「サッドティー」出演 札幌出身永井ちひろさんが来館!

8月9日からシアターキノでレイトショー公開される映画「サッドティー」にご出演の永井ちひろさんがミュージアムに来てくれました。

10565160_672862089458482_5612935624499126586_n

 

 

 

 

 

 

 

本作はENBUゼミナール・シネマプロジェクトが企画したワークショップに集まった新人俳優が多数出演する恋愛群像劇です。監督は「こっぴどい猫」や「終わってる」の今泉力哉さん。

永井さんは主人公の恋人役を演じています。永井さんは札幌出身で、今回はシアターキノでの舞台挨拶に向けての帰省となりました。帰省の時はいつも元町のお祖母さん宅に泊まっているそうです。

映像の学校を出た彼女は、元々プロデューサー志望で、映像製作会社に勤めていましたが、本人曰く「小さい頃からダンスや歌を習っていた事もあり、自分の身体を使って表現するという欲求をごまかせなくなった」との事で俳優に転向、会社勤めは続けながら、これまで映画や舞台で活動してきました。完全にフリーになったのはつい2か月前。

「サッドティー」はオムニバス的な群像劇で、様々な恋愛の形を描いているのため、映画を観た人が「いろんな恋愛パターンを見ながら、自分が誰に当てはまるか想像してほしい」と語ってくれました。

 10557311_672862029458488_8248341802832582401_n

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに永井さんが演じる役は、主人公・柏木の浮気を知りながら付き合い続けている恋人・夕子役で「低温度の恋愛しかできなくなっている女性」だそうです。

永井さんは札幌に帰る度に、家族や親戚との会話を通じて「北海道の血を感じる」そうです。札幌出身女優の初凱旋帰省作「サッドティー」を是非ご覧下さい!

10552542_672861956125162_2171117509581889144_n

(U)

※映画の公式サイトはコチラ

 

おしゃべりBOX8月号に掲載!

9月13日(土)の開催まであと一か月余りの

「シネマの風景 特別上映会」。

無題

 

 

 

 

 

 

 

フリーペーパー「おしゃべりBOX」8月号で

ご紹介いただきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

どこかで見かけたら、ぜひお手に取ってくださいね。

紋別「大地の侍」上映会~アンケートの声②

7月、映画「大地の侍」の紋別上映会、

お客様のアンケートの紹介を続けます。

DSC_0029

 

 

 

 

 

 

今回、紋別で上映したのは、

原作者・本庄陸男が幼いころ住んだ土地だったから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆかりの作家を偲ぶこんな感想もありました。

「思ったより面白かった。でも時々セリフが聞き取りづらかった。字幕があればいいのにと思った。北海道開拓を本庄が書きたかったという創作の強い意志を感じた」 紋別市、50代女性

また、ミュージアム館長の小檜山博氏の講演も好評でした。

DSC_0022

 

 

 

 

 

 

「映画を見る前の小檜山先生の講演が、なお一層映画を興味深く見ることができました」 紋別市、60代男性

「ラストは、絵の悪さも気にならず、力強い映画でした!小檜山さんの講演も良かった」 紋別市、60代男性

そして、嬉しいことにミュージアムへの応援も。

「北海道の開拓の様子がよくわかった。このような映画をまた、上映して欲しい」 紋別市、60代女性

「久しぶりの感動!!地に足がついた精神力。本当に今大事なことを意識させてくれました。1人1人の胸にズシンときたと思います。良い企画をありがとうございます」 紋別市、60代女性

いえいえ、こちらこそ、ありがとうございました!

感想を言い合えるのも、映画の楽しみのひとつ。

9月の札幌上映後は、どんな感想を聞けるのでしょうか。

今から待ち遠しいです。

紋別「大地の侍」上映会~アンケートの声①

7月20日(日)に紋別で行われた

映画「大地の侍」の上映会。

DSC_0047

 

 

 

 

 

 

150人の来場者の方々にアンケートをお願いしたところ、

様々なご感想をいただきました。

9月13日(土)の「シネマの風景 特別上映会」(札幌)

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

に向けて、その一部をご紹介いたします!

