シネマの風景フェス2016プログラム紹介①「熊の出る開墾地」

6/18(土)~24(金)に開催される

北の映像ミュージアム開館5周年記念イベント

「シネマの風景フェスティバル

『北のシネマ 過去・現在・未来』」。

無題

北海道をロケ舞台に製作された7作品を一挙公開!

スペシャルゲストを迎えてトークショーも開催します。

開催までの1か月、

上映作品の見どころなどを随時ご紹介。

第1弾は「熊の出る開墾地」(1932年、鈴木重吉監督)です。

熊 (2)
※東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵

原作は、昭和初期「農民文学」の旗手とされる佐々木俊郎。

61IYX8hnacL__SX353_BO1,204,203,200_

川端康成が夭折を惜しみ、

「没後、最も不当に扱われた作家」と評した作家だそう。

小説は、北海道の開墾者たちと悪徳地主との対決を中心に、

農民のつらさや悲しさ、美しさを描く物語。

映画化された際、何といっても注目されたのは、

無声映画のトップスターと謳われた

鈴木傳明(つぐあきら)が主演したこと!

熊 (1)

明治大学出身でスポーツマンタイプの2枚目です。

ロケ地となった中札内の原野はもとより、古い札幌の街並みも見モノ。

今回は、現役の活動弁士・麻生八咫(やた)さんを招き、

麻生

昔懐かしい活弁で上映致します!!

東京国立近代美術館フィルムセンターよりお借りした

貴重なフィルムをご堪能ください。

* * *

「シネマの風景フェスティバル」
6/18(土)~24(金)
札幌プラザ2・5(札幌市中央区南2西5、狸小路5丁目)

★「熊の出る開墾地」は6/18(土)①12:45、②16:00、6/19(日)③12:25の合計3回上映!

映画鑑賞前売り券 1本券500円(当日600円)、5本回数券2000円
※北の映像ミュージアム、道新プレイガイド、シアターキノにて販売中!

お問合せはミュージアム(011‐522‐7670)へ。

コメントは受け付けていません。