札幌特区通訳案内士の研修生一行がご来館!

どんどん秋めいてきた札幌です。

さて、札幌市は、ロケ地としての環境整備や

ロケ対応できる人材を輩出し、経済活性化を図る

「札幌コンテンツ特区」の指定を受けています。

その一環として養成している

「札幌特区通訳案内士」の研修生たちが、

先日、ミュージアムを訪れました。

北の映像ミュージアム3

その人数、なんと60人!

高村賢治副館長が対応し、

ロケ地・札幌について紹介しました。

北の映像ミュージアム2

札幌を訪れる外国人観光客や、海外からのロケ撮影を支援する彼ら。

より魅力あるガイドや情報提供に、この場所がお役に立てば幸いです。

北の映像ミュージアム1

ガイドされた方々が、またこの場所を訪れてくれればうれしいですね!

コメントは受け付けていません。