石井輝男監督特集で、谷隼人さんが旭川出身・山本麟一さんの思い出を語りました

東京の名画座、シネマヴェーラ渋谷で石井輝男監督の十三回忌を記念した特集上映が行われています。「網走番外地」シリーズなどで知られる石井輝男監督は、2005年に死去、その遺志により網走の潮見墓園に墓が建てられた、北海道とゆかりの深い監督です。2日には「網走番外地・悪との対決」などに出演している谷隼人さんのトークが行われ、共演した高倉健さんや旭川出身の山本麟一さんの思い出を語りました。

石井輝男監督作品や、その出演者について語る谷隼人さん(左)。右は聞き手の下村健さん

石井輝男監督作品や、その出演者について語る谷隼人さん(左)。右は聞き手の下村健さん

谷さんは日活を経て東映に入社、「非行少女ヨーコ」に続いて、2作目として「網走番外地  荒野の対決」に出演。「石井監督からは、小芝居はいらない、と言われました。アクションシーンでも、納得いくまで動いてみろ、と俳優の泳がせ方が上手な監督でした」と振り返るとともに、「網走番外地・吹雪の斗争」では、出演者の安藤昇さんが、バスの中で出番をあまりに待たされたため網走から帰ってしまったという秘話を披露。「他の俳優は言うばっかりですが、安藤さんは男気の人ですから、周りが『なめられてますよね』なんて言ったんで、本当に帰っちゃった。でも石井監督は吹き替えを使ったりして撮影を続けました。高倉健さんと一緒の大事なシーンが残っていたので、健さんは『五分の芝居がしたかった』と言って怒っていましたね」。

話は「吹雪の斗争」にも出演している旭川出身の山本麟一さんに及びました。山本さんは明治大学ではラグビー部で鳴らし、1953年に東映入社。ぎょろりとした目でやくざ映画の悪役を数多く演じた名脇役です。「ラグビー野郎」(1976年、清水彰監督)では「ラグビー指導」としてクレジットされています。「ターザンみたいな人ですから、明治大学では相撲部も応援団も怖がったそうです。同じ明治の健さんは『先輩』と呼んでました。指が太くて電話のダイヤルに入らないとか、立ち回りは本気でやってくるとか、いろんなエピソードがある人です」。

谷隼人さんは、最後に石井監督について「遊びが好きで、『遊びを見せることで本質が見えてくる』と話していました」と、映画でも私生活でもダンディーを貫いた石井監督を偲びました。トークの締めくくりには、「網走番外地」をワンコーラス歌って喝采を浴びました。(理事・加藤敦)

6/10北海道先行公開!北海道ロケ「心に吹く風」のユン・ソクホ監督&主演の真田麻垂美さんインタビュー(後編)

6/10(土)に北海道で先行公開される
映画「心に吹く風」(ユン・ソクホ監督)。

(C)松竹ブロードキャスティング

(C)松竹ブロードキャスティング

監督と、主演の真田麻垂美さんへの
インタビューの続きをどうぞ。

* * *

Q.北海道での撮影はいかがでしたか?

心に吹く風 (9)

真田麻垂美さん:私も北海道は大好きで、函館や札幌を訪れていました。撮影初日、大雨の東京から飛行機で旭川に着くと、真っ青な空と美しい新緑のグリーン、牧場の牛! 「ここで撮影できるんだ」と、気持ちがワクワクしたのを覚えています。撮影の合間にいただいたアスパラガスやジャガイモがとても美味しくて、幸せな時間でした。

Q.監督は2012年に人気俳優チャン・グンソク出演のドラマ「ラブレイン」で、旭川・富良野・美瑛で撮影されました。その時からこの映画の構想があったのでしょうか。

2017-05-23 17.02.42

監督:いいえ、その時は映画のお話はありませんでした。最初は3年前、映画撮影の提案をいただき、どんな作品にするか考えるため、大好きな北海道で構想を練ったんです。その時、自然の偶然的要素からイメージがどんどん湧き、さらに、劇中に登場する古い倉庫や青い池などを見つけ、インスピレーションを受けてシナリオに落とし込みました。

Q.真田さんは、海外監督とのお仕事は初めてですね。演出の違いや苦労があれば。

真田さん:演じるとき、私は自分を軸に、どこまで役の感情と寄り添えるか、共通点を探していきます。今回はその期間が半年間ほどあり、監督とコミュニケーションを取りながら深めていけました。肉体的にも10キロ太ることで春香という女性に近づきましたし、順撮りだったこともあり、難しいという感覚はありませんでした。

心に吹く風 (15)

