岩内出身の村田唯さんが初監督作品「密かな吐息」について語りました

後志管内岩内町出身の女優、村田唯さんが脚本、監督を務めた「密かな吐息」が東京のシネマート新宿で5日から11日まで公開されました。連日、舞台挨拶やトークが行われ、7日には村田さんが数多くの作品に出演している井口昇監督と村田さんがトークを披露しました。

「密かな吐息」は2013年に撮影され、今年のゆうばり映画祭で上映されました。井口監督は「女性ならではのエロチシズムが満ち満ちていて、谷崎潤一郎のエロ文学チックな作品で新鮮な驚きを感じた」と称賛。村田さんは監督進出の動機について「10年ほど前から役者をやって、演技にしか興味がなかったけれど、5年くらい前に井口監督作品の出演者としてゆうばり映画祭に行ったら、ものすごく楽しかった。作り手は楽しいんだろうな、と思って、もっと知ったり成長したり、いろんなものを残したいと考えました」と話しました。

楽しいトークを展開した井口昇監督(左)と着物姿の村田唯さん

楽しいトークを展開した井口昇監督(左)と着物姿の村田唯さん

ロケ地は村田さんの出身地の岩内町。主人公が滞在するシェアハウスは、実は村田さんの実家だそう。製作費の多くも、プロデューサーを務めた村田さんのお父さんが援助してくれたそうです。スタッフの多くは日大芸術学部の同期生で、撮影日数は岩内町で10日、海のシーンを撮影した関東で3日だったそうです。

脚本はオリジナル。「思うように行かず、何回も変えました。リハーサルでセリフが変わったりもしました」と話し、主演女優としては「演じたというより、その時抱えていた感情を発散させた感じでした」と振り返りました。監督としての次回作は未定ですが、「人を愛することで幸せはつかめるのか、ということを考えていきたい」と話してくれました。

来場者に配られたA4サイズ4ページの「鑑賞のしおり」

来場者に配られたA4サイズ4ページの「鑑賞のしおり」

村田さんは、19日から東京・新宿ks cinemaで公開される今泉力哉監督の「退屈な日々にさよならを」にも出演しています。また、ゆうばり映画祭では常連の井口監督は、25日から27日まで開かれる「オホーツク網走フィルムフェスティバル」にゲストとして来場します。「今回は『キネマ純情』の女優陣と行くので華やかな雰囲気になります」と話してくれました。どちらも楽しみにしましょう。(理事・加藤敦)

コメントは受け付けていません。