函館ロケ「オーバー・フェンス」、募金協力のお願い

「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く、

佐藤泰志原作×函館ロケ映画の第3弾!

「オーバー・フェンス」

無題

監督は、「味園ユニバース」「苦役列車」の山下敦弘さん!

オール函館ロケで、この夏クランクインします。

そのチラシが、ミュージアムに届きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小説は、佐藤泰志が小説を諦めかけていた頃、

函館の職業訓練校で過ごした日々をもとにした内容だそう。

現在、小学館文庫「黄金の服」で読むことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「生きることの意味」を問い続け、41歳で自ら命を絶った作家・佐藤泰志。

没後25年の今年、5度目の、そして最後の芥川賞候補となった

この小説の映画化で、「前2作とまた違った函館の街の魅力を描きたい」

と、企画・製作の菅原和博・函館シネマアイリス代表のコメントです。

ということで、この取り組みに賛同する方へ、募金をお願いしています。

詳細は下記の通り。

* * *

A 映画製作協力金/1口 1万円
(口数によって、「映画入場券1枚」「クレジットタイトルへの名前記載」など特典いろいろ!)

B 映画製作サポーター募金/1口 3000円
(映画入場券1口につき1枚、エキストラ出演登録権)

●法人映画製作協力金/1口 5万円
(映画入場券1口につき5枚、クレジットタイトルに法人名記載、映画台本進呈)

* * *

チラシに申し込み用紙があるほか、

ご興味ある方は映画「オーバー・フェンス」製作応援団

(シネマアイリス/0138-31-6761)まで。

私も何度か経験しましたが、映画のエンドロールに名前が載る

喜び&興奮は何物にも代えられません!

どうぞこの機会に、ご検討をお願い致します。(アラタメ)

コメントは受け付けていません。