総入場者は1300人ーシネマの風景フェスティバル

狸小路5丁目の札幌プラザ2・5(札幌市中央区南2西5)で開かれていた「北の映像ミュージアム」開館5周年記念「シネマの風景フェスティバル-北のシネマ 過去・現在・未来」は6月24日、盛況のうちに7日間の幕を閉じました。NPO法人北の映像ミュージアム(佐々木理事長)の集計によりますと、道内ゆかりの作品7本を延べ29回上映、計1287人の映画ファンに鑑賞していただきました。スタッフ一同、ご来場に心からお礼を申し上げます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲無声映画「熊の出る開墾地」。活弁士、麻生八咫さん(写真上)の名調子とプロアコーデオン奏者の顔を持つ映画監督坪川拓史さん(写真下ー左)、パーカッションとテルミン奏者窪田健策さん(写真下ー右)の伴奏で、古き良きキネマ時代が再現された

初日(6月18日)と2日目は、国後島のカニ缶工場を舞台に、15歳の原節子が出演した活弁トーキー版「生命の冠」と、現役活弁士麻生八咫(やた)さんがスクリーン脇で熱弁する無声映画「熊の出る開墾地」が上映されました。2日目は道の開拓期を描いた両作品に加え、ノスタルジーあふれる坪川拓史監督(室蘭在住)のデビュー作「美式天然」(うつくしきてんねん)も上映。2日間で約500人が入場しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1930年代と2000年代ー2つの時代に誕生した3作品を上映した初日、2日には計500人の映画ファンが訪れた。客席の若い\世代からは「弁士、楽士付きの無声映画を初めて見たが、テンポよく古さを感じさせなかった」と驚きの声も

3日目は「未来ー新鋭監督が描く北海道の今」と題して「美式天然」だけを4回上映しました。この作品はトリノ国際映画祭でグランプリと最優秀観客賞をダブル受賞した話題作。16㍉フィルムで上映されるのは道内で初めて。現在も室蘭で次回作「モルエラニの霧の中」を撮影中で、舞台挨拶に立った坪川監督は「これからも北海道で映画を作り続けたい」と熱く決意を語った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9年の歳月をかけて完成させた自らの作品「美式天然」を語る坪川拓史監督のゲストトーク。現在室蘭で製作に取り組む意欲作「モルエラニの霧の中で」の予告編も上映された

フェスティバル後半は、ニセコを舞台に大正期のロマンチシズムをオールスター・キャストで描いた「華の乱」、刑務所の雑居房の様子を飄々と描いた「刑務所の中」など秀作ぞろいで、ミュージアム理事らによる作品解説も連日企画され、本道開拓の苦悩の歴史を描いた「大地の侍」には「こんな映画があったとは。涙が流れました」と語る女性客も姿もありました。

 

DSC_0752

札幌プラザ2・5のロビーには道内ロケで誕生した懐かしい名画のポスターや関係資料を展示。オールドファンたちは映画鑑賞の待ち時間に熱心に見入っていた

会場ロビーでは上映作品のポスターや貴重な映画資料が展示されたほか、最初の2日間は浴衣姿の売り子が「お煎にキャラメル」を会場で販売し、往年の映画館のにぎわいを再現しました。

<楽しみながら頑張った-会員たち、ボランティアたち>

1週間続いたシネマの風景フェスティバルの企画・運営はすべてNPO法人北の映像ミュージアムの会員とボランティアの手で行われました。自前の浴衣を来て、昔、映画館にはつきものだった「おセンにキャラメルはいかがですか」の売り子さんに扮してくれた人たち。法被を来て切符もぎや場内案内。コーヒー、ケーキの販売、書籍の販売・・・・。

ボランティアスタッフには社会人だけでなく、北海学園大学で映像文化論などを指導する大石和久教授のゼミ学生らも多数参加してくれました。なかにはフェスティバルのボランティアを務めたあと、夜の授業に駆けつける2部学生もいました。「私たち、映画が好きだから」という爽やかな笑顔が素敵でした。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

DSCN3040

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コメントは受け付けていません。