4月北のシネマ塾リポート「煙突の見える場所」

月イチ開催、ミュージアムのイベント「北のシネマ塾」。

〝映画の女神、今ふたたび。女優・高峰秀子〟のテーマのもと、

4/15は、「煙突の見える場所」をテーマに

安倍雄也理事がトークを務めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、「皆さん、何をきっかけに映画を見ますか」と

お客様に問いかけた安倍理事。

好きな俳優、監督…などと同じように、

〝風景〟をキーワードに映画を見る楽しみを解説。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「この映画に出てくるおばけ煙突も主役のひとつ。

懐かしむ人もいれば、新鮮にうけとめる人もいるはず」と話し、

「4本の煙突が4人の心理描写を表しているとすれば、

最後に1本になることで、4人の気持ちが

ひとつに合わさったといえるかもしれません」と分析しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、映画のほか、小説やマンガ、アニメなど

おばけ煙突が出てくる関連作品をピックアップし、

「高い建物が東京の下町の象徴とするなら、

東京タワー⇒スカイツリーと移り変わり、

次は何が出てくるでしょう」とユニークな持論を展開。

会場には、常連客のほか、高峰ファンらしき方もいて、

今なお女優・高峰さんの人気の高さを実感したひとときでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、次回のシネマ塾は・・・

5/20(土)午後2時から

「女が階段を上る時」をテーマに、

和田由美事務局長が語ります!

どうぞご参加ください。

★ちなみに、この作品にも「おばけ煙突」が登場。

安倍理事いわく「高峰さんと再演を果たしています」!

コメントは受け付けていません。