1月シネマ塾レポート「私の好きな映画音楽」

2017年最初の「北のシネマ塾」、

第7回映画ファンの集い「私の好きな映画音楽」が、

1/21(土)午後2時から行われました。

冒頭、司会の小田島敏朗常務理事から

「映画音楽とは」の説明があったあと、

参加者が、自分の好きな映画音楽について

「好きな理由」や「曲にまつわるエピソード」を紹介。

「ドクトルジバゴのタラのテーマ」や「ウエストサイド物語」

「慕情」「風と共に去りぬ」、「砂の器」の「宿命」、

「ゴジラ」など、洋画・邦画の名曲が次々と語られました。

邦画の曲の話題から、松本清張論や橋本忍論、

黒澤明論、ゴジラ論・・・と展開する場面も。

さらにこの日は、参加者・佐藤光男さんによる

オカリナ演奏のひとときもありました。

1

「サウンドオブミュージック」の「エーデルワイス」

「エデンの東」「禁じられた遊び」の3曲を演奏いただきました。

2

4

3

佐藤さん、素敵な演奏をありがとうございました。

さて、次回は

2月18日(土)午後2時~

函館出身の女優・高峰秀子主演
「銀座カンカン娘」(1949年 島耕二監督)がテーマです。

yjimage

トークは高村賢治副館長。お楽しみに!

コメントは受け付けていません。