川本三郎さんの「『男はつらいよ』を旅する」が出版されました

「北の映像ミュージアム」の活動に力を貸してくれている、評論家の川本三郎さんの新しい本「『男はつらいよ』を旅する」が新潮社から出ました。タイトル通り、旅好きな川本さんが、渥美清演じる寅さんがシリーズ全48作で訪れた全国の町を歩きます。

image1 (2)

北海道では、寅さんが浅丘ルリ子のリリーと初めて出会う第11作「寅次郎忘れな草」の網走、三船敏郎と淡路恵子が貫禄を見せた第38作「知床慕情」の斜里町ウトロ、伊藤蘭主演の第26作「寅次郎かもめ歌」の奥尻島、リリーと再会する第15作「寅次郎相合い傘」の小樽、蒸気機関車が重要な役割で登場する第5作「望郷篇」の函館本線小沢駅などを訪れます。

網走では「寅が商売を始める場面で画面に映っていたレコード店はもうない」と寂しい情景を描写する一方、地元にできた東京農大の女子学生が実習で知り合った農家の息子と結婚するという話を聞き、「話半分にしても漁業や農業に活気があるのはいいことだ」と地方に温かい目を注ぎます。「知床慕情」では、同じ山田洋次監督の「遙かなる山の呼び声」と同様、離農という厳しい現実も描かれている、とあります。小樽では「寅次郎相合い傘」の船越英二のかつての恋人(演じるのは函館出身の岩崎加根子)が営む喫茶店を探し、「この喫茶店は現在はないが画面に映っていた歯科医院が健在で、それを手がかりに場所を探し出すことが出来た」と熱心な探訪の様子を記しています。
松竹による「男はつらいよ」ロケーション一覧はこちら

印象的なシーンの画像も掲載されています。

古い町並みや失われた鉄道が数多く登場する「男はつらいよ」シリーズについて、川本さんは「はじめから古い町を舞台にしているから何年経っても古くならない。繰返しに耐えられる。新しい風俗を描いた映画が、時間とともに古くなってしまうのに対し、『男はつらいよ』は新しさを求めないから長く、長く残ってゆく」と書きます。北海道南西沖地震で失われた奥尻島青苗の街並みが映し出される「寅次郎かもめ歌」では「日本各地でロケされた『男はつらいよ』はいまではその町の歴史になっている」と書かれています。

驚くのは、どこを訪れても、川本さんが「男はつらいよ」のことで、と地元の人に尋ねると、みんなが笑顔でロケ当時のことや、ロケ地(またはロケ地跡)のことを教えてくれること。また、小さな場面のロケ地にも案内板があることなどは、「男はつらいよ」シリーズや寅さんが、いかにたくさんのひとに愛されていたかを示しています。「ロケ地の人々にとって、『男はつらいよ』はいまも大事に記憶されている」と、川本さんは書いています。

出版を記念して6月29日に東京・神保町の三省堂書店で行われたトークイベントで川本さんは、ゲストで帝釈天の寺男の源公を演じた佐藤蛾次郎さんに「奥尻島で会ったタクシーの運転手さんは蛾次郎さんにそっくりで、雑誌連載ではそう書いたけど、運転手さんに悪いかなと思って本にするときは削りました」と話し、会場の笑いを誘いました。トークの会場には、川本さんが女優のインタビュー集「君美わしく」でインタビューした、元祖グラマー女優、前田通子さんが聴衆としていらっしゃいました。「女真珠王」のグラマー女優も、和服の似合う白髪の上品な老婦人になっていました。もちろん今もお綺麗でした。新東宝映画の本にサインしてもらうと、本人曰く「50年ぶりくらいだから」と、サインはちょっと震えていました。余計な話ですみません。

image1(理事・加藤敦)

「心に吹く風」の撮影秘話を、高間賢治カメラマンが語りました

美瑛などで撮影されたユン・ソクホ監督の「心に吹く風」が東京でも公開され、1日には、高間賢治撮影監督のトークが新宿武蔵野館で行われました。「心に吹く風」のホームページはこちら

