュージアムにバックナンバーをそろえる

キネマ旬報が行う歴史ある映画賞

第86回「キネマ旬報ベスト・テン」が発表されました。

※詳細はコチラ

惜しくも次点には、

「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」が!


(C)2012「SR3」製作委員会

メジャー資本の大作もたくさんある中、

自主製作として大健闘したこのシリーズ。

今作主演の奥野瑛太さんは苫小牧出身!

音楽担当の岩崎さんも北海道出身!

昨年末、函館の映画祭でお会いしたばかりです。

その時の模様はコチラ

道産子が関わる映画が

これだけ評価を受けるのは、嬉しいことですね。

そして本日12日は、もう一つ嬉しいニュースが・・・。

明日、お伝えいたします!お楽しみに。

札幌発ドキュメンタリー「世界一売れないミュージシャン・KAZUYA」の田村監督がご来館!

冬至を過ぎたものの、寒さが一段と厳しい札幌です。

さて、ほぼ札幌のみで活動するミュージシャン

KAZUYA(カズヤ)さんをご存じですか?

90年代、「PHOOL(フール)」という

インディーズバンドで活動。

解散後はソロ活動を続けるも売れず、

51歳を迎えたミュージシャン。

そんな彼を追ったドキュメンタリー映画が完成しました。

題して「世界一売れないミュージシャン・KAZUYA」。

3月5日(火)~11日(月)、

蠍座(北区北9西3)での上映が決まっています。

昨日、札幌在住の田村紘三監督(写真左)と

宣伝担当の坂口きりこさんがご来館!

作品への想いを伺ったので、ご紹介します。

まず驚くのは、監督・田村さんの本業は美容師、

今回、初監督で劇場デビューということ!

製作のきっかけは、2011年2月ごろ。

プライベートで落ち込んでいた時に、知り合いの

中川究矢監督から「映画を撮れば?」と勧められたこと。

「それで、自分よりダメな人を撮ろうと(笑)、

思いついたのがKAZUYAさんでした」と田村監督。

田村監督自身、20代からKAZUYAさんのファンで、

「人生に落ち込んだ時、あの人のことを思い出していた」そう。

さっそく本人に交渉し、撮影がスタート!したものの、

携帯・PCなしのKAZUYAさんを捕まえるのも大変で、

途中、何度か諦めかけたこともあったとか。

15か月の撮影を経て、ようやく昨年末に完成し、

なんと、3月の劇場公開が決まったのです。

撮影を終え、改めてKAZUYAさんへの想いを聞くと、

「撮影中に仲が悪くなったり、がっかりしたこともあったけれど、

結局、お茶目で憎めない人、愛される人なんだと思いました」。

「モノづくりをしている人に観てほしい。

現実は大変だけれど、少し肩のチカラを抜いても

生きていけるんじゃない、と感じてもらえれば」とのことでした。

一方、坂口さんの本業はライター。

中川監督経由で田村さんと知り合い、

作品に惚れ込んで宣伝担当になったとか。

「初めて観た時、ホームビデオではなく、

ちゃんと映画になっていることにビックリ!

KAZUYAさんには苛立ち、腹が立ったけれど、

観終わった後には『イケる!』と確信しました」と坂口さん。

もともと映画好きの坂口さん。

これまでも積極的に映画祭やロケに足を運んでおり、

そこで築いた人脈をフル活用して宣伝を展開中!

そうする中で、蠍座の田中次郎代表に見せたところ、

見事、札幌での初公開が決まったそう。

「あの田中さんもべた褒めした作品です!」と坂口さん。

インタビュー中、小檜山博館長とも会うなど、

確かに何かを引き寄せるチカラがあるようです。

来館も、昨年末の函館港イルミナシオン映画祭で

お会いしたのがきっかけ。

映画は、人と人をつなぐ役目もあるのですね。

突然映画界に飛び込み、

一般公開のチャンスに恵まれた田村監督。

「不安もあるけれど、自信はあります」という言葉に、

KAZUYAさんへの、自作への“愛”を感じました。

気になる映画に関する詳細は公式サイトへ。

もちろん、サインもいただきました!

近く、フライヤーも届けてくれるそう。

札幌発のアツい想いが込められた

ドキュメンタリーに、ぜひご注目ください!