映画好きの学生スタッフが加わりました!

先日、嬉しい仲間が加わりました。

北海学園大3年の千葉健太くんが、

ボランティアの学生スタッフとして加わってくれたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

聞けばこの彼、相当の北海道ロケ映画好き!

なかでも高倉健さん好きで、

中標津ロケ「遥かなる山の呼び声」は何度も観てるそう。

若いのに意外なその理由を聞くと、

幼いころ北海道の地図が好きで、道の駅などを巡り、

続いてロケ地→映画の面白さ に気付いたとか。

北海道ロケ映画は400本以上。

これからもたくさんの発見があるでしょうね。

どうぞよろしくお願いします。

さらにこの日は、もうひとつ嬉しい出会いがありました。

「山田洋次監督の映画、僕も好きなんです」と

話しかけてくれたのは、この方(右)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都からお越しくださった立命館大学

生存学センター客員研究員の番匠健一さんです。

ネットで知り、わざわざ立ち寄ってくれたそう。

そのうち、午後当番の喜多義憲副館長が登場し、

館内に手紙が展示されている黒澤明監督や

さまざまな話題に発展!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミュージアムという「場」があればこそ、

こうした“化学反応”が起きるんだなぁと感じたひとときでした。

コメントは受け付けていません。