高間撮影監督は、三谷幸喜監督の「ラヂオの時間」「みんなのいえ」、中江裕司監督の「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」をはじめ、2008年の日本映画ベスト1(個人の感想です)の金子修介監督「プライド」、増毛ロケの小林政広監督「春との旅」、札幌ロケの喜多一郎監督「鏡の中の笑顔たち」などを手がけたベテランです。

高間撮影監督は「映画のテーマは『偶然』、画面の中で風をどう表現するかがポイントでした」と述べ、撮影中は毎日、ユン・ソクホ監督が風の様子を見ながら撮影スケジュールをどんどん変えていったというエピソードを紹介し、「スケジュールを立てる助監督は大変だったと思うけど、僕らはいい条件で撮影したいので、監督に代わりに言ってもらえてありがたかった」。

image1

トークショーで「心に吹く風」の撮影秘話を披露する、高間賢治カメラマン

ユン監督の映像へのこだわりぶりも紹介し、一例として、さびたトタンがさまざまな色に変わった倉庫の壁に雨粒が落ちてくる印象的な場面を、「あれはユン監督が自分で撮影した映像があって、それをもとに同様のイメージで作ったもの」と明かしました。また、ユン監督はロケ地周辺をとても詳しく調べていて、「ロケハンに行くと、監督が道順を指示し、僕らが教えられていたくらい」。さらに、出演者の一人とさえ言える米国製のピックアップトラックのフロントガラスの映り込みにも、ユン監督はこだわりを見せ、「ガラスがきれいだと映り込みは出ないので、撮影後の処理でよく出るようにしました」と苦心の一端を紹介してくれました。

美瑛町や富良野市、東神楽町での撮影は3週間ほど行われ、監督やキャストはホテルに泊まり、スタッフは日帰り温泉施設の休憩室を借りて寝泊まりしたそうです。「撮影中は毎日朝からふろに入ってました。やっぱり温泉はいいですね」。

高間撮影監督は「映画の撮影はこうでなければならない、というカメラマンもいるけれど、僕はCMはドキュメンタリーもやってきたし、三谷幸喜さんや椎名誠さんといった異業種の監督との仕事も多いので柔軟に考えることができる方です。今回も監督のイメージした絵が撮れていれば満足です」と話し、職人としての一端を見せてくれました。北海道の美しい風景がとらえられた映画も、こうしたスタッフのすぐれた仕事があればこそ、と言えます。(理事。加藤敦)

ミュージアム開館6周年記念上映会「小林正樹の世界」9/2(土)札幌プラザにて

お待たせしました!

今年もミュージアム主催の映画上映会を開催します。

北の映像ミュージアム開館6周年記念
シネマの風景特別上映会
「北海道が生んだ、映画界の至宝! 小林正樹の世界」

CCI20170704_0000

これまで北海道をロケ舞台とした作品を上映してきましたが、

今回は、昨年生誕100年・没後20年となった

小樽生まれの小林正樹監督を特集します!

上映するのは、

函館生まれの女優・高峰秀子さん出演のホームドラマ
「この広い空のどこかに」(1954年)

この広い空のどこかに©1954 松竹

この広い空のどこかに©1954 松竹

仲代達矢主演主演の時代劇
「いのち・ぼうにふろう」(1971年)

1

いのち・ぼうにふろう©1971 東宝/俳優座提携

いのち・ぼうにふろう©1971 東宝/俳優座提携

さらに、ゲストとして元北海道新聞記者の

関正喜氏をお招きします。

関さんは、記者時代、小林監督に取材をしており、

2016年刊行の「映画監督 小林正樹」(岩波書店)では、

監督インタビューの作成・編集などを担当されています。

実際に接した彼ならではの貴重なお話が聞けるはず!