ひとつ発見だったのは、「自然」も俳優と同じ立ち位置にあるという監督のスタンスです。当たり前のようですが、実際、自然と私達の演技が合う瞬間は、運とタイミング。監督の求める天気を待って1週間トライし続けたこともありましたが、最終的には美しい自然と、リョウスケ、春香が合致した瞬間が撮れました。きっとこの映画に神様が味方してくれたのかな、と思います。

Q.最後に、北海道のファン、観客へメッセージを。

監督:大好きな北海道で、初めて映画を撮りました。ここに住んでいる北海道の皆さんとお会いできることが嬉しいです。この映画には、風を通したメタファーや風の風景がたくさん出てきます。リョウスケと春香に吹いたような、爽やかな、ときめく風を感じていただけたらと思います。ぜひ、劇場でご覧ください。

真田さん:大自然の中では嘘がつけません(笑)。心震える、真実の大人のラブストーリーです。皆さまに、ご覧いただけたら幸いです。

心に吹く風 (17)

映画「心に吹く風」 公式サイト →こちら

6/10北海道先行公開!北海道ロケ「心に吹く風」のユン・ソクホ監督&主演の真田麻垂美さんインタビュー(前編)

春の北海道、美瑛~富良野を舞台にした
映画「心に吹く風」が6/10(土)に北海道で先行公開されます。

(C)松竹ブロードキャスティング

(C)松竹ブロードキャスティング

大ヒット韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督の
記念すべき劇場用映画第一作!
キャンペーンで来札した監督と、
眞島秀和さんとともに主演した
女優・真田麻垂美さんへのインタビューを、
2回に分けてたっぷりご紹介します。

心に吹く風 (14)

* * *

Q.まずは監督へ、ロケ地に北海道を選んだ理由は?

ユン・ソクホ監督(以下、監督):北海道はもともと好きで、よく来ていました。自然がワイドで、視覚的な美しい要素がたくさんあります。ただ、今回はそれだけではなく、この映画で追及しているテーマをよく表している場所だと思ったんです。それは、〝偶然と時間〟です。

心に吹く風 (16)

「人が生きる」ということは、偶然的な要素の連続だと思いますが、よくみると自然の中にもそういう偶然の要素がたくさんあります。たとえば、風で揺れる木の葉や、太陽の日差しを受けて動く雲の影、刻々と変化する雲や影の姿。そうした大自然の中にある偶然の要素や美しさと、人間の世界で起こる偶然の物語をつなげて表現したいと思ったんです。北海道は、そのテーマにとてもマッチした場所だと感じました。

2017-05-23 17.02.24

Q.特に、白樺の美しさが印象的でした。

監督:白樺は、白い背景に木の皮がまるで人の目や顔のように見え、その多様性が興味深い。それも偶然的要素だと思いますが、そうしたパターンの自由さが、私が好きな理由かもしれません。この映画のカラーは〝白と緑〟なのですが、それにもマッチしています。ちなみに、人の表情に見える白樺の模様もたくさん撮ったのですが、結局カットにしました。

Q.真田さんは16年ぶりの映画復帰となりました。そのきっかけは?

真田麻垂美さん:〝偶然と時間〟をテーマとしたこの映画のように、私自身もこの映画との出会いは偶然なんです。松竹ブロードキャスティングの深田誠剛プロデューサーとたまたま食事会でご一緒する機会があり、映画のワークショップ式オーディションにお誘いいただいたのがきっかけなんです。

心に吹く風 (7)

その時は長く現場を離れていたので、「ご迷惑になるのでは」とお答えしたのですが、「主婦の話なので、実生活で主婦を体験した真田さんにぜひ」と言われ、迷いながらも参加することにしました。が、部屋に入った瞬間、監督の優しい空気感に包まれ、それまで緊張していた自分が嘘のように解放されたんです。不思議でしたけれど、とても居心地が良くて、自由に表現させてもらいました。すべてがそこに到達するようにつながっていたのかなと、今は思います。

(つづく)

(C)松竹ブロードキャスティング

(C)松竹ブロードキャスティング

映画「心に吹く風」公式サイト →こちら

旭川出身・白石和彌最新作「彼女がその名を知らない鳥たち」10月公開!

「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」で名を知られる

北海道旭川市出身の白石和彌監督の

最新作情報が入ってきました!

タイトルは「彼女がその名を知らない鳥たち」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10/28(土)公開です。

沼田まほかるのミステリーを映画化。

〝最低な女と男が辿りつく究極の愛〟

を描く内容と聞くと、どうも過去作同じく

一筋縄ではいかない問題作の予感。

公式サイトはこちら

どうぞお楽しみに!