北海道出身の白石和彌監督作「日本で一番悪い奴ら」

すでにご覧になった方も多いことでしょう。

北海道出身の白石和彌監督。

映画「凶悪」で注目を集めた白石監督の第2作目が、

「日本で一番悪い奴ら」です!

199350

人気俳優・綾野剛が、日本一の〝悪〟を演じるとして

話題にもなりました。

映画のモチーフとなったのが、

2002年に北海道で実際に起こった、

日本警察史上、最大の不祥事と言われる「稲葉事件」。

ロケは三重県のようですが、

北海道ゆかりの話題作としてもチェックです。

舞台は札幌!「青空エール」

高校吹奏楽部の女子部員と野球部員の青春模様を描いてヒット中の「青空エール」は札幌が舞台ですが、残念ながらロケは行われていません。なぜ札幌ロケが行われなかったか、撮影の清久素延さんが「映画撮影」210号に寄せた報告からの引用で紹介します。

「青空エール」は滝川出身の河原和音さんの同名漫画が原作で、釧路ロケ作品「僕等がいた」の三木孝浩監督がメガホンを取りました。舞台は札幌で、主人公らが通う札幌白翔高校のモデルは白石高校と明記されています。吹奏楽部員がコンクールなどで着用する赤いジャケットは、白石高校のものを参考にしたとのことです。

清久さんの報告によると、「今回の物語の舞台は北海道の札幌です。しかし話のメインは学校の吹奏楽の部室と野球部のグランド、音楽コンクールなどのホールに野球場で、札幌の街も冬の景色も出てきません。予算のない作品ではありませんが、吹奏楽と野球と2倍とは言いませんが2倍近くのボリュームがあります。両部員にスタッフを連れての地方ロケには厳しいものがあります。そこで北海道設定はそのままにして、もう少し近郊で撮ることにしました」とのことです。実際には静岡県や千葉県の学校や廃校で撮影したそうです。

報告には、厳しいスケジュールの中で撮影するため、夜でも音楽室のデイシーンが撮影できるよう、美術スタッフの協力で窓を壁でつぶしたり、カーテンを取り付けたりしたするという、興味深い撮影の様子が記されています。報告は「厳しいスケジュールですが、その中でもできるだけ監督が陽に追われることなく演出に集中できる環境を作る為なのです」と続き、スタッフの一丸となった準備や撮影現場での苦労が偲ばれます。

image1

「映画撮影」210号に掲載された「青空エール」の撮影報告

設定上の舞台に見立てて、他の場所で撮影することはよくあります。近年でも南極に見立てて網走で撮影した「南極料理人」や、かつては道北や道東の雪原を旧満州に見立てた「人間の條件」「戦争と人間」など枚挙にいとまがありません。逆に東映東京の「北海の◯◯」といった作品群のように、房総の海岸っぽい北海道が登場する映画もあります。映画づくりの裏側を知ることで、映画がさらに楽しめるようになるかもしれません。なお、この映画は恋愛映画というより、山下敦弘監督の「リンダリンダリンダ」のような味わいを持った爽やかな青春映画で、札幌ロケは行われていなくても、十分楽しめます。(理事・加藤敦)

館内のパネル掲示物を一新!

5周年記念イベントが終わり、ほっとひと息のミュージアム。

最新情報を掲示する館内中央にあるパネルを

このほど新しく整理しました!

1

4

スタッフ&学生の手作りです。

ぜひご覧になってください。

10/14公開!「永い言い訳」西川美和監督インタビュー

以前ミュージアムにもご来館くださった(当時の記事はこちら

西川美和監督の新作「永い言い訳」が、

10/14、ディノスシネマズ札幌劇場で公開されます。

5

8月、キャンペーンで来札された監督に、

高村賢治副館長がインタビューしました!

* * *

-「永い言い訳」を映画化するきっかけは。

いがいがしく別れていく男と女のテーマを通して、残された男の生きざまを描いてみたかった。興味ある主題と思ったからです。

ー主人公に本木雅弘さんを起用した理由について。

二枚目で、チャーミングであるところ。主人公の人間性(心の葛藤)をうまく表現してくれるという期待感からです。映画の中では、献身的に演じてくれました。

ー本木さんと共演した竹原ピストルさん、戸次重幸さんを使った狙いは。

竹原さんは「海炭市叙景」から知っていて、竹原さんの対極的なキャラクターを、本木さんにぶつける事で、ドラマが面白くなるのではという狙いからです。戸次さんは、画中に描かれる人の動きを良く観察できる人であるという理由から。どちらもうまく成功していると思います。

ー「ゆれる」のオダギリジョーさんのキャラクターが、そのまま今回の本木さんに投影されているように見えたのですが・・・

撮ってみて、結果的にそう感じました。「ゆれる」は、私が30代に自分に対してのケジメとして作ったものです。「永い言い訳」は、40代の自分のケジメ、いわば総決算になるかもしれない。ぜひそのケジメ(作風)を見てください。

2

* * *

いかがでしたか。

映画を観てから再読いただくと、

言葉の意味がより理解できるかもしれません。

公開が待ち遠しいですね! 公式サイトはこちら