CCI20170704_0001

プログラムは次の通り。

【午前の部】9:00開場
①9:30~ 映画「この広い空のどこかに」(111分)
②11:30~ トーク 関正喜「映画監督 小林正樹」(30分)
③12:00~ 映画「いのち・ぼうにふろう」(121分)

【午後の部】14:25開場
④14:50~ 映画「この広い空のどこかに」(111分)
⑤16:50~ トーク 関正喜「映画監督 小林正樹」(30分)
⑥17:20~ 映画「いのち・ぼうにふろう」(121分)

※2本立て、午前・午後の入れ替え制です。

会場は狸小路5丁目の「札幌プラザ2・5」です。お間違いなく。

さっそく、館内に特設コーナーを設けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チケットは前売り券1200円(2本立て、会員1000円)
当日券1500円 で、道新プレイガイド、ミュージアムで発売中!

お問い合わせは当ミュージアム(011‐522‐7670)へ。

年に一度の大イベント! 我々も楽しみです。

皆様、ぜひご参加ください。

「森と湖のまつり」の貴重なロケスナップ資料

標茶・塘路湖を舞台に、アイヌ民族の青年の姿を描く

内田吐夢監督の大作「森と湖のまつり」(1958年)。

作品としてはもちろん、北海道史としても貴重な

この映画のスナップ資料が、先日ミュージアムに届きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お持ちくださったのは、岡山県に住む小田幸男さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実はこの映画に、幸男さんのお母様、

故・小田千代子さんがご出演されたそう!

遺品の中から発見し、「資料として活用してほしい」と、

北海道旅行の機会に、わざわざご持参くださったのです。

東映時代は「茜(あかね)・みやこ(漢字不明)」の芸名で

ご活動されていたというお母様。

小学生の時に亡くなったので、詳しくはわからないそうですが、

「アイヌの方から踊りを教わったり、北海道にいい思い出があって、

それを聞いた記憶があります」とのこと。

ページを開くと、美しい若き日のお母様が。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

松竹時代には「宮幸子」の芸名で活動しており、

小津安二郎監督「東京暮色」にはクレジットにも登場するそう。

ちなみに、お母さまの父親(幸男さんの祖父)も映画人!

松竹蒲田のカメラマン・小田浜太郎さんで、

高峰秀子のデビュー作「母」も担当したそうです。

最近になって「森と湖のまつり」を見たという幸男さん。

お母様やお爺様が関わった作品と出会い、

改めて生前の2人について知ることもあるとか。

アルバムの写真の一部はデータ資料として譲り受け、

今後、上映会時の展示などで活用させていただくことに。

大切なアルバムはご本人に返却いたしました。

貴重な資料&お話をありがとうございました!

留萌出身の作曲家、佐藤勝の作品演奏会が7月30日に開かれます。

留萌出身の作曲家で、黒澤明監督や岡本喜八監督の映画の音楽で知られる佐藤勝の作品を演奏する「佐藤勝音楽祭」が7月30日に東京の渋谷区文化総合センターで開かれます。

image1

佐藤勝は1928年生まれ、旧制留萌中学から国立音楽大学を出て早坂文雄に師事。52年に「三太と千代の山」でデビューしました。「隠し砦の三悪人」「用心棒」「赤ひげ」などの黒澤明作品や、「独立愚連隊西へ」「江分利満氏の優雅な生活」などの岡本喜八作品をはじめ、「ゴジラ対メカゴジラ」「日本沈没」など東宝特撮映画の音楽を数多く手がけました。北海道関連では「札幌オリンピック」「北の蛍」「キタキツネ物語」のほか、いずれも山田洋次監督の「幸福の黄色いハンカチ」「遙かなる山の呼び声」があります。リズムのはっきりしたダイナミックで骨太のサウンドが特徴で、300本以上の映画の音楽を残し、99年に亡くなりました。

当日は松井慶太指揮のオーケストラ・トリプティークによって演奏されます。オーケストラ・トリプティークは、釧路出身の作曲家、伊福部昭の生誕100年を記念して2014年に開かれた公演でも演奏しています。

演奏会のホームページはこちら

開演は午後2時。上記の黒澤監督3作品、岡本喜八監督の「肉弾」などが演奏されます。岡本喜八監督夫人のみね子プロデューサーらのトークもあります。チケットの問い合わせはカンフェティ0120・240・540へ。(理事・加藤敦)