「北のシネマ塾」第5回目が終了!

昨日18日(土)、ミュージアム恒例の

「北のシネマ塾」が開催されました。

今回のテーマは、1960年の羅臼ロケ

「地の涯に生きるもの」(久松静児監督)。

トークは、高村賢治理事が担当しました。

映画は、戸川幸夫さんの小説「オホーツク老人」が原作。

高村さんはまず、映画化の経緯について

「原作を読んだ森繁久彌さんが熱望し、

自身のプロダクションを設立して作った」と説明。

当時、森繁さんは既に192本(!)の映画に出演しており、

そのギャラまでも資金にしたという背景を明かし、

「森繁さんの執念、情熱、気迫が投影されている」と語りました。

実際、主演の森繁さんは、海に憑りつかれた

男の生き様を25~72歳まで熱演しており、

「それまで日本映画に登場しなかった

秘境・知床を舞台にしている」と説明。

1960年2・6月に行われたロケについても、

「58年に斜里・ウトロ間の知床横断道路が開通したが、

2月は吹雪で通れず、ブルドーザーで道路を作って

スタッフは移動したようです」とエピソードを紹介しました。

また、病気の妻をソリで引きながら流氷の上を移動し、

オシンコシンの滝の峠越えに挑戦するシーンを挙げ

「あのパワーに感動する、素晴らしい見どころ!」と力説。

また、撮影中に森繁さんが作った主題歌も紹介。

後に加藤登紀子さんが歌って大ヒットする

「知床旅情」の原曲とも言われていますが、

その真相はハッキリしないそうです。

最後に、「興行的にはあまりヒットしなかったが、

60年代の知床をこれだけ美しく捉えていることに希少価値がある。

北方領土問題が起こした悲劇が表現され、

地元住民にとってどれだけ切実な問題かが伝わる」と話していました。

ちなみに高村さんは、知床ロケのほかの映画も紹介。

以下に列記するので、どうぞご参考に。

「アフリカの光」(75年、神代辰巳監督)
「男はつらいよ 知床慕情」(87年、山田洋次監督)
「ひかりごけ」(92年、熊井啓監督)
「光の雨」(2001年、高橋伴明監督)

ということで、次回のシネマ塾は・・・

6月15日(土)午後2時~ テーマは「雪に願うこと」。

トークは和田由美理事です。どうぞお楽しみに!

「探偵はBARにいる2」ロケ地マップを展示中!

公開中の札幌・室蘭ロケ「探偵はBARにいる2」。

公開初日から1000部限定販売し、

おそらくほぼ完売したであろう

オリジナルロケ地マップを館内に展示中です!

イラストは、ミュージアムの仲間でもある

挿画家さんが担当。

ぜひお近くでご覧ください。

2013年後期「北のシネマ塾」スケジュールを発表!

お待たせ(?)しました!

館長及び理事が、映画にまつわる

〝昼下りトーク〟を行う「北のシネマ塾」。

2013年7月以降のスケジュールを発表します!

≪お詫び≫
最新会報20号の掲載内容から、一部変更しています。
会員の方はじめ、関係者各位には訂正ハガキをお送りいたします。
お間違いないよう、よろしくお願いいたします。

* * *

❖7月20日(土)
「8ミリと映画館グラフィティー2」その①
トーク/街並み画家・浦田久さん×和田由美(理事)
8ミリ作品「怪描 佐賀屋敷」上映あり!

❖8月17日(土)
館長スペシャルトーク 「荒野の七人」~黒澤明の子供たち~
トーク/小檜山博(館長)

❖9月はミュージアム開館2周年記念イベントのため、お休み

❖10月19日(土)
「おろしや国酔夢譚」
トーク/喜多義憲(副理事長)

❖11月16日(土)
「8ミリと映画館グラフィティー2」その②
トーク/街並み画家・浦田久さん×和田由美(理事)
8ミリ作品「忠臣蔵」上映あり!

