函館で12/4(金)、「赤いハンカチ」上映!160名ご招待(11/25日締め切り)

毎年12月、函館山山頂クレモナホールなどを

会場に開催されている「函館港イルミナシオン映画祭」。

poster2015

今年は12月4~6日に予定。

目玉上映として、この映画祭の「シナリオ大賞」から生まれた

オール函館ロケ最新作「函館珈琲」を特別上映!

また、初日には石原裕次郎主演「赤いハンカチ」を上映。

yjimage

こちらは、函館山ロープウェイリニューアル・オープン記念として

160名を招待するそうです!

応募方法などは下記をご参照ください。

●函館山ロープウェイリニューアル・オープン記念 12/4(金)上映の主演:石原裕次郎「赤いハンカチ」160名ご招待

•上映日:12月4日(金)13:00
•会場:函館山山頂「クレモナホール」
•応募方法/往復はがきに住所・氏名・年齢・希望枚数をお書きの上、下記までお送りください。
•応 募 先/〒040-0053 函館市末広町4-19(まちづくりセンター内)
函館港イルミナシオン映画祭事務局 「赤いハンカチ」係
•応募締切/11月25日(水)消印有効

プログラム詳細も、これから発表されることでしょう!

楽しみですね。

※公式サイトはこちら

あす「北のシネマ塾」!小檜山博館長による「モロッコ」

あす午後2時からは、ミュージアムで開催される

ミニイベント「北のシネマ塾」。

今回は、小檜山博館長が登場し、“愛と戦争”の番外編として

洋画の名作「モロッコ」(ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督)

を取り上げます!

yjimage

入場無料&当日参加OK。ぜひ!

小沼監督の特集上映でトークが行われました

東京のシネマヴェーラ渋谷で20日まで開かれている、小樽出身の小沼勝監督特集。15日には、小沼作品で助監督を務めた中田秀夫監督、女優の風祭ゆきさん、評論家の高崎俊夫さんによるトークが行われました。

この日の上映作品は、風祭さん主演の「妻たちの性体験  夫の眼の前で、今…」と、中田監督の「サディスティック&マゾヒスティック」。こちらは小沼監督自身や撮影の星勝さんや録音の橋本文雄さんらスタッフ、日活の同期である小原宏裕監督、脚本の荒井晴彦さん、女優の片桐夕子さんや谷ナオミさんらへのインタビューと小沼監督のロマンポルノの映像をふんだんに使った、ドキュメンタリーです。

小沼監督特集上映で話し合う、右から中田秀夫監督、風祭ゆきさん、高崎俊夫さん

小沼監督特集上映で話し合う、右から中田秀夫監督、風祭ゆきさん、高崎俊夫さん

中田監督は、「日活の神代監督や田中登監督が他社で撮るようになり、憧れを持っていた監督で、ロマンポルノ作品でつけたのは小沼監督くらい。小沼監督自身の資質とロマンポルノがぴったりあっていたのではないか」と話し、「後期の『箱の中の女』では、本物の下水道で夜中の1時から撮影したりして、あまりの過酷さに女優が失踪して5日探して連れ戻した。これは『実録小沼組』になるんじゃないかと企画しかけたことがあった。その思いがドキュメンタリーになった」。

風祭さんは「ロマンポルノはどれも女優を、男にとっての理想像、女神に撮ってくれた。特に小沼監督は、ラブシーンの演技指導も、アフレコの喘ぎ声も自分でやって見せてくれた」と振り返り、「アップの時は口角を上げて、とか、主演女優に必要なのはこういうこと、と教えてくれ、何度でもやってみたい監督さん」と話していました。

中田監督が、「小沼さんは中学で小樽から東京に出てきて、月に20本くらい映画を見たらしい。『フレンチカンカン』や『スタア誕生』といった、女優が成長する内容の映画が大好き」と話すと、高崎さんも「日大芸術学部の卒論は、確か『勝手にしやがれ』。もともとシネフィルで、映画好きが監督までなったのは日活では珍しい」と応じるなど、小沼監督についての話は尽きるところを知りませんでした。

ところで、この日は、映画好きで知られる柄本佑さんと妻の安藤サクラさんも来場。柄本佑さんは13日のNHK「あさイチ」に出演した際、好きな5本の映画(DVD化されているもの)として、「フレンチカンカン」、相米慎二監督の「ションベン・ライダー」などと並んで、小沼監督の「NAGISA なぎさ」を挙げるほどの小沼ファンのようです。番組中でも「今日も行こうかなと思ってます」と話していました。東京の人は、芸能人を見るのは慣れているようで、喜んであいさつするのは加藤くらい。写真を頼むと、「事務所が別々で、二人一緒の写真はいろいろ許可がいるので、すみません」とのことで、載せられる写真はありません。見たい人は加藤まで。(理事・加藤敦)

