「北のシネマ塾」2017年前期のスケジュールを発表!

本日1/21(土)午後2時からは、ミュージアムにて

第7回映画ファンの集い「私の好きな映画音楽」

が開催されるところですが、

2月以降の2017年前期スケジュールを発表します。

今回は、企画展「映画の女神、ふたたび。女優・高峰秀子」にちなみ、

女優・高峰秀子さんの出演作5作品をテーマに。

●2月18日(土)午後2時~
「銀座カンカン娘」(1949年 島耕二監督) 高村賢治副館長

yjimage

●3月18日(土)午後2時~
「馬」(1941年 山本嘉次郎監督) 大石和久理事

200px-Hideko_Takamine_in_Uma1

●4月15日(土)午後2時~
「煙突の見える場所」(1953年 五所平之助監督) 安倍雄也理事

entothu_1

●5月20日(土)午後2時~
「女が階段を上る時」(1960年 成瀬巳喜男監督) 和田由美事務局長

inf1605270004-p1

●6月17日(土)午後2時~
「乱れる」(1964年 成瀬巳喜男監督) 高村賢治副館長

naruse1

イベントの前後には、会場に展示されている

企画展もぜひご覧になってください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで改めて、企画展の趣旨をご紹介。

* * *

高峰秀子さんは1924年、北海道函館市に生まれました。父の妹の養女となって東京に移り、5歳のとき、松竹蒲田撮影所で行われていた映画『母』(1929年、野村芳亭監督)のオーディションにたまたま遭遇して主演子役に選ばれ、天才子役として人気を集めます。

以降、『馬』(1941年、山本嘉次郎監督)、『二十四の瞳』(1954年、木下恵介監督)、『浮雲』(1955年、成瀬巳喜男監督)など300本余りの作品に出演。半世紀にわたり、銀幕のスターとして多くの人に親しまれました。

名随筆家としても知られ、55歳で女優を引退したあとも著書を執筆。特に、日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した『わたしの渡世日記』(文春文庫、新潮文庫)は、累計200万部を超えるロングベストセラーです。

無声映画からトーキー、カラー、ワイドスクリーンへ。高峰秀子さんの波乱に富んだ半生は、日本映画史の歩みとも重なります。北海道ゆかりの〝映画の女神(ミューズ)〟の輝きと日本映画の豊かさを、どうぞお楽しみください。

* * *

それでは、ミュージアムでお待ちしています。

コメントは受け付けていません。