❖12月21日(土)
「アフリカの光」
トーク/高村賢治(理事)

* * *

2012年に好評をいただいた

ゲスト・浦田さんを招いた映画館トークが復活!

さらに、懐かしの8ミリ映写機を使った上映会も!!

そのほか、館長トーク&北海道ロケ作品など、

盛りだくさんの内容と自負しています。

午後2時から、参加自由&無料。

映画の思い出は人それぞれ。

多様な味わい方を話し合うのも、楽しみのひとつです。

ぜひ一緒に映画の世界を満喫しましょう!

18日は「北のシネマ塾」です

ようやく札幌もサクラが咲き、春めいてきました。

お散歩がてら、大通公園を歩く方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

さて、明後日はミュージアムの恒例イベント

「北のシネマ塾」です!

今回のテーマは羅臼ロケ「地の涯に生きるもの」。

戸川幸夫の「オホーツク老人」の映画化で、

森繁久彌さん主演、知床半島で撮影されました。

午後2時から、参加自由&無料!

そして、予告です!

2013年後期のシネマ塾スケジュールが決定いたしました。

あす、ブログで発表いたします。

こちらもどうぞ、お楽しみに。

「Play back」三宅唱監督がご来館!

札幌出身の三宅唱監督が5月9日、

ミュージアムにご来館くださいました!

三宅監督は、劇場デビュー作「Play back」が

第65回ロカルノ国際映画祭コンペに出品!

第27回高崎映画祭・新進監督グランプリを受賞!

「映画芸術」誌の2012年日本映画第3位!

となり、いま、注目を集める新人監督さんです。

出身地・札幌のこと、映画への想い・・・いろいろ伺いました。

近く、キノサイト内にアップしますのでお楽しみに。

もちろん、サインもゲット!

気になる「Play back」は、6月15日からシアターキノで公開。

ミュージアムでもポスターを掲示!&チラシを配布中。

札幌発の新しい才能を、ぜひ一緒に応援ください。

映画の公式サイトはコチラ

さっぽろ村ラジオに出演!

先週8日(水)は、東区にある地域FM

「さっぽろ村ラジオ」(81.3MHz)の出演日でした。

正午から1時間、「かずえママ」こと

樫田一恵さんのコーナー「恋するシネマ」。

もうお馴染みかもしれませんね。

この日は、次回の「北のシネマ塾」の宣伝後、

話題は、公開直前の札幌ロケ「探偵はBARにいる2」

剣淵ロケ「じんじん」などに。

北海道ロケの話題が充実していることは、

ミュージアムにとっても嬉しいかぎりです。

ちなみに、第4水曜日の「恋するシネマ」には、

同じくミュージアムの学生スタッフ・木屋拓真が

ゲスト出演しています。

こちらもぜひお聞き逃しなく!

細野監督DVDが寄贈されました

先日ミュージアムにご来館いただいた

札幌在住の細野牧郎監督が、

オリジナルDVD2枚を寄贈くださいました!

写真は、シアターキノで行われた

「札幌ディレクターズ2」の会場にて。

本番直前の慌ただしい中、手渡しいただきました。

どうもありがとうございます!

作品は、「あかるい窓」と「6月6日」。

視聴コーナーで、ぜひご覧になってください。

ちなみに、インタビュー記事はコチラ

併せてお楽しみください!

映画人サインがいっぱい!

2011年9月17日の開館から早1年と8か月。

その間、多くの観光客や市民の方々をはじめ、

さまざまな映画関係者にお越しいただきました。

ご協力をお願いしているサインボードは、こんな状態!

オープンからわずか2週間余りのある日、

突然お見えくださった岩井俊二監督をはじめ、

大林宣彦監督、根岸吉太郎監督、熊切和嘉監督、

西川美和監督、菅原浩志監督・・・など

第一線で活躍される監督さんのほか、

地元・札幌で頑張る若手作家さんもたくさん。

全員写真付きなので、じっくり見てみてください。