ドキュメンタリー映画「ルンタ」インドで上映

チベットの今日を活写したドキュメンタリー映画「ルンタ」を製作した池谷薫監督によるインド・ダラムサラからの報告です。中国の弾圧から逃れたチベット人が暮らす北インドの町です。要約してお届けします。(構成・文責 喜多義憲)
 「ルンタ」の道内上映は札幌で11月28日(土)から12月4日(金)までの1週間、札幌狸小路6丁目のシアターキノで。
池谷監督池谷薫監督(今年10月、札幌試写会で)
                 ◇          ◇          ◇
 先日、ダラムサラ国際映画祭に参加して、大勢のチベット人に「ルンタ」をご覧いただくことができました。
11月7日の上映は500席の会場がほぼ満席となり、僕も中原一博さんもここで上映できる喜びを噛みしめました。
IMG_20151030_0001DSCN2287
▲写真(上)映画「ルンタ」のチラシ、(下)映画の1シーン。焼身抗議現場を訪れた中原一博さん
インド北部の町ダラムサラは「ルンタ」前半の舞台であり、ダライ・ラマ14世と8000人を超える亡命チベット人が暮らしています
中原さんはこの町に30年間住み続け、建築家、NGO代表として故郷を失ったチベット人たちの支援を続けてきました。
上映中はチベット人の囁きや笑い声やすすり泣きが聞こえてきて、他のどの場所にもない不思議な雰囲気を味わいました。
僕の隣の老婆は焼身者の写真が映し出される度にお経を唱えていましたし、厳しい拷問に耐え抜いた元尼僧や海外メディアの前で決死の抗議行動を行った青年僧の証言も、チベット人に囲まれて観ると、からだの芯から熱くなるような感動を覚えました。
  そして、ルンタが風にはためき、少年の馬が疾走し、チベットの大草原が広がると、静かなよめきが起きました。
スクリーンを見つめるチベット人たちの顔に笑顔が広がるのを見て、僕も中原さんもチベットを旅して本当によかったと思いました。
  エンドロールが流れると会場は万雷の拍手に包まれ、それがいつまでもやみません。中原さんの安堵の表情が何よりもダラムサラでの成功を物語っていました。上映後は大勢のチベット人に囲まれ、口々に感謝の言葉をかけてもらいました。
強く印象に残ったのは「ルンタ」をぜひ世界で上映してほしいと懇願されたこと。ニューヨークやトロントなどチベット人が多く住む街では、きっと彼らが協力を惜しまないだろうとも。新たな宿題を渡されたようで気が引き締まる思いがしました。
 ルンタの願いをもっと多くの人へ、そして世界へ届けたいと思っています。
感謝を込めて
池谷 薫

函館ロケ「そこのみにて光輝く」札幌で再上映!11/28~12/4

第88回キネマ旬報ベスト・テン、

日本映画部門で1位に輝いた

2014年の函館ロケ「そこのみにて光輝く」(呉美保監督)。

そこのみ1-300x214
(C)2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

11/28(土)~12/4(土)まで、

ユナイテッド・シネマ札幌で再上映されることになりました!

「軽部アナが選ぶ名作シネマ カルシネ」の企画。

無題

企画の詳細はこちら

6作品中、邦画は「そこのみにて…」含めて2作品。

もう一作の「清須会議」には、

北海道出身の大泉洋さんが出演しています。

ぜひこの機会に、スクリーンでご堪能ください。

札幌市資料館・健さんイベントレポート!

11月7日(土)、札幌市資料館で行われた

イベント「時代の証言者『映画鑑賞会』~“健さん”と北海道~」。

ミュージアムの高村賢治副館長がトークし、

健さん主演の名作「幸福の黄色いハンカチ」を上映しました。

当日の模様を写真でご紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定員50人でしたが、なんと約70人が参加したそう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9月のミュージアム開館4周年記念イベントに続き、

健さんの魅力を語った高村副館長。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後日、ミュージアムに「面白かった」と感想を

言いにきてくださった方もいるほど、好評でした。

会場にはミュージアム所蔵の健さんポスターも展示。

健さんの一周忌が過ぎましたが、

死してなお、輝くのが銀幕のスターなのだなぁ・・・と実感します。

img_0

ご参加くださった方々、ありがとうございました。

高倉健主演「新幹線大爆破」が11/14~11/27まで札幌で上映!

夕張で一部ロケされた

高倉健さん主演のアクション大作

「新幹線大爆破」(佐藤純弥監督)が、

11/14(土)~11/27(金)まで

札幌・シネマフロンティアで上映されます!

375x281

名作をデジタルでリバイバル上映する

「第3回 新・午前10時の映画祭」の一環。

現在公開中の「駅 STATION」に続く

健さん主演作となります。

ぜひこの機会に、ご堪能ください!

※詳しくはこちら

第8回オホーツク網走フィルムフェスティバルレポート!

11/6~8日に網走で開催された

「第8回オホーツク網走フィルムフェスティバル」。

無題

現地の会員さんからレポートと画像が届きました!

* * *

高倉健1周忌として、網走番外地シリーズ第8作の「決斗零下30度」と「鉄道員(ぽっぽや)」を上映したほか、「私の男」「明日泣く」「メイクルーム」など、内外の近作計12作品を上映した。会場の一角に「高倉健追悼コーナー」を設け、ミュージアムからお借りしたポスターなどの資料を展示したほか、入場者が健さんへの思いを寄せ書きする、特大の黄色いハンカチも用意した。

網走映画祭・追悼コーナー

「映画対談(ぶっちゃけトーク)」では、内藤誠監督や俳優の伊達弘さん、監督・女優の村田唯さんら映画関係者が撮影の裏話を披露した。本田隆一監督がシナリオ、キャスティング、撮影など映画作りを指導する「映画教室」には約20人が参加。2チームに分かれて、本田監督による同一の脚本で、2本の短編作品を制作した。

今回初めての試みとして、地元PR作品を公募したところ、3作品の応募があり、映画教室で制作された2作とともに最終日のエンディングで公開され、応募作の制作者に各賞が贈られた。

網走映画祭エンディング

* * *

各種催しを含めた入場者数は約2500人。

ミュージアムからご提供した健さん資料も

無事、展示されたようですね。

少しでもお役に立てて良かったです。

今年8回目を迎えた映画祭。

ぜひ10回、20回、30回を目指して、続けてほしいですね。応援!