「シネマの風景 特別上映会2015」レポート前編

北の映像ミュージアム開館4周年記念イベント

「シネマの風景 特別上映会」が9/12(土)、

札幌プラザ2・5で行われました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年は北海道と縁の深い名優・高倉健さんを追悼し、

同じく昨年亡くなった俳優・菅原文太さんと共演した

アクション映画「大脱獄」(75年、石井輝男監督)と

アイヌ民族をテーマにした名作「森と湖のまつり」

(58年、内田吐夢監督)を2本立てで上映!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午前&午後の部、いずれもほぼ満席状態!

DSC_0089

ありがたいことに、合計約500人の方々にお越しいただきました。

会場ロビーには、ミュージアム副館長で

映画研究家の高村賢治さんの秘蔵品を中心に、

ミュージアム所蔵の映画ポスターを一挙公開。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、ロビー手前、階段の壁にも、

スチール写真やキネ旬バックナンバーの関連ページを展示。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

じっくり眺めるお客様も多く、仲間とともに資料を探し、

あれこ相談しながら掲示した甲斐がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(前日の準備の様子です)

何より嬉しかったのは、「面白かった!」「また来ます」の

言葉を掛けていただいたこと。

特に「森と湖のまつり」は、希少な35ミリフィルムを

東京国立近代美術館フィルムセンターから借りるなど

準備が大変でしたが、その分大変貴重な鑑賞の機会となりました。

珍しいアクション「大脱獄」とともに、喜んでいただけたなら幸いです!

こちらこそ、足をお運びいただきありがとうございました。

DSC_0113

(つづく)

コメントは受け付けていません。