オダギリジョーさんからメールが届きました。テアトル新宿に。

9月17日に公開された函館3部作の最終章「オーバー・フェンス」。公開初日には東京のテアトル新宿で舞台あいさつがあり、山下敦弘監督、蒼井優さん、松田翔太さんらが登壇しました。オダギリジョーさんは映画の撮影でキューバ滞在中とのことで、代わりにサプライズのメールが届きました。メールは舞台あいさつの中で披露されたほか、テアトル新宿ロビーに文面が展示されています。ロケ中の函館の思い出などがつづられていますので、ご覧ください。

image1

テアトル新宿に展示されている、オダギリジョーさんのメール

舞台あいさつの模様は「オーバー・フェンス」の公式フェイスブック(こちら)でも読むことができます。

函館ロケと言えば、今年は「世界から猫が消えたなら」が公開されたのに続き、「オーバー・フェンス」「函館珈琲」と、地元発信で製作された2本の映画が公開されました。さらに、来年3月公開の廣木隆一監督、土屋太鳳ちゃんと亀梨和也さん主演の「PとJK」も今年6、7月に函館で撮影されました。映画館で流れ始めている予告編では、八幡坂あたりと思われる、一目で函館とわかる風景が映し出されています。「PとJK」は音更町出身の漫画家、三次マキさんの原作で、札幌出身の川瀬陽太さんも出演しています。土屋太鳳ちゃんは公開中の「青空エール」では、札幌が舞台だけどロケ地は本州、「PとJK」では函館でロケしたけど舞台は架空の街、と撮影地と舞台の不思議なねじれを体験しています。「映画の街」函館でこれからどんな映画が生まれるでしょうか。北海道の映画ファンの期待は尽きません。(理事・加藤敦)

コメントは受け付けていません。