北の映像ミュージアム開館5周年祝賀会(詳報)

北の映像ミュージアム開館5周年を祝う宴は、シネマの風景フェスティバル初日の6月18日午後7時から、ホテルオークラ札幌(中央区)で開かれました。その模様は19日、snapshot シネマの風景フェスティバル(1)の中で速報しました。100人を超す大盛況でしたので、ここに詳報と、映像ミュージアム関係者とゲストの方々との和やかな懇談風景などを捉えたスナップ写真を掲載します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5周年記念祝賀会は。呼びかけ人方式で開かれました。冒頭、呼びかけ人を代表して挨拶に立った上田文雄・前札幌市長は、ミュージアムの創設に協力した経緯に触れながら「これからも故郷の映像を伝える活動を続けてほしい」と激励、私たちNPO法人北の映像ミュージアム会員らは身の引き締まる思いで拝聴しました。

続いて来賓の秋元克広・札幌市長が祝辞を述べ、「ミュージアムの建物は近く解体される予定だが、(映像ミュージアムを)貴重な文化財としてこれからも守ってゆきたい」と移転存続に配慮する姿勢を明らかにしました。これまた、映像ミュージアム関係者には力強い励ましになったことは言うまでもありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立食形式の祝賀会には、呼びかけ人、パトロネージュ会員、「映像ミュージアム」関係者、学生ボランティアのほか、この日2回の無声映画上映で熱弁をふるった活動弁士の麻生八咫(やた)さんら出演者も出席しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

祝賀会では、ミュージアムに貴重なアーク式映写機を寄贈していただいた旧士別テアト銀映館主の田淵浩義さんご夫妻や上映作品「刑務所の中」に出演している演出家・俳優の斉藤歩さんら多彩なゲストも紹介され、会場のあちこちで映画談議が繰り広げられました。

13450230_1010069352441414_4901819805766701218_n

▲この写真のみ金子国彦氏撮影分を拝借

祝賀会の中締めで、小檜山館長が北の映像ミュージアムを代表して挨拶。本道で450本もの映画が撮影されていることに触れながら、「映画には風土と人と時代が映しこまれる。我々は北海道人による、北海道の映画を作ることを次の目標にしたい」と力強く宣言。応えて北海道新聞社の村田正敏・代表取締役会長が「映像文化の拠点づくりにこれからも協力したい」と述べて祝賀会を締めくくりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは受け付けていません。