お客様の多くは紋別市民の方々。

1

 

 

 

 

 

皆さん、率直な感動を綴ってくださいました。

「初めて見る作品であり、原作も未読でした。入植者の中に、藩主をはじめとして家臣がその身分を捨て、来道した話は知りませんでした。開拓に命を賭ける様子が感動的でした。見に来てよかったです」 紋別市、50代男性

「時代の空気、開拓の苦労を感じとれました。仙台伊達藩の心意気に感動しました」 紋別市、60代女性

「昔の映画で、皆さんと興味深く見ました。歴史もあり、北海道の移住最初の方々は大変でしたね」 紋別市、60代女性

「明治時代のエゾ地開拓の大変さが少し理解できた」 紋別市、60代男性

2

 

 

 

 

 

中には、市外から足を運んでくださった方も。

「未来への確信を不動のものにした指導者の役割の大切さを痛感しました」 北見市、70代男性

「全体的にいい企画でした。北海道の開拓の歴史に触れ、とても勉強になりました」 西興部村、60代女性

わざわざありがとうございました。

そして、私が印象に残った感想はこちら。

「父のたどった道でした」 紋別市、70代男性

そうなんです。

これは、北海道の先人の歴史であり、

我々の物語でもあるのです。

この感動を、ひとりでも多くの方と

分かち合えれば嬉しいです。

赤れんがで「伊福部昭・掛川源一郎」展!

ドシラ、ドシラ♪ というゴジラのテーマ曲をはじめ、

数々の映画音楽を作った

作曲家・伊福部昭氏(1914-2006)。

無題

 

 

 

 

 

 

 

※公式サイトより転載→サイトはコチラ

釧路で生まれ、音更で幼少期を過ごし、

その頃出会ったアイヌの伝承芸能や民謡に

影響を受けるなど、北海道と深い関わりがある方です。

今年5月に生誕100年を迎え、

様々な演奏会や企画が行われたほか、

ハリウッドでゴジラのリメイク版が公開され、

いま改めて注目が集まっています。

そんな彼の功績を振り返る展示が、

赤れんがで開催中!

写真 2

 

 

 

 

 

 

 

札幌国際芸術祭の一環として9月28日(日)まで実施中です。

写真 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示数は多くありませんが、楽譜や原稿のほか、

今は珍しい〝科学映画〟で音楽を聞くことができます。

隣接する会場では、

写真家・掛川源一郎氏の作品もあるので併せてどうぞ。

ちなみに1階では、

北方領土が舞台のアニメ映画「ジョバンニ島」の

製作の舞台裏に関する資料の展示も行われています。

スキャン0001

 

 

 

 

 

 

 

 

※映画の公式サイトはコチラ

札幌を代表する歴史的建造物で、

北海道の文化、歴史に触れてください。

写真 1

「北海道映画興行銘鑑」はミュージアムの宝物

ミュージアムにあるさまざまな資料の中で、

この「北海道映画興行銘艦」は宝物のひとつです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

これは、映画館最盛期の昭和37年に、

当時、映画館の業界紙だった

みやこ新聞社が発行したもの。

道内の映画館リストがあるため

記録資料として役立つのはもちろん、

各映画館のオーナーの素顔などを

写真付きで紹介しているのが面白い点です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

昔、親が劇場を経営していたという

来館者の方が、亡き父の写真を見つけてビックリ!

なんてこともありました。

当時を知らずとも楽しめる貴重な資料です。

ぜひ館内で読んでみてください。

9月のシネマの風景、広報活動中!

9月13日(土)に開催する

ミュージアム開館3周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」。  

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラシが出来上がったので、

さっそく札幌市内の各施設に置いてもらうべく、

発送作業に追われています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

ゲストの作家・桜木紫乃さんにちなんで釧路市内、

上映作品「大地の侍」ゆかりの当別町内でも

配布していただく予定です。

街中でオレンジ色のチラシを見かけたら、

どうぞお手に取ってみてください。