Hoppoken秋号にミュージアムの映写機が登場!

ミュージアムの大切な展示物のひとつ、

カーボンアーク式35ミリ映写機「富士セントラルF7型」。

main_853_ll

さまざまなドラマを経て、士別の映画館から

ここミュージアムに運ばれてきました。

季刊誌「Hoppoken」の秋号に、

この映写機が大きな写真付で紹介されています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2

%e5%86%99%e7%9c%9f-3

ミュージアム理事による、詳しい由来の解説に加え、

フィルムへの熱い思いがつづられています。

この雑誌は、公益社団法人北海道国際交流・協力総合センター

の会員向け機関誌ですが、

札幌市内の書店3ヶ所(紀伊国屋書店札幌本店、

丸善・ジュンク堂書店札幌店、北海道大学生協書籍部外販店)

で販売しているそう。

館内でも閲覧できます! ご興味ある方はぜひ。

コメントは受け付けていません。