シネマの風景フェス2016プログラム紹介④「骨まで愛して」

6/18(土)~24(金)に開催される

北の映像ミュージアム開館5周年記念イベント

「シネマの風景フェスティバル

『北のシネマ 過去・現在・未来』」。

無題

北海道をロケ舞台に製作された7作品を一挙公開!

スペシャルゲストを迎えてトークショーも開催します。

上映作品の見どころをご紹介する

第4弾は、「骨まで愛して」(1966年、斎藤武市監督)です。

骨まで愛して 1
骨まで愛して(C)1966 日活

タイトルでピンと来る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

売り上げ150万枚を記録した

大ヒット曲「骨まで愛して」の映画化。

img_0

歌に流れる〝年上の女性との熱情〟を、

渡哲也&浅丘ルリ子コンビが体現!

骨まで愛して_20

歌謡ロマンアクションムービーの決定版だそうです。

骨まで愛して_16

イベント4日目の6/21(火)は、

ミュージアム副館長で映画研究家の

高村賢治さんによるトークも予定!(6/21 17:25)

DSC_0035-300x1981

映画愛あふれる高村さんの面白トークもお楽しみに。

* * *

「シネマの風景フェスティバル」
6/18(土)~24(金)
札幌プラザ2・5(札幌市中央区南2西5、狸小路5丁目)

★「骨まで愛して」は6/21(火)①15:35、②17:45、6/22(水)③11:00、6/23(木)④13:50 の合計4回上映!

映画鑑賞前売り券 1本券500円(当日600円)、5本回数券2000円
※北の映像ミュージアム、道新プレイガイド、シアターキノにて販売中!

お問合せはミュージアム(011‐522‐7670)へ。

コメントは受け付けていません。