大活躍!札幌映画サークルの学生スタッフがご来館

みなさん、こんな映画冊子をご存じですか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「THE」。「ざ」と読みます。

これは、札幌映画サークルの学生スタッフが、

学生の映画ファンを増やそうと発行するフリーペーパー。

先日、この企画者である

北海学園大4年の矢武兄輔くんがご来館下さいました!

1

この矢武くん、映画好きをうならせる若きアイデアマン!

昨年から、映サ主催の「ウルトラマンの映画館」や

無題

札幌未公開のマイナー映画を上映する「クチコミ劇場」など

2

続々開催されている新イベントの仕掛け人なのです。

7月から発行したフリーペーパーをきっかけに、

なんとTSUTAYA札幌駅西口店には、専用コーナーも出現!

11935817_722628201175374_1073506272_n

そんな矢武くんに映画に興味を持ったきっかけを

突撃インタビューしたところ、

「踊る大捜査線です!」との答えが。

何でも、リアルタイムで映画作品に触れ、ファンイベントに足繁く通い、

本広克行監督がディレクターを務めるさぬき映画祭にも参加。

そこでさまざま人と出会い、映画を身近に感じたのだそう。

作品の魅力を聞くと、「観る教科書です!」と即答してくれました。

映画にハマる扉は人それぞれ。

彼の熱意に触れ、改めて「踊る」シリーズの魅力を感じました。

さて、そんな矢武くんに北海道ロケのイチオシを聞いたところ、

「今年は、美瑛ロケ『愛を積むひと』は小道具が素晴らしく、絵がキレイでした!」とのこと。

そんなこんなで映画の話題は尽きないですが、

今度は大学の映研の自主映画を上映する催しを計画中!

8/22には、プレゼン企画として「たぬき映画まつり」を開催するそう。

詳細は映画サークル(011-747-7314)へ。

これからが楽しみですね。応援!!!

コメントは受け付けていません。