2016年の企画展テーマは「北の大地と農業」!

入ってすぐ右手のガラスショーケースは、

開館以来、「シネマの風景 北の歴史編」

と題した企画展の展示に使っています。

2016年のテーマは「北の大地と農業」!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「大地の侍」から「銀の匙」まで、

北海道を舞台にした多彩な作品資料を並べたほか、

北海道総合博物館の御協力により、

開拓時の貴重な品物を展示しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

企画展趣旨は次の通りです。

* * *

2016年は、「北の大地と農業」をテーマとした映画を紹介します。

先住のアイヌ民族によって育まれた北海道は明治2年、新政府により「蝦夷地」から「北海道」へと改名されました。開拓の担い手となったのは、屯田兵をはじめ、新天地を求めて全国各地から渡道した人々です。

彼らは、大自然の猛威と闘いながら土地を切り拓きました。広大な土地を生かし、試行錯誤の末に北海道型農業を発展させ、日本の食糧基地として存在感を高めました。

近年は、高齢化や後継者不足、環境問題、TPPなどの問題が山積していますが、道産米の品質向上や農業をテーマとした漫画のヒットなど、明るい話題も生まれています。

北海道の美しく豊かな自然を背景に、波乱に満ちた歴史を映像を通じて知ることで、ひと味違った現在、そして未来の姿が見えてくるかもしれません。どうぞお楽しみください。

* * *

1年間の展示予定ですので、ぜひ足をお運びください。

コメントは受け付けていません。