ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017記者会見レポート

今年もこの時期がやってまいりました。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」!

640

3/2(木)~3/6(月)の開催を前に、

札幌で行われた記者会見の模様をレポートします。

DSC_0514

27回目を数える今年は、

NPO法人「北の映像ミュージアム」理事長の

作家・小檜山博さんが、実行委員長を務めます。

DSC_0421

「人生は1回きりだが、良い映画を観ることで何度でも生き直せる。北海道は、東京に次いでロケが多く、登場人物の人生観や思いを映し出せる背景を、北海道の文化や風土、自然は持っている。北海道の文化を考えるひとつの核として、この映画祭をもっと発展させてほしい」と挨拶されました。

DSC_0437

続いて、名誉大会長の鈴木直道・夕張市長が登場。

DSC_0458

「夕張のリスタート(再生)を象徴する映画祭になるはず。さまざまな方の支援でステージは整ったので、1人でも多くの方に足を運んでもらいたい」とアピールされました。

気になるラインナップですが、

今年は2会場・5スクリーンをメインに86作品を上映。

招待作品は8作品で、「心に吹く風」は富良野・美瑛ロケ!

main

(c)松竹ブロードキャスティング

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督の初の長編映画作品。

北海道の雄大な自然を背景にした大人のラブストーリーです。

実はこの作品、「力ある監督が撮りたい映画を自由に撮る」

「新しい俳優を発掘する」をテーマにした松竹ブロードキャスティングの

オリジナル映画プロジェクト。

「滝を見にいく」(沖田修一監督)「恋人たち」(橋口亮輔監督)

「東京ウィンドオーケストラ」(坂下雄一郎監督)に続く第4弾です。

また、「たたら侍」(錦織良成監督)は、

札幌出身の青柳翔さん(劇団EXILE)が主演を務めます。

1

(c)2017「たたら侍」製作委員会

ほかにも、見応えのある作品がズラリ。

hirune_main

(c)2017ひるね姫製作委員会

2

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

メインE24_7010

(C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

jackie_main

(c) 2016 Jackie Productions Limited

blank13正式横写真

(c)2017「blank13」製作委員会

もちろん今年も、クセのあるインディーズ映画から

アニメーション、短編まで多彩に用意。

恒例のストーブパーティーもあるほか、

俳優・國村隼さんを招いたトーク企画も予定。

なんでも会場では、コンペ部門のプログラミング ディレクターで

映画評論家・塩田時敏さん(札幌出身)の

オリジナルストラップも販売されるとか。

DSC_0489

詳しい上映内容やゲストの最新情報は

公式サイトでチェックしてみてください→こちら

コメントは受け付けていません。