清田図書館で共催企画「映画に見る北海道」がスタート!

今日は「雪まつり」最終日。

冬の冷たい風の吹く札幌でした。

さて、本日、札幌市清田図書館で

ミュージアム共催イベント

「映画に見る北海道-北の大地の映画たち―」

が始まりました!

清田区役所4階の図書館へ入ると

すぐ目に飛び込むのが、北海道をロケ地とした映画資料。

新聞記事や映画ポスター、原作本など

約50点がずらりと並びます。

今回企画した、司書の森昌彦さん

手作りのパンフレットも用意。

初日のこの日は、 夕張ロケ「ユーパロ谷のドンベーズ」

(85年、熊谷勲監督)を無料上映。

それも、16ミリフィルムで!

上映前、あいさつする森さん。

この日はなんと、映写技師も担当されていました。

続いて、ミュージアムの和田由美事務局長もあいさつ。

会場には約30人が参加。

懐かしげに、銀幕の世界を楽しんでおられました。

パネル展は29日(水)まで。

無料の連続映画上映会(午後1時半~)の日程は以下の通り。

18日(土)「闇を掘る」 25日(土)「華の乱」 26日(日)「鉄道員(ぽっぽや)」

19日(日)午後2時~は、 森さんによるブックトークも予定。

詳細はこちらへ

http://www.city.sapporo.jp/toshokan/guide/sisetu/kiyota/kiyota.html

お近くの方、この機会に清田図書館へ。

そしてぜひ、ミュージアムにもお越しください。

コメントは受け付けていません。