「のぼうの城」の舞台・埼玉県行田市からのお客様

2012年に公開された苫小牧ロケ「のぼうの城」。


(C)2011『のぼうの城』フィルムパートナーズ

犬童一心監督、樋口真嗣監督もご来館下さり、

いろいろ話を伺いました。

主なロケ地は道内でしたが、映画のモデルとなった

実話の舞台となったのが、埼玉県行田市の忍城(おしじょう)。

現在は、本丸跡地に行田市郷土博物館があり、

周辺は公園整備され、人気の観光スポットになっています。

その忍城を拠点にした観光PR集団

「忍城おもてなし甲冑隊」をご存じですか?

映画にも登場した甲斐姫や成田長親、

正木丹波守などの戦国武将らをモデルにし、

記念撮影や演舞パフォーマンスを行っているとか。

その統括者である石川良太さんが18日、

ミュージアムにご来館くださいました。

行田市の観光マップや甲冑隊のチラシを手に、

「映画が面白いと感じた方は、実際に行田市に足を運ぶと

一層映画が楽しめるはず。たとえば、

(石田三成が忍城を水攻めした際に陣をはった)

丸墓山古墳から忍城を眺めると、こんな広い場所を

水攻めしようとしたのか!と感慨深くなりますヨ」とのこと。

帰り際、くださったのがコチラ。

現在、行田市のお土産屋さんなどで販売中の

「のぼうの城 忍の炭火焼煎餅」(1000円)です。

ロケ地・北海道苫小牧市と、実際の舞台・埼玉県行田市。

映画が結ぶ縁を、今後も深めたいものですね!

ちなみに、行田市の観光チラシはミュージアムで閲覧OK。

忍城おもてなし甲冑隊の公式サイトはコチラです。

今日から蠍座で「暗闇から手をのばせ」

2月に開催された「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。

オフシアター部門のグランプリ&

シネガー・アワードをW受賞した「暗闇から手をのばせ」が、

本日18日(火)から24日(月)まで、

札幌・蠍座で上映されます。

映画祭で、戸田幸宏監督と

主演の小泉麻耶さんが作品について語っておりましたが、

これは非常に見応えのある作品です!

ぜひ機会あれば、ご覧になってください。

昨日の「北のシネマ塾」レポート!

月イチのミュージアム恒例イベント「北のシネマ塾」。

昨日15日のテーマは、2005年の

帯広ロケ「雪に願うこと」でした。

この日は、新十津川町からの団体客の方々も

お見えで、会場はほぼ満席状態に!

トークを担当した和田由美理事は

親しかった故・相米慎二監督の遺志を継ぎ、

鳴海章さんの小説「輓馬」の映画化を

相米監督の親友・根岸吉太郎監督にお願いしたこと。

自身もエキストラで現場に足を運んだことなどを紹介。

俳優さんの演技はもちろん、「一番素晴らしいのは馬!

太い足でどっしりした道産子馬が素晴らしい」と力説。

「輓馬の現実や厩舎のディティールなど、

知らない世界を教えてくれた」と話しました。

また、ロケ地各所の見どころなどを取り上げ、最後に

「400本以上ある我々の北海道ロケの映画リストに、

この名作が加わってとても嬉しい」と語りました。

というわけで、大盛況だった「北のシネマ塾」。

次回は2013年後期の第一回目として、7月20日(土)、

「8ミリと映画館グラフィティー2」その①と題し、

街並み画家・浦田久さんと和田由美理事が送ります。

8ミリ作品「怪描 佐賀屋敷」の上映も!乞うご期待!

さっぽろ村ラジオに出演!

昨日12日(水)は、東区にある地域FM

「さっぽろ村ラジオ」(81.3MHz)の出演日。

お馴染みの、「かずえママ」こと樫田一恵さんの

「恋するシネマ」で映画談議の1時間を過ごしました。

この日は、今週土曜日の「北のシネマ塾」の宣伝はもちろん、

札幌のコトニ夢映画プロジェクト「茜色クラリネット」、

芦別の大林宣彦監督新作「野のなななのか」、

函館ロケの「そこのみにて光輝く」の話題などを紹介。

3作の共通点は、どれも市民発!

ロケ地・北海道の映画愛を感じるこの取り組みにも、

ぜひご支援・ご協力をお願いします。

「許されざる者」最新映像試写に参加!

9月13日に公開される

オール北海道ロケの話題作「許されざる者」。

その最新映像試写に参加しました!

会場には李相日監督の姿も。

完成前ということで、公開されたのは8分間の映像でしたが、

北海道の大地が、空が、風景が、しっかり刻まれています!

これは期待大!!

李監督に、北海道ロケの感想を聞いたところ、

「東京以外のロケ地あちこちで撮影した経験と比較して、

北海道の自然は手強かったです」とのこと。

「その分粘っていると、見た事のない一瞬を見せてくれる。

実は今回、まだやり切った気がしないので、

別な機会にもう一度、(北海道の自然と)格闘したい」話してくださいました。

「まずは完成を目指して頑張ります!」と李監督。

お披露目となった新ポスターも、近くミュージアムにも届くはず。

クリント・イーストウッド監督・主演の伝説的名作を、

渡辺謙さん主演でリメイクする注目のプロジェクト。

スクリーンで完成版を観る日が、今から待ち遠しいですね!


(C)2013 ワーナー エンターテイメント ジャパン

15日(土)の北のシネマ塾は「雪に願うこと」!

理事らが映画にまつわる〝昼下りトーク〟を行う

月イチイベント「北のシネマ塾」。

2013年前期最後のテーマは「雪に願うこと」です!

トークを担当するのは、和田由美理事。

何といっても和田理事は、

その企画段階から深い関わりがある方。

昨年9月の「シネマの風景フェスティバル」では、

根岸吉太郎監督らと作品について語り合いました。

※当時のレポートはコチラ

6月15日(土)午後2時~ 「雪に願うこと」

参加無料、当日参加OK!

ぜひお越しください。