派谷恵美(はたちや・めぐみ)さんが「シムソンズ」の思い出を語りました。

映画「ひかりをあててしぼる」が、東京・渋谷のユーロスペースでレイトショー公開されました。2006年に東京都渋谷区で起きた殺人事件をもとにした作品で、主演は忍成修吾さんと派谷恵美さん。忍成修吾さんは夕張などで撮影された「北の零年」で、明治の開拓期、家臣が開拓に励む北海道にいったんは来るものの、すぐに戻ってしまう若い藩主を演じています。

image1

「ひかりをあててしぼる」の舞台挨拶。左から坂牧良太監督、永山たかしさん、忍成修吾さん、派谷恵美さん、桜井ユキさん

派谷恵美さんは中学生で「非・バランス」(2000年)に主演、鮮烈なデビューを飾りました。他人と壁を作る女子中学生・チアキと、三笠市出身の小日向文世さん演じるオカマバーのママ・菊ちゃんの友情、そして再び歩き出すチアキの姿を描く傑作です。2005年には当時の常呂町で撮影された、カーリングを題材にした傑作青春映画「シムソンズ」に出演、主人公たちのライバルチームのスキップを演じました。

トーク終了後、「シムソンズ」の思い出を尋ねると、「撮影期間中はサロマ湖畔のホテルに缶詰。コンビニに行くにも車で20分くらいかかるところで、毎日ホテルとリンクの往復でした。でも(主演の)加藤ローサちゃんたちチームの4人と一緒にいられて楽しかったです」と話してくれました。「また北海道に撮影に来てください」と言うと「行きたいですね。食べ物おいしいし。シムソンズの撮影ではカキをバケツにいっぱいもらって、あんなに食べたのはあの時だけです」と懐かしそうに話してくれました。

派谷さんのカーリングチームのコーチ役は丸山智己さん。12月1日付のスタッフブログでは、丸山さんに思い出を語ってもらっていますのであわせてご覧ください。お二人ともカキの話なのはサロマ湖らしくておもしろいですね。

image2

「非・バランスのチアキちゃんが、こんな大人の女性になったんだな、と思って見てました」と言うと、「こんなに大きくなりました。あ、背はあんまり変わってません」と笑顔で話してくれました。息の長い女優さんになってください。(理事・加藤敦)

コメントは受け付けていません。