札幌が舞台「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」3月公開!

2018年も、新しい北海道ロケ作品がどんどん公開されます。

3/3(土)には、札幌を舞台にしたラブストーリー

「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」が

公開されます!

(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

いくえみ綾さんの原作漫画「プリンシパル」の実写映画化。

まっすぐで不器用な女子高生が、

引っ越し先の札幌で2人の対照的な同級生男子と出会い、

恋や友情に揺れる物語。

黒島結菜、小瀧望(ジャニーズWEST)がW主演しています。

さっそく、館内にポスターを掲示しました。

1 (1)

監督は、北海道ロケ作(「起終点駅 ターミナル」

「スイートハート・チョコレート」「つむじ風食堂の夜」など)

を多く手掛ける篠原哲雄さん。

ぜひ劇場でご覧ください。

映画の公式サイトはこちら

「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」
2018年3月3日(土) 全国ロードショー
(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

懐かしのレザーディスクがずらり!

2018年の展示入れ替え時に、常設棚に

新しいコレクションを並べました。

それが、こちら!

image2

レザーディスク(LD)です。

まるでレコードのような、直径30cmのディスクで、

両面で最大2時間の映像を記録できる光ディスク規格。

1972~2009年に生産され、好きな映画作品のLDを

愛蔵する映画ファンも多かったとか。

和田由美事務局長から提供を受け、

この機会にずらりと飾ってみました!

image1

その数、50タイトル以上!

ジャケットの格好良さも見どころです。

特に、小津監督作品、

ビリー・ワイルダー、ヒッチコック作品が多いあたり、

和田事務局長の好みが伺えます。

昨年末の大掃除のときには、試写をして楽しみました。

DSC03262

気になる方は、ぜひ足をお運びください。

2017年12月のシネマ塾レポート「サンセット大通り」

毎月第3土曜日の午後、ミュージアムで行っている
トークイベント「北のシネマ塾」。
2017年最後に行われた
12/16(土)の回の模様をご紹介します。

DSC03095

この日は〝まだビリー・ワイルダー〟と題し、
「サンセット大通り」をご紹介。

DSC03020

街並み画家・浦田久さんと
ミュージアム事務局長・和田由美が
アメリカの映画監督ビリー・ワイルダーの魅力を語りました。

DSC03026

映画は、サイレント映画時代の栄光を忘れられない
大女優の妄執と悲劇を描いた傑作。
実際にサイレント時代の大スターだった
グロリア・スワンソンが主演しています。

ビリー・ワイルダーファンを公言しているだけあって、
「大人の見る映画!人間の狂気を感じさせる」(浦田さん)
「女優の凄みを感じる。撮影、音楽、すべて職人技!」(和田さん)
と絶賛する2人。

DSC03068

執事役のエリッヒ・フォン・シュトロハイムについて、
「実際にサイレント時代の偉大な
映画監督だけあって重量感がある」と浦田さん。

DSC03053

和田さんは、舞台となった豪邸屋敷が実在するものだったことに触れ
「モノクロですけれど質感が違う」と説明。
さらに、「時代を超えて生き残る作品は本当に凄い作品」と話し、
「こういう作品を撮りながら、『麗しのサブリナ』や
マリリン・モンローの作品も作っちゃう、
ビリー・ワイルダー監督には本当に驚かされます」と語りました。

DSC03116

年末の慌ただしい中、わざわざ足をお運びくださった方々、
どうもありがとうございました。

DSC03070

さて、このビリー・ワイルダー特集。
今年も開催いたします!
6/16(土)午後2時から、“まだまだビリー・ワイルダー”と題し、
次は「少佐と少女」(1942年)をご紹介する予定です。
ぜひご参加ください!

2018年企画展は「小林正樹の世界」!

4日から通常開館しているミュージアム。

今年の企画展テーマは

「北海道が生んだ、映画界の至宝!『小林正樹の世界』」です。

DSC03247

・・・どこかで聞いたことがあるタイトルでしょうか。

はい。実は、昨年9月に行った

ミュージアム開館6周年記念上映会のテーマでもありました。

その際、「この広い空のどこかに」「いのち・ぼうにふろう」を上映し、

監督に実際にお会いした関正喜さんによるゲストトークも開催。

(当時の記事はこちら

多くの方にご来場いただき、手応えを感じました。

小樽出身の巨匠・小林正樹監督のことをもっと伝えたい!

というわけで、今度は企画展として展開することにしたのです。

会場では、特別に監督のインタビュー映像も上映。

DSC03269

ぜひぜひ、お越しください!

DSC03266