ゆうばり映画祭さっぽろサテライト会場のラインナップが発表!

3/15に開幕する「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。

今年初の試みとなるさっぽろサテライト会場が、

映画祭と同じ期間、札幌プラザ2・5に設けられることは、

記者会見レポート(こちら)でお知らせしましたが、

このたび、上映作品が発表となりました!

2017年オフシアターコンペ・グランプリ作品
「トータスの旅」(北海道未公開)

コンペ出身の入江悠監督作品
「22年目の告白―私が殺人犯ですー」

2018年ゆうばり会場で上映される
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(原題)監督の過去作
「リトル・ミス・サンシャイン」

ゆうばり映画祭の協賛社制作作品
「GANTZ:O」「少女は異世界で戦った」
「KARATE KILL」「墨の魔術師」

新海誠監督の北海道を舞台にしたアニメーション長編
「雲の向こう、約束の場所」

ファンタスティック映画
「マッドマックス:怒りのデス・ロード」

詳しい上映日時はサテライト会場の公式サイト(こちら)でチェックを。

01

サテライト会場のみの通しチケットは1000円。

ゆうばりファンタパスポート(2500円)でも鑑賞可能です。

当日はゲスト登壇も一部あり!

夕張には足を運べない。
けれど、札幌なら!という方も。

ここで雰囲気を体感して、次は夕張へ!という方も。

ぜひぜひ、お楽しみください。

ゆうばり映画祭パンフを配布中!

3月15日に開幕する

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。

先日記者会見をレポート(記事はこちら)しましたが、

パンフレットを館内で配布中です!

CCI20180306_0002

招待作品やコンペなど、上映作品を紹介。

ぜひお手に取ってみてください。

映画祭の公式サイトはこちら

3/21、ドキュメンタリー映画「ぼくと魔法の言葉たち」札幌上映会

自閉症の少年が、大好きなディズニー・アニメ

を通して言葉を取り戻す様子を追った

ドキュメンタリー映画「ぼくと魔法の言葉たち」が、

3/21(水)、札幌プラザ2・5で上映されます。

CCI20180222_0000

世界中の映画祭で笑顔と涙の喝采を受け、

2017年米国アカデミー賞

長編ドキュメンタリー映画賞に輝いた作品。

映画の公式サイト(こちら)を見ると、

きっと優しく、前向きになれそうな傑作の予感!

①11:00 ②13:00(シネマトークあり) ③15:30 ④17:30

の1日4回上映。

一般前売り1000円(当日1300円)、大学生以下500円(前売り・当日共に)。

札幌市内プレイガイドにて発売中!

問い合わせは、NPO法人北海道学習障害児・者親の会クローバー(公式サイトはこちら

2月の「北のシネマ塾」レポート「飢餓海峡」

2月17日(土)、ミュージアムのミニイベント

「北のシネマ塾」が開催されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は大作「飢餓海峡」(1965年、内田吐夢監督)がテーマ。

初参加者の方も含め約10人が集まりました。

残念ながら私・新目は途中退席したので、

トークを最後まで聞けませんでしたが、

トーク担当の小田島敏朗常務理事に事前に伺ったところ、

映画のモチーフとなる「洞爺丸台風」が、

いかに北海道の産業、歴史に爪痕を残したか。

また、彼独自の見方として、作品と満州のつながりを披露。

満洲映画協会理事長を務め、終戦直後、 服毒自殺した

(その場で内田吐夢監督が看取った)甘粕正彦と、

映画で三國連太郎演じる主人公・犬飼との

関連性を指摘したそう。

かなり刺激的なトークだったようで、

この日参加された方々はラッキーだったと思います!

改めて参加者の方々、ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて次回は・・・

3月17日(土)午後2時~、

「網走番外地 大雪原の対決」を紹介。

トーク担当者は、北海学園大教授の大石和久理事です。

どうぞお楽しみに!

5月、女優・香川京子さんが札幌に!溝口監督2本立て

往年の映画ファンにとって、嬉しいビッグニュース!

5月26日(土)、札幌プラザ2・5で

溝口健二監督「近松物語」「山椒大夫」が上映。

01

さらに、女優・香川京子さんを招いた

シネマトークも開催されるそうです!

札幌映画サークル創立55周年記念上映会。

札幌映サさん、ありがとうございます!

スケジュールやチケットなどの詳細は公式サイト(こちら)へ。

本日3月1日から前売り券発売スタート!

ぜひこの機会に、名作&名女優のトークを楽しみましょう。