北のシネマ塾「君の名は(第2部)」レポート

ミュージアムで行われる月イチイベント「北のシネマ塾」。

10/17(土)は、美幌ロケ「君の名は(第2部)」をテーマに

武島靖子理事がトークを行いました。

yjimage

昭和27年にラジオドラマで話題となり、

翌年には映画化されて人気が爆発したこの作品。

当時のラジオ放送を聞いていた

〝おませな子ども〟だったという武島理事は、

「戦後、ようやく庶民の暮らしが上向きになっていた」

などと、映画の時代背景を懐かしげに解説。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファン投票で配役が決まったことや、

監督がキャストやスタッフに洋画「哀愁」を

参考にするよう勧めたことなど、製作秘話を紐解き、

「映画は、物語を伝えると同時に、

その時代の人の暮らしや町の風景を伝えるのも役目。

まさにこの映画から、昭和20年代の様子がよくわかる」と語りました。

ヒロインの岸恵子について、参加者から感想を求めると、

「とにかく綺麗!」「現代でもいる女性像だった」と意見が続々!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

半世紀以上も前の作品ながら、

これだけ盛り上がることのできるのは、

やはり傑作映画なのだと再認識したひとときでした。

さて、次回は「戦争と愛」の〝番外編〟!

11/21日(土)午後2時から、

「モロッコ」(ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督)をテーマに

58102ddb

小檜山博館長がトークします。

どうぞこの機会にお越しください!

コメントは受け付けていません。