2014年振り返り④芦別ロケ「野のなななのか」

2014年を北海道ロケで振り返る第四弾。

5月に公開されたのは、

芦別ロケ『野のなななのか』です。

無題11-300x199

©2014 芦別映画製作委員会/PSC
配給/PSC TMエンタテインメント

尾道三部作などで知られる大林宣彦監督が、

20年以上交流を続けた芦別市を舞台に、

地元市民と作り上げた人間ドラマ。

旭川出身のベテラン俳優・品川徹さんが主役を務めました。

人の生き死に、戦争、3・11後の在り方・・・などを

大林監督ならではのタッチで続くこの作品。

「3・11後の今、平和への強い願いと

時空を超えた愛の物語を描き、

決然と未来へ進むべき道を示した」ことが評価され、

第6回TAMA映画賞最優秀作品賞を受賞!

野のなななのか-300x198

映画の公式サイトによると、さらに

バルセロナアジアウィーク観客賞も受賞したそうですね!

おめでとうございます。

映画化までの経緯、ロケ地など関連情報も

このブログでご紹介しているので、ぜひチェックを!→コチラ

2014年振り返り③札幌ロケ「茜色クラリネット」

2014年を北海道ロケで振り返る第三弾。

3月に公開されたのは、

札幌ロケ『茜色クラリネット』です。

スキャン0001-212x300

琴似地区でロケし、地元のプロと中高生が作ったこの作品。

監督は当時高1の坂本優乃さん。

130728 クランクイン-5-300x198

スタッフ、キャストも、中高生が務めました。

道内、東京での上映を経て、

なんと来年1月には、スウェーデン・ヨーテボリ国際映画祭の

チャイルドフィルム映画祭での上映が決定!

子どもたちの想いが、

言葉や国の違いを超え、現地の皆さんに伝わりますように。

11

札幌発、中高生映画の快進撃はまだまだ続きそうです!

2014年振り返り②帯広ロケ「銀の匙」

2014年を北海道ロケで振り返る第二弾。

3月に公開されたのは、帯広ロケ『銀の匙』(吉田恵輔監督)。

WEB用_銀の匙_メイン01-300x199

(C)2014 映画「銀の匙 Silver Spoon」製作委員会
(C)荒川弘/小学館

農業高校の青春を描く人気漫画の

映画化として話題になりました。

ちなみに原作の漫画は12巻発売中。

いよいよ新章に突入!

エゾノーでの1年を経た八軒たちに、

新たな出会いと出来事が・・・。

映画と漫画、見比べるのも一興です!

28日に「小アニメーション大感激祭PART18」!

以前ミュージアムにご来館くださった

札幌のアニメーション作家・ 津山昌徳さんが主催する

「小アニメーション大感激祭」が28日、

かでる2・7(10階1050会議室)で開催されます。

DSC_1380-300x198

18回目となる今回も、

全国から寄せられたプロ・アマの自主制作作品を一挙上映。

多彩なアニメーションの世界をご堪能ください。

入場料は600円。

お問い合わせは津山さん(011-513-4317)へ。

2014年振り返り①網走ロケ「抱きしめたい」

ミュージアムも、そろそろ年末へのカウントダウンを始める頃。

そこで、2014年を振り返る連載をスタート!

公開された北海道ロケをピックアップして振り返ります。

ご覧になった作品、いくつあるでしょうか。

2月に公開されたのは、

『抱きしめたいー真実の物語ー』(塩田明彦監督)。

P9280008-300x225

交通事故により麻痺と記憶障害の後遺症を抱え、

車椅子での生活を送る女性とタクシー ドライバーの

実話を基にした純愛ストーリーでした。

ちなみに、主演の北川景子さんは

2010年の糠平ロケ『瞬ーまたたき』も主演。

来年公開の『愛を積むひと』にも出演しています。

北海道ロケ映画のキー女優として、

ぜひ今後も活躍して欲しいものです!

20日、山田勇男監督&くつした企画の8ミリ×デジタル上映会!

大雪、荒れ模様の札幌です。

本日は、年末の映画イベントのご紹介を。

20日(土)、札幌市内で山田勇男監督&くつした企画の

8ミリ×デジタル上映会が開催されます!

くつした企画 画像1

山田監督も、くつした企画の黒田拓監督も、

ご来館いただき、インタビューさせていただいた方です。

DSC_0187

※山田監督インタビューはコチラ、黒田監督はコチラ

札幌で、80年代に活動した山田監督と、現在活動する

くつした企画という異なる世代の作品上映とトークから、

〝札幌での映像制作の過去と現在〟について考えるとのこと。

くつした企画 画像2

どちらも独特で強烈な世界観があるだけに、

面白いイベントになりそうですね。

詳細、問い合わせはくつした企画の公式サイトまで→コチラ

キネ旬歴代邦画ベストの女優は、函館出身の高峰秀子さん!

先日嬉しいニュースが発表されました。

映画雑誌「キネマ旬報」を発行する

キネマ旬報社が、創刊95周年記念として

「オールタイル・ベスト日本映画男優・女優」の

アンケート結果を行ったというのです。

1位の女優さんは、函館出身の高峰秀子さんでした!

無題-205x300

おめでとうございます!!

石狩ロケ「喜びも悲しみも幾歳月」など、北海道ロケ映画の

名作にも出演された昭和を代表する大女優さんです。

ミュージアムに関連展示もあるので、どうぞチェックを。

そして、男優1位の三船敏郎さんも、

2位の札幌出身・森雅之さんと共に

札幌ロケ「白痴」に出演するなど、北海道にゆかりがあります。

ランク入りした俳優さんの名前を見ると、

懐かしの名作が次々浮かびますね。

その中に、いくつ北海道ロケがあるのか。

ぜひ館内の北海道ロケ地マップで探してみてください!

ちなみにミュージアムの礎を築いたひとり、

元ワーナー・ブラザーズ札幌支社長の

故・山田昻(のぼる)さんは、

北海道キネ旬友の会の会長も務めた方。

2e97e2dd-300x225

キネ旬とミュージアムの縁も感じていただければ幸いです。

DSCN1